アカムツ釣りは人気上昇中!高級魚をゲットできる仕掛け・タックルは?

アカムツはノドグロとも言われる高級魚で、近年人気の釣りものです。なんといっても最大の魅力は食味のよさで、釣り人を虜にしています。アカムツの釣り方、仕掛け、タックルをまとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

アカムツ釣りについて

船釣り アカムツ釣りは近年人気急上昇の釣りの一つ。その食味の良さは様々なメディアで多く取り上げられ、「ノドグロ」の名称で高級魚として広く認識されるようになりました。日本海側では新潟以南、太平洋側では関東以南に生息しており体は鮮やかな赤色。大きな目が特徴で、クロムツに似た体型をしていますが、分類上では別の魚の仲間です。

白身に上品な味わいの脂が多く乗っており「白身のトロ」と呼ばれています。深場の岩礁帯や砂地に住んでおり、若い魚ほど浅場で生活をしています。

▼アカムツについて更に詳しくはこちらをチェック

アカムツの釣りの仕掛け

アカムツ アカムツは100~200メートルの中深海に群れで生息しています。肉食で小魚をはじめて、エビなどの甲殻類やイカなどを補食している魚であるため、釣りもその食性にあわせたエサを用います。

釣りとしては深場エリアの釣りになるため、タックルもそれに合わせたものが必要となります。仕掛けは「胴つき仕掛」、「片テンビン仕掛」を使用して狙うのが一般的ですが、最近では「メタルジグ」を使ったゲーム性の高いスロージギング(スローピッチジャーク)も人気に釣法となっています。

胴付き仕掛け

アカムツの胴付き仕掛け 錘が一番下にくる胴付き仕掛けは、仕掛が横に流れにくくトラブルの少ない扱い易い仕掛です。またアタリも取りやすいといった特徴もあります。錘が着底したらゆっくりと大きなストロークで竿を煽るように誘いを入れるのが基本となります。

竿先にアタリが出ても強いアワセは不要で、魚が針を充分食い込んだだろうタイミングで巻きあげます。口切れでバレないよう巻き上げ速度には注意が必要です。

テンビン仕掛け

アカムツのテンビン仕掛け エサを自然な動きで流すことができ、誘いに優れているのがテンビン仕掛です。魚の挙動によっては胴つき仕掛よりバレにくく、棚とりができる中~上級者向けです。仕掛の着低後に任意の棚まで巻き上げ、エサの流れ方をイメージしながら誘いを入れます。

誘いはゆっくり丁寧にやることで仕掛の絡まりも防止できます。誘いの際には聞きアワセを入れてみるとアタリがわかりやすくなるでしょう。

スロージギング

アカムツ釣りの中でもっともゲーム性の高い釣り方のスロージギングは、仕掛けが非常に単純。初心者の方でも始めやすい釣法と言えます。メタルジグは200~300gセンターバランスでフォール姿勢が水平に近いものをメインに用意します。

場所や潮によってジグを使い分けますので、事前に船宿に確認しておくと良いでしょう。リーリングや竿先の反動でジグを動かし、フォールで食わせることを意識しながら誘います。

アカムツ釣りのタックル

「胴つき仕掛け」「テンビン仕掛け」を使用する場合では、リールは電動リールを使用することをおすすめします。手巻きリールでも釣りは可能ですが、手返しは非常に悪くなり、疲労も溜まりやすくなります。エサの付け替えの必要がない「スロージギング」では、手巻きリールでも充分楽しむことが可能です。

最近では、小型電動リールの重量も軽くなってきており、スロージギングにおいても手持ち可能な小型電動リールを使用すると、より快適な釣りを楽しむことができるでしょう。

アカムツの胴付き仕掛けタックル

胴付き仕掛けのタックル 1.8~2.4メートルの100号前後の竿に中型の電動リールをセットしたタックルが使いやすいでしょう。メインラインにはPE3~4号を300メートル以上巻いておきます。深海釣りでは高切れの際のライン損失が大きくなるので考慮しておきます。

錘は150~200号が標準ですが、季節や場所によっては大きく異なることもあるため、予め船宿に問い合わせておくと良いでしょう。

アカムツのテンビン仕掛けタックル

テンビン仕掛けタックル テンビン仕掛のタックルも、基本的には胴つき仕掛のタックルと同じ、1.8~2.4メートルの100号前後の竿に中型の電動リールをセットしたものが良いでしょう。メインラインもPE3~4号を300メートル以上巻いておきます。

錘についても同様に150~200号を基準にします。胴つき仕掛、テンビン仕掛ともに「竿受」があった方が快適に釣りが行えます。

アカムツのスロージギングタックル

スロージギングタックル アカムツを狙ったスロージギングでは、200~300グラムのメタルジグが扱え、2.0メートル前後の張りのあるジギングロッドを用意します。8:2程度の先調子の竿がジグを跳ね上げやすくなります。

リールは手巻きリールであれは中型ハイギアのものを用意します。ラインはPE1.2~1.5号300メートル以上を巻いておき、リーダーにはフロロカーボン20~30ポンドを1ヒロ程度の長さで結束しておきます。

アカムツ釣りのエサ

エサ
出典:ダイワ
アカムツ釣りでは、エサに「ホタルイカ」、「サバ・サンマ切り身」「鮭の皮」などを使うのが定番です。ホタルイカは、胴から内臓及びゲソを引き抜くように取り、目の間に針を掛け、サバの切り身や鮭の皮ではチョン掛けで使用します。

食いの悪い時などはいくつかの種類のエサを抱き合わせてみたり、エサのサイズを小さくして使ってみても良いでしょう。逆にエサを大きくすると大型を狙うことができますので、釣れている時などは試してみる価値ありです。

針に蛍光ビーズなどが付いている仕掛けでは集魚力は高まりますが、外道も多くなるため、釣れている魚によっては外した方が良いこともありますので、状況を見てアレンジしてみると良いでしょう。

アカムツ釣りの時期

アカムツ アカムツは一年を通して釣ることができ、また時期によって大きく味が損なわれる事のない魚です。ただし、海域にもよりますが12~3月の冬場は、かなりの深場にまで落ち込む事があり、手返しが悪く釣りにくいことも。

4~11月は、アカムツが釣りやすい時期と言え、特に7~9月は、大きさにこだわらなければ100メートルよりも浅いところで釣れる海域もあり最盛期と言えるでしょう。暖海を好む魚であることもあり、この傾向は南に行くほど強くなります。

美味しいアカムツを釣りに行こう!

アカムツ 漁獲高も少なく、高級魚として扱われているアカムツは、産地周辺以外では鮮魚店に並ぶことはほとんど無いため、新鮮なアカムツを堪能するなら釣りにいくのが一番かも知れません。自分で釣ったアカムツとなれば、その美味しさは格別に感じられるのではないかと思います。

皆様も機会があれば是非、アカムツ釣りに挑戦してみてくださいね。

アカムツ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!