【カサゴの餌】元釣具屋が餌ごとの特性・使い分けを詳しく解説

2019/12/27 更新

身近な場所で手軽に釣れるとあって大人気のカサゴ。カサゴは餌を貪欲に捕食するため、様々な餌を使って釣ることができます。今回は、元釣具屋が餌ごとの特性や使い方を解説します。


アイキャッチ画像提供:tsuki

カサゴはいろんな餌で釣れる!

カサゴの餌の画像
撮影:TSURI HACK編集部
1年を通して釣れる人気のターゲット「カサゴ(ガシラ・アラカブ)」。

カサゴは小魚や甲殻類などを捕食する肉食性が強い魚で、いろんな種類のエサに反応することが知られています。

そこで今回は、元釣具屋の筆者が代表的な餌と、餌ごとの特徴を解説します。

カサゴの定番餌

カサゴの餌の画像
ここでは、「定番」と言われるカサゴの餌を解説します。

もし餌選びに迷っていたら、この中から選んでおけば間違いありませんよ。

青イソメ

カサゴの餌の画像
投げ釣りなどでもお馴染みの青イソメは、カサゴ釣りでもよく用いられます。

活きている餌ですので動きでアピールでき、どんな状況や釣り方にもマッチするオールラウンドさが魅力。

鈎への刺し方は、頭から鈎を刺して鈎先を抜きます。お尻の方から鈎を刺さないように注意しましょう。

カサゴの餌の画像
また、青イソメが長すぎると魚が鈎にかかりにくい場合もありますので、5〜6センチ程度にカットするのもおすすめです。

難点としては、フグなどの餌取りに弱いことが挙げられます。よく言えば、カサゴ以外の魚も青イソメが大好きということです。

オキアミ

カサゴの餌の画像
オキアミは活き餌ではないので、虫餌が苦手な方でも扱いやすいのが良い所です。

鈎への刺し方は、尻尾をカットしてお尻側からまっすぐに刺すだけですが、慣れるまでは少々難しいかもしれません。

綺麗にまっすぐ刺しておかないと、オキアミが水中でクルクル回ってしまい、魚に警戒心を与えてしまいます。

オキアミの難点は、柔らかくて餌持ちが悪い点です。ふやけてきたら、すぐに交換するのが釣果をあげるコツ!

また、安くてたくさん入っているので、少量を撒き餌として同時に使うと効果が高まりますよ。


サンマ・サバの切り身

カサゴの餌の画像
サンマ・サバの切り身は臭いが強く、集魚力が抜群。しかし、フグなどが興味を示しにくく、餌取りに強いことも魅力です。

また、使用前に塩で水分を抜いておくことで身がしまり、鈎持ちも優れています。カサゴの口の大きさを考えると、5センチ程にカットして使うのが良いでしょう。

釣具店でも売られていますが、スーパーなどで丸ごと1匹購入すればかなり安上がりです。

ただし、魚食魚以外は興味を示さないので、虫餌などに比べると釣れる魚種が限られます。

キビナゴ

カサゴの餌の画像
キビナゴは光を反射するのと、そのまんまの魚の形状をしているので、切り身に比べて視覚的なアピールがあります。

しかし、匂いは控えめなので、視覚アピールのキビナゴ、嗅覚アピールのサンマ・サバと、使い分けられます。

タチウオ釣りでよく使うため、タチウオが釣れない時にそのままカサゴ狙いにシフトできるのも便利です。

切り身と同じく、餌取りへの耐性もあります。

イカの切り身

カサゴの餌の画像
魚の切り身よりは臭いが弱くて集魚力は劣りますが、餌持ちは抜群です。

白い色のアピールは他の餌にはないので、他の餌で反応が悪い場合に使ってみましょう。

また、白は夜間のアピールが高い色だとも言われています。

シラサエビ

カサゴの餌の画像
関西の釣具店では良く販売されている生きたエビです。オキアミと異なり活き餌なので、動きのアピールが加わります。

オキアミと同じく、鈎に刺す際は尾羽を切り取りますが、シラサエビは鈎をチョン掛けにしてください。

チョン掛けにすることで弱りにくく、海中でよく動いてくれます。

かなり釣れる餌ではありますが、生かす必要があるので、クーラーとエアーポンプが必要で持ち運びが大変なことが難点です。


現地調達できるカサゴの餌

カサゴの餌の画像
餌が無い! 餌を忘れた! 餌屋が閉まっていた! という方もご安心下さい。

カサゴを釣るには、餌を現地調達するという手段もありますよ。

フナムシ

カサゴの餌の画像
虫嫌いの方にはハードルが高いかもしれませんが、フナムシも立派に釣れる餌です。

すばしっこいですが頑張って捕まえて、そのまま鈎に刺して使いましょう。フナムシはクロダイもよく釣れます。

カニ

カサゴの餌の画像
出典:PIXTA
餌取りには無類の強さを発揮する餌で、釣具店で販売されていることもあります。捕獲難易度も低く、良く目を凝らせば至る所にいます!

甲殻類が主食のカサゴには威力抜群。甲羅が硬いため、しっかりと鈎先を出していないと鈎がかりが悪くなります。

カサゴの餌の画像
砂浜を掘り返せば二枚貝、防波堤や磯の際を見てみれば巻貝や一枚貝がたくさんいるはずです。

貝類は集魚力・餌持ちが優れているので非常に優秀な餌と言えます。殻を割って身だけを鈎に刺しましょう。

最適な餌を考えよう!

カサゴの餌の画像
カサゴの餌をたくさん紹介してみましたが、普段使っている餌から意外な餌まであったのではないでしょうか。

カサゴの活性や環境によっても有効な餌が異なるので、色んな餌を試して釣ってみて下さいね!
画像提供:tsuki

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
カサゴの餌の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

tsuki
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!