ただ巻きジグおすすめ15選|ショアジギ中毒の編集部がセレクト!

2021/09/06 更新

初心者でも手軽に釣果が得られる“ただ巻きジグ”。ロッドでアクションするよりも、ただ巻きのほうが釣れるなんてことも決して珍しくありません。本記事ではおすすめのただ巻きジグに、釣果アップのために知っておきたいただ巻きの方法もご紹介します。


記事内画像撮影:TSURI HACK編集部

ただ巻くだけでOKなジグを厳選!

ただ巻きジグ
抜群の飛距離で広範囲を探れるメタルジグ。しかし、メタルジグを上手くアクションさせることができない・疲れてしまうという方も。

そんな方に知って頂きたいのが、“ただ巻き”で使えるメタルジグブレードジグの存在。

ただ巻きジグ
ただ巻きは、体力・筋力の必要なロッド操作を必要としないため、疲労が溜まりにくいといった、アングラー側のメリットだけでなく、

水中のジグが必要以上に暴れず、結果的にバイトミスを減らすといったメリットもあります。

“ただ巻きジグ・ブレードジグ”15選

ただ巻きでも十分なアピールが可能な、ただ巻きに特化したメタルジグ・ブレードジグを厳選しました!

ブリーデン メタルマル

ITEM
ブリーデン メタルマル
自重:13-60g

実際に使ってみると、カマスやカンパチ、根魚、トラウトと様々な魚と出会うことができました。実際の使い方としては、底まで沈めて、しゃくりあげ、フォールさせるという形で、フォールでの当たりが多いです。


フィッシュイーターのみならず、非フィッシュイーターまでもバイトさせてしまう不思議な魅力を持ったブレードジグ。

テールブレードをダブルフックと一緒に回転させることで、ブレードにアタックしてきた魚もヒットに持ち込みます。


ハヤブサ ジャックアイマキマキ

ITEM
ハヤブサ ジャックアイマキマキ
自重:20-60g

後方重心ですので飛距離は抜群にでます。更に、リアに付いてるブレードでハイアピール。標準装備のアシストフックもかなりしっかりしたものが付いてます。ジグ本体の塗装もかなりしっかりしていて、ポロポロと剥がれていく感じは一切ありません。なのに安い!



関西の沖堤防で大人気のジャックアイマキマキ。名前の通り投げて巻くだけのかんたん操作で青物をヒットさせることが可能です。

早巻きするとジグ本体が揺らぎ、ブレードの回転は不規則で強いフラッシングを放ちます。一方でゆっくり巻くと、ジグ本体は真っ直ぐ、ブレードのみが回転します。巻き速度に緩急を入れて使ってみたいジグです。

 メガバス マキッパ

ITEM
メガバス マキッパ
自重:3-40g

釣果実績としては、カサゴ、アコウ、チヌ、シーバス、太刀魚、メッキ、ブリなど様々な魚種があります。特に、岩場でもタイトに攻めることができ、根がかりからの生還率も高く初心者の方におすすめすることの出来ます。また、岩場に擦れても削れにくいところも良いとこです。



ボディは安定した姿勢をキープし、テールブレードの回転で魚にアピールするブレードジグ。10~40gはフックにティンセルが巻かれていて、アピール力が高められています。

シーンによっては、腹部のアイにフックを装着してフッキング率を上げる使い方も。


ジャッカル ビッグバッカーラッシュブレード

ITEM
ジャッカル ビッグバッカーラッシュブレード
全長:60-75mm
自重:20-40g


スイベルでなく独自のシステムでブレードを搭載している製品。ブレードとテールフックが干渉しないため、とても安定したアクションでただ巻きすることができます。

基本は大型青物対応のシングルフックですが、対象魚によってはボディ下部のアイにトレブルフックを装着して使ってみましょう。


ジャッカル カットバッカー

ITEM
ジャッカル カットバッカー
全長:68-85mm
自重:18-38g

よく行くサーフはドン深になっているのですが、カットバッカーは他の同様のルアーと異なりキャストした後に、着底までルアーがフラフラとフォールしている感覚が手元に伝わってきます。そこでヒラメにルアーを意識させているという状況を、作り出すイメージが初心者でも作り出せてしまいます。



よく飛び、ただ巻き・フォールともに良いアクションを見せてくれるカットバッカー。ただ巻きでは時折腹を上にする揺らぎアクションを見せ、フォールではヒラヒラと落ちる感覚がロッドに伝わってくるのでフォール中のバイトがわかりやすい特徴も。

ただ巻きにフォールを組み合わせながら使うと効果的です。

DUO ドラッグメタルキャスト

ITEM
DUO ドラッグメタルキャスト
全長:43.5-60mm
自重:15-40g

形状が飛びやすいようになっています。そのおかげでいつもはいつもはあまり遠くにキャスティングできない私ですが、10メートルくらい距離が伸びました。



使ったアングラーから他のメタルジグより飛距離が出ると評判のジグ。初心者でも遠投でき、広範囲をただ巻きで探っていけるので釣果を伸ばしやすいです。

ボディがコンパクトで沈みが早く、着底を感じ取りやすいのもメリットです。

パームス ザ・ダックス

ITEM
パームス ザ・ダックス
全長:50-70mm
自重:20-60g

よく釣れるジグです。他の方もおっしゃる通り、飛距離、フォールが長所です。フォルムがコンパクトなため、魚の食い気が低い時に良く効きます



大きめのスイムアクションが特徴のジグです。アクションに伴うフラッシングも強く、ただ巻きするだけで広範囲の魚にアピール可能。

コンパクトでファットなボディは素早くフォールし、水深のある場所や潮流の速いシーンで使いやすいです。

ヤマリア ムーチョルチア

ITEM
ヤマリア ムーチョルチア
全長:51-80mm
自重:18-60g

遠投性能はこれまで私が使ってきた沢山のメタルジグの中でも5指に入るほどめちゃくちゃ飛びます。おまけにフォール性能も良く、動きもクセが無くて非常に扱いやすい上、国内有名メーカーの半額程度で買えるコスパの良さ。



ただ巻きジグの元祖であるムーチョルチア。かんたん操作のただ巻きだけで、多くのアングラーに釣果をもたらしてきたロングセラー製品です。

ただ巻きで使えることに加え、コスパの良さや塗装の強さも人気の理由です。


ジーク Rサーディン

ITEM
ジーク Rサーディン
自重:6-60g

私はショアではもちろんオフショアでもこのルアーを使用しています。シーバス 、青物、根魚、フラットフィッシュ、本当にいろんな魚が釣れます。値段も他のジグに比べてリーズナブルな所や塗装の耐久性、ルアーのアクションがとてもお気に入りです。



Rサーディンはカタクチイワシをモチーフに生まれたジグ。

巻きでもウォブリングが手元に伝わり、他のアクションにおいても非常に優秀なメタルジグ。

オリジナルはフロントシングルフック・テールトレブルフック、ver.2はフロントダブルフック搭載となっていますので、シーンに応じて使い分けると釣果に差が付くかもしれません。



 



ジャクソン 飛び過ぎダニエル

ITEM
ジャクソン 飛び過ぎダニエル
全長:61-83mm
自重:14-40g

スローに巻けばワイドなウォブリングをして、ハイピッチに巻けばルアーのお腹が見えるくらい泳ぎます。後ろ重心でかなり遠くまで飛ばせるのでショアからでもナブラが狙えます。



超後方重心により、圧倒的飛距離が出せるジグです。その飛距離は十分な糸巻き量が無いと不安を覚えるほどかっ飛びます。

圧倒的飛距離に加えて、かなりスローに巻いてもアクションする特徴も。

青物やシーバス等何でも釣れますが、とくにサーフのヒラメ狙いで使うアングラーが多いです。


ダイワ サムライジグ暴れん棒侍

ITEM
ダイワ サムライジグ暴れん棒侍
全長:73-101mm
自重:20-50g


スリムロング形状のボディが特徴的なブレードジグです。例えばフックをテールのみとすれば、サゴシやタチウオのように歯が鋭い魚にリーダーを切られてしまう可能性を低くすることができます。

これらの魚にリーダーを切られてジグをロストしてしまった経験がある人は、ぜひチェックしてみてください。


メジャークラフト ジグパラ マイクロ スイム

ITEM
メジャークラフト ジグパラ マイクロ スイム
自重:3-15g

どちらかと言えば動きはシンキングペンシルに近い感じですね。ルアーが小さいので大物向きでは無いですが、アジやメバルは面白いくらいに追っかけてきます。



アジやメバル等のライトゲームターゲットを狙う時、また青物がシラス等のマイクロベイトを追っている時におすすめのマイクロジグ。前後にトレブルフック搭載でフッキング率は高いです。

ラインナップは15gまでですが、リア重心であるため十分な飛距離が出せます。

メジャークラフト  ジグパラサーフ

ITEM
メジャークラフト ジグパラサーフ
自重:28-40g

飛ばして、底をとって、広範囲にアピールする。このサーフゲームで必要な要素を備えていてお手頃価格ということから、サーフゲーム初心者の方が釣りを覚えていくのにもジグパラサーフは頼もしい相棒だと思います。私も2回目の釣行で無事ヒラメゲット出来ました。信じて投げ続けてみてください。



サーフでのヒラメ・マゴチ狙いに最適なサーフ専用ジグ。前後のトレブルフックが、必ず下からバイトしてくるフラットフィッシュのフッキング率を高めます。

本来の使い方であるただ巻きだけでなく、ジャークすれば青物もよく釣れるとの評判もあります。

メジャークラフト メタルジグ マキジグ ジェット

ITEM
メジャークラフト マキジグ ジェット
自重:30-60g

ただ巻くだけ、ただそれだけで釣れてしまうので、初心者の方も始めやすいのではないでしょうか。以前も釣り場で隣にいた女子大生アングラーが、「ルアーの動かし方が分からない」と言っていたのですが、タダマキジェットで爆釣していました笑笑



飛距離重視のブレードジグ。後方重心で空気抵抗を受けにくいロングボディが抜群の飛距離を叩き出します。

フォール中はボディにブレードが沿う形となり沈みが早いため、ブレードジグの中でも深場攻略に使いやすい製品です。

メジャークラフト マキジグ スロー

ITEM
メジャークラフト マキジグ スロー
自重:20-60g


マイクロベイトパターン、低活性のスローな状況等、食い渋り攻略におすすめのジグです。

幅広ボディはレンジをキープしやすく、フォールでは水平姿勢でゆっくり見せられるので、食い渋る状況に強いです。

ただ巻きの基礎

ただ巻き
ただ巻いているだけでも釣果を期待できるただ巻きジグですが、時折アレンジを加えることも釣果アップの秘訣です。

巻きスピード

魚は状況によってゆっくり泳ぐルアーに食ってきたり、逆に巻きスピードが速くないと食ってこなかったりします。そのルアーが魅力的に泳ぐ巻きスピードでまずは使ってみて、バイトが得られなければゆっくり巻いたり、速く巻いたりして巻きスピードを変えてみましょう。

時にはジグやブレードがギリギリアクションするスローリトリーブだったり、回収するような超高速巻きだったりと、極端な巻きスピードでバイトを得られることもあるので、先入観なしに様々な巻きスピードを試してみましょう。

ストップ&ゴー(フォールを入れる)

ストップ&ゴーとは、ただ巻きする中で時折巻くのを止めて、魚に食うタイミングやきっかけを与えるテクニック。巻くのを止めることで追ってきた魚がルアーに追いついてバイトしてきたり、ルアーが突然止まってまた動き出したことをきっかけにバイトしてきたりします。

ただ巻きジグの場合は止めておくと沈むので、巻くのを止める時間を長くしてフォールを入れたり、底を取ってみるのも効果的。フォールはヒラメやタチウオ、低活性な青物に効果的となることが多いです。

逃げ惑う小魚を演出する(緩急を入れる)

ただ巻きでは緩急を入れるのも効果的。フィッシュイーターに追われて逃げ惑う小魚は、常に一定のスピードで泳ぎ続けているわけではありません。

例えばハンドル3回転早巻きしてみて1回転ゆっくり巻く、のような自分なりに様々な緩急の入れ方を試してみると良いでしょう。緩急を付けることによってジグのアクションも変わるので、それがバイトのきっかけとなることもあります。

レンジを意識する

魚は活性や時間帯により、レンジ(泳層)が変わります。活性が高い時やマズメ時は表層付近、活性が低い時や昼は中層~ボトム等、その時々でレンジは異なり、これらのレンジを意識することで釣果アップが図れます。

レンジを意識して狙っていくにはカウントダウンが効果的。例えば10秒沈め、巻き始めてバイトがあったとすれば、次のキャストでも10秒沈めて巻き始めることで再びヒットを得られる可能性が高められます。

ただ巻きジグで手軽に釣果を!

ブレードジグで青物
巻くだけでOK、しかもよく飛ぶただ巻きジグは、釣りに慣れていない初心者でも手軽に釣果が得られます。ただ巻くだけでなく、ご紹介したような巻き方のアレンジを加えることで釣果アップに繋がりますのでぜひ試してみてください。

関連記事



 

紹介されたアイテム

ブリーデン メタルマル
ハヤブサ ジャックアイマキマキ
メガバス マキッパ
ジャッカル ビッグバッカーラッシュブレー…
ジャッカル カットバッカー
DUO ドラッグメタルキャスト
パームス ザ・ダックス
ヤマリア ムーチョルチア
ジーク Rサーディン
ジャクソン 飛び過ぎダニエル
ダイワ サムライジグ暴れん棒侍
メジャークラフト ジグパラ マイクロ ス…
メジャークラフト ジグパラサーフ
メジャークラフト マキジグ ジェット
メジャークラフト マキジグ スロー
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD