どうしても1匹釣りたい時に使える仕掛け&ルアー5選

2021/04/20 更新

今回は、魚種問わずどうしても1匹が釣りたい人にオススメするボウズ逃れ的な仕掛け&ルアーをご紹介。釣れない時、同行者さんに釣らせて上げたい時に使ってみてください!

記事内画像撮影:アナハゼティ

1匹釣りたいそんな人へ!


みなさんは釣りをしていて、何でもいいから魚を1匹でも釣りたげたい!そう思った事はありませんか?

とくに初めての人に釣りの魅力を教えたい時は、まずは魚を釣って喜んでもらいたいですよね。

そこで今回は、そんな釣りを趣味とする筆者ことアナハゼティが、過去に記事や動画で取り上げた中から

「魚種問わず、幅広く1匹を狙う事ができる仕掛けやルアー」をピックアップしてご紹介します!

1. ライトジグサビキ


ジグサビキとは、メタルジグとサビキを組み合わせた仕掛けであり

このジグやサビキを小さくして、堤防にいるような小型魚に特化したものがライトジグサビキです!

エサを使う必要が無いので、活き餌が苦手な方でも安心して使えますし

サビキとジグでそれぞれ違った魚たちにアピールをしてくれますので集魚力は抜群です。


上のサビキでは、オキアミなどを捕食する青物や、普通の針ではかからないような超小型の魚など。


下のジグでは、小型魚を捕食しているようなフィッシュイーターが釣れます。

サビキが小型魚を集めてくれるので、それを狙った大型魚も集まる好循環が生まれます。

まさに、色々な魚を釣りたい今回のテーマにぴったりの仕掛けですね!



ITEM
プロマリン(PRO MARINE) ライトジグサビキセット

2. 虫ヘッド + イソメ


ジグヘッドは本来、ワームを付けてルアーフィッシングに使うものですが

こちらはイソメを付けて、エサ釣りとルアー釣りのハイブリッドのような釣り方です。

ジグヘッドに制限はありませんが、筆者のオススメはカルティバから出ている「虫ヘッド」

これはジグヘッドながら、“エサ専用”を謳っており、エサがずれないような設計や

不意な大物にも対応できるよう針が太軸になっております。


この仕掛けのメリットは、ワーム釣りのように広範囲を探ってエサ釣りのように食いが良いという点。

ワームは疑似餌なので、どうしても最後に食わせる技術が必要になってきますが

この仕掛けではその食いが全然違ってきます。なんたって本物のエサですから(笑)


もちろん、ワームではあまり釣れないような魚もヒットします。

初めてのポイントでどんな魚がいるか分からない。ワームでアタリはあるけどイマイチ乗らない。

そういった時の秘密兵器のような役割をはたして事でしょう!

場所に合わせてイソメ以外のエサを試してみてもいいかも知れません。

ただしキャストが多くなるので、エサが針から外れにくいものを選ぶのがコツです!





 



 


3. サビキ + イソメ


続いてジグヘッドよりさらに小型の魚に特化した、サビキ針にイソメを付けるという仕掛けです。

サビキ仕掛けは釣具屋さんにはほぼ確実に置いてありますし、広いレンジを探れるので使い勝手が良いです。

ただ針が多いとイソメを付けるのに手間だったり、絡まる原因にもなりますので

仕掛けは針が3本前後のものを選ぶ事をオススメします。


サビキ針の小ささと、イソメの食い付きの良さが相まって

通い慣れた漁港でも普段釣れないような魚を目にする事ができます。

写真のアイカジカは大きくなっても20cm程にしかならない小さなカジカです。


小さなクロソイちゃんも釣れました。普段のワームでは絶対に掛からないサイズですね。

また大きくなったら遊んでくれる事を願って小さな魚はリリースしてあげましょう!

本来のサビキ釣り用にも使えるので、初心者や家族を釣りに連れて行く際には

1個タックルに忍ばせておくと良いですよ!



ITEM
大漁ショートサビキ

4. ボウズのがれシリーズ


ささめ針から販売されている人気仕掛けシリーズ「ボウズのがれ」。

今回の記事にぴったりのネーミングですね(笑)

名前だけではなく、このシリーズにはボウズを逃れる様々な仕掛けが施されています。


例えばこの投げ釣り用仕掛けでは、フロート玉がついているので中層から底まで幅広く探る事ができます。

さらに針が全部で3つ付いていますが、針の形状・大きさが異なっており様々な魚種を狙えます。


一方でサビキ用の仕掛けでは、付いているスキンと皮が全部違うという大胆さ!

他にもサビキの下にブラクリが付いていたりと、見ていて飽きない沢山のシリーズが販売されています。


こういった仕掛けを使っていて楽しめるのが、不意に予想していなかった大物が釣れる事です。

陸に上げてみるまで何が釣れているか分からない。初心に帰って釣り本来の楽しみを体験できる仕掛けですね!



ITEM
【ささめ針】 ボウズのがれ 投釣りの巻


ITEM
ささめ針 ボウズのがれ サビキの巻

5. 魚子ラバ


最後にルアーのご紹介。

ルーディーズから発売された「魚子ラバ」。業界初となるマイクロタイラバです!

堤防での使用を想定した2g前後の極小設計のルアーです。


このルアーの特徴は、パッケージに「堤防にいるほぼ全ての魚がターゲット」と書かれているように

小さいながらもひらひらと漂う長いラバーによって、多くの魚にアピールできること。

シングルフックが2つ付いているので、小さな魚のアタリでも掛けやすくなっています。


エサも要らず魚種も問わないこのルアーは、困った時にとりあえず投げられるので便利です。

もちろんアジングやメバリングを本格的に狙いたい人にも一線級で戦えるルアーなのでオススメですよ!
ITEM
ルーディーズ 魚子ラバ

まとめ


自然相手の海ですから、きっと釣れない日も来ると思います。

そんな時は今回紹介した仕掛けを試してみてください。

何が釣れるか分からない面白さはきっと夢中になりますよ!

それではまた!

アナハゼティ関連記事

紹介されたアイテム

プロマリン(PRO MARINE) ライ…
カルティバ 虫ヘッド
大漁ショートサビキ
サイトを見る
【ささめ針】 ボウズのがれ 投釣りの巻
ささめ針 ボウズのがれ サビキの巻
ルーディーズ 魚子ラバ
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アナハゼティ

宮城県を拠点に活動している秘密結社YouTuberです。 釣りやガサガサ、昆虫採集などのアウトドアを中心に投稿しています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!