沖メバルの釣り方&食べ方を元釣具屋が解説!普通のメバルよりも美味でした

2021/10/07 更新

深海に生息するウスメバルは釣り人から「沖メバル」と呼ばれ、船釣りの好ターゲットとして知られます。そんな沖メバルの生態や釣り方、食べ方を紹介します。釣って楽しい、食べて美味しい魚ですよ。


アイキャッチ画像提供:tsuki

沖メバルとは?

沖メバルの画像
沖メバルは深場に生息するメバルの一種で、食味が良くて数釣りも楽しめるため、船釣りの人気ターゲットです。

市場では「赤メバル」などの名称で流通しており、近年は高級魚として扱われています。

本記事では、元釣具屋の筆者が沖メバルの生態や釣り方、料理について紹介します。

正式名称はウスメバル

沖メバルの画像
じつは沖メバルという呼び名は通称で、正式名称は「ウスメバル」。

メバルと同じくメバル属に属し、「赤メバル」「ハチメ」「ヤナギバチメ」などと呼ばれることもあります。

水深100m程度の岩場などに生息しており、日本では北海道南部から駿河湾までの太平洋沿岸、北海道から対馬までの日本海沿岸に分布。

よく似た魚に「トゴットメバル」がいますが、模様がはっきりしているか否かで見分けがつき、沖メバルは模様がぼんやりしています。

沖メバルの釣り方&仕掛け

沖メバルの画像
沖メバルはエサ釣りとジギングで狙えます。

深場に生息する魚ですので、基本的には船からしか狙えません。

エサ釣り

沖メバルの仕掛け図の画像
胴付仕掛けもしくは、サビキ仕掛けで狙えます。

釣り場によって使用するオモリや仕掛けなども大きく異なるため、釣行する船宿にはよく確認しておきましょう。

連掛けになるとかなり大きな負荷が掛かるため、ハイパワーな電動リールが必須です。

ジギング

沖メバルの仕掛け図の画像
沖メバルは中深海ジギング(スロージギング )のターゲットとしても人気です。

メタルジグはロングタイプよりも、シルエットが小さなショートジグの方がよく釣れます。

群れで固まっていることも多いため、周りで釣れたら同じタナや誘いを意識すると釣りやすいです。

沖メバルを料理してみた

沖メバルの料理の画像
ジギングで釣れた沖メバルをいろんな調理法で堪能してみました。

どの料理も美味しかったですよ!

下処理

沖メバルの料理の画像
まだ目が白濁せず、身に張りがある新鮮なうちに捌いていきます。

沖メバルの料理の画像
背中のトゲはかなり鋭いので、捌く前にハサミでカットしておくと安心です。

沖メバルの料理の画像
内臓を傷つけないように慎重に捌きました。

沖メバルの料理の画像
この個体の肝が大きめ!

沖メバルの料理の画像
脂でしょうか? 内臓の周りに脂肪っぽいものもたくさん付いています。

どうやらアタリ個体のようです。

沖メバルの料理の画像
肝は後で肝醤油にして食べるために丁寧に取り外しました。

軽く湯引いてから、血の滲んでいる部分は取り除き、醤油と生姜で和えます。

沖メバルの料理の画像
お刺身用に身は3枚おろしに。

沖メバルの料理の画像
身は綺麗な白身です。

沖メバルの料理の画像
身に脂がのっている感はそれ程ありませんね。

沖メバルの料理の画像
もちろん、アラはあら汁用にキープ!

刺身&肝醤油

沖メバルの料理の画像
刺身は肝醤油で食べてみました。

コリっとした歯応えのある食感。身に旨味が十分あり、肝のコクと相まって最高でした。

酒蒸し

沖メバルの料理の画像
普通のメバルと相性の良い酒蒸しは、沖メバルとも相性が良いはず。

想像通り、皮目の旨味と脂のジューシー感が味わえて絶品。

煮付け

沖メバルの料理の画像
メバルのど定番である煮付けも沖メバルに通用するはず……。

これもやはり期待を裏切らない味わいでした。

あら汁

沖メバルの料理の画像
最後はあら汁です。沖メバルの旨味が溶け出して抜群の味でした。

塩・昆布・醤油数滴のシンプルな味付けでしたが、ここまで美味しいとは……!

メバルより美味しい!

沖メバルの料理の画像
実際に釣って食べてみたところ、想像以上に美味しい魚で少し感動しました。

個人的には、普通のメバルより好みの味です。

高級魚ながら数釣りも楽しめる魚ですので、ぜひ沖メバル釣りにチャレンジしてみてくださいね!
画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関西出身の元釣具屋。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。堤防の釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか探しています。

twitter instagram