ジャッカル『リルビルワイルド75F』が登場!釣れると話題の小型ミノー「リルビル」が進化!

2022/04/28 更新

ジャッカルのリルビル70Fがサイズアップ&強くなって登場!
より飛距離を出すことができ、よりアピールできるようになった『リルビルワイルド75F』。ハイピッチアクションのミノーに注目です!

制作者

新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

新製品ニュースのプロフィール

...続きを読む


釣れるミノー「リルビル」がパワーアップ!

リルビルワイルドミノー
出典:JACKALL
ミノーのアクションの基本と言える「タダ巻き」。タダ巻きでしっかりと泳ぎ、安定したアクションを生み出すミノーとして誕生したのが、ジャッカルのリルビル70F

そのリルビルがサイズアップし、飛距離とパワーがアップして登場!

ベイトフィネスタックルでも扱いやすいミノーに仕上がっていますよ。

リルビルワイルド75Fは、アピール力の高さがウリ

ジャッカルリルビルミノーワイルド
出典:JACKALL
オリジナルモデルのリルビル70Fから全長と体積がアップ!

飛距離の向上に繋がり、アピール力のあるアクションと波動を実現しています。ハイプレッシャー下において、飛距離が出ることは“釣る”ために必要な要素。

また濁りのあるポイントや水流の強いエリアでも、しっかりとアピールしてくれます。

ハイピッチアクションを生み出すワイドリップ

リルビルワイルドミノーリップ
出典:JACKALL
リルビル70F同様、ワイドリップ形状を採用。

ただ巻くだけでもハイピッチなアクションが生まれています。また適度な引き感によって、水中の微かな変化も感知することができます。

安定した飛行姿勢で飛距離がアップ

リルビルワイルドミノー
出典:JACKALL
リルビルワイルド75Fは、マグネット式重心移動システムを搭載。

安定した姿勢をキープし、狙い通りのアプローチを可能にしています。自重も5.5gあり、ロッドにしっかりと重さを乗せてキャストすることができます。

75mmながらバルキーなシルエット

リルビルワイルドミノーのシルエット
出典:JACKALL
国内で一般的なワカサギやオイカワといった、細身のベイトフィッシュをイミテートしたシルエット。

湖、ダム、野池や河川など、フィールドを選ばない汎用性の広さが、リルビルワイルド75Fの魅力です。

刷新されたボディーデザイン

リルビルワイルドミノーキャドデザイン
出典:JACKALL
リルビルワイルド75Fのフラッシングによるアピールを最大限発揮するために、ボディーデザインを一新。

2パターンのウロコ模様を採用し、明滅変化の強調や質感の向上に貢献しています。

リルビルワイルド75Fの使い方

バスフィッシング
出典:JACKALL
使い方は、やはり“タダ巻き”。アピール力もあるので、サーチルアーとしての使用もオススメです。

スピニングはもちろん、ベイトフィネスタックルでの使用もOK。クランクベイトのようにガンガン巻き倒してみてください。

また、オリジナルモデルよりも大きなフックを搭載しているので、ファイト中も安心感があります。

リルビルワイルド75Fのスペック・ラインナップ

リルビルワイルドミノー
出典:JACKALL
カラーは全10色。

リルビル70Fに比べると全長自体は5mmの変化ですが、自重はなんと1.5gアップした5.5gに。
品名サイズ (mm)自重 (g)色数標準装備フック本体価格(円)
LillBill WILD 75F755.510#81,584

持ち前のハイピッチアクションで、遠くのバスも呼び寄せよう!

リルビルワイルドミノー
出典:JACKALL
名前の通り、より強くなったリルビルワイルド75F! 小型ながら、アピール度の高さが際立っています。

場所やタックルを選ばずに使えるミノーになっていることも、うれしいポイント。

自重がある上に飛行姿勢が安定しているので、風が強い日にも使いやすそうですね!

ITEM
JACKALL リルビルワイルド 75F
全長:75mm
自重:5.5g

関連記事


紹介されたアイテム

JACKALL リルビルワイルド 75F
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD