どれか一つを選ぶとしたら?ショアジギングに欠かせない“究極のメタルジグ”を指名します

2019/06/28 更新

メタルジグ=金属の塊……どれも一緒じゃね?って思う方もいるかもしれません。ところが、これは本当にスゴい!というメタルジグも存在するのです。今回はショアジギングに欠かせない私にとっての“究極のメタルジグ”をご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

どれかひとつ選ぶなら


ショアジギングはメタルジグありきの釣り。

選択肢もたくさんあり、皆さんもそれぞれのローテーションをお持ちのことでしょう。

これは、もしもの話です。その中から一つしか選べないとしら……?

筆者の紹介

TSURI HACK編集部 イシカワ

好きな釣りはソルトショア全般。中でもショアジギングはフェイバリット。

選んだのはコレだ!


ルアーメーカーのジークから販売されている『Rサーディン』というメタルジグです。

色んなところで良い評判が出ているので、今更感もありますけど……これがもう、半端じゃないんです。

そもそもだけど

メタルジグなんてどれも一緒って思っていませんか?

そう思っている人たちにも、ぜひとも見ていただきたい。

このメタルジグだけは何かが違う。そう思えちゃうんですよね。

とてつもない飛距離


後方重心というだけあり、すんごい飛びます。

私にとって飛距離の出るメタルジグは大正義! 本当に素晴らしいジグだと思います。


ド遠投でキャッチしたシイラ。飛距離が求められるような“ゴロタ浜やサーフ”で大活躍してくれます。

非力でキャストに自信のない自分でも、100メートル先のブレイクラインまでしっかり届いてくれる。そんなメタルジグです。

半端じゃない食わせ力

アクションについても、素晴らしい! の一言につきます。

巻きでもウォブリングが手元に伝わりますし、スローに見せる使い方も◎!


朝マズメのタイミング、ただ巻きでヒットしたワカシ。

巻きで釣れるメタルジグは本当に優秀だと思います。


テンションフォールでヒットしたオオモンハタ。写真は1枚ですが、実は同じ場所で2連発。

“魚がいれば食う”そんな自信を与えてくれるメタルジグです。


沖で湧いた一瞬のナブラ。着水後の1シャクリ&フォールでペンペンがヒット!

この食わせ力は本当に頼りになりますね。


同行者がキャッチしたヒラメ。スローに攻めればフラットフィッシュも狙えちゃいますね。

秘密はどこにある?


Rサーディンの実釣力はお分かりいただけたことでしょう。

続いて、このメタルジグに込められた“こだわり”について。

見ての通り……ラインアイが縦向きになっているんです。これがスゴいんですよ!

アクションが超必殺技レベル


ライン接点が縦ブレしすぎない。つまり、ジャークを入れてからのフォール姿勢がスピーディーに安定するということ。

あくまで個人の体感なんですが、このレスポンス・安定感は本当にスゴい。

シンキングペンシルのジャーク&フォールに引けをとらないレベルにあると思います!

あえて文句を言うとするならば

正直、満点に近いメタルジグです。

あえて文句を言うとするならば……。

初期フックがサビやすい

他に比べて、多少サビやすいように感じますね。

使ったらすぐに洗う。あるいは、フックの交換を覚悟した方が良いかも。

しかし

この価格帯で、アシストフック・トレブルフックが初期搭載されているわけです。

これ以上の注文は酷かもしれません……。

一度は使ってみてください!

Rサーディン、本当にオススメのメタルジグです。

試しに1度使ってみてはいかが?

ITEM
ジーク Rサーディン
ウエイト:6/10/15/20/30/40/60

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!