冬は白子が絶品!中深海のタラジギング攻略-タックルやコツを解説

2019/02/05 更新

ターゲットが絞られてくる真冬のオフショアゲーム。真鱈(マダラ)は、そんな冬に美味しい“白子”の旬を迎える貴重なターゲットの一つです。中深海に潜むタラをジギングで狙うためのタックルやメタルジグ、アクションに確実に釣るためのコツなどを解説します。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

タラジギングとは

タラジギング 真鱈(マダラ)は深海の底付近に群れを成して生息し、成魚は何でも食する事からジグへの反応も良い魚です。アングラーには釣り味に加え、絶品の白子や食味で人気。

また中深海のスロージギング入門にも打って付けのターゲット『マダラ』。今回は実際に狙えるエリア、季節、水深や釣り方を詳しくご紹介していきます。

狙えるエリア

マダラは水温が12度以下の冷水域に生息するため、西日本では山陰以北、東日本では東北以北の海域で狙うことが可能。

具体的に、関西圏では丹後半島沖や島根半島沖で、関東では福島方面などで遊漁で出船しています。

水深

波の穏やかな初夏の最盛期には水深200から250メートルの海域を狙うのが一般的ですが、産卵期を迎える冬場(地域により異なるが、12月頃から5月頃まで)には水深100メートル程度の水深で狙うことができます。

釣り方

底付近を大きなジャークや、スローなアクション、フォールで誘うスロージギングスタイルで狙うのが基本。

ハンドルの巻取り量を1/2、1/4など小刻みに変化させながら、ロッドの反発力を利用してふわふわと誘ったり、大きくしゃくってフォールさせるなど、その日のヒットパターンを探っていきます。

タラジギングのシーズン

ジギングでタラを釣っている画像 地域によっては初夏も狙うことが可能ですが、食味も最高の時期を迎える産卵期、冬がタラジギングの注目シーズンです。

白子のシーズン

『タラの白子』は絶品で知られる食材のひとつで、産卵期を迎える10月頃から3月頃にはオスの個体が白子を抱く確率が上昇。

シーズン初期はピンクがかった白子も12月を迎える頃には成熟し、2月上旬の産卵が始まるまでピークが続きます。

タックル

冬場のタラジギングの場合、水深100メートル程度を狙うことが多く、中型青物を狙うスロージギングタックルを流用することができます。

夏など200メートル以上の深場ではジグウエイトも重くなるため、大型青物を狙うジギングタックルで狙いましょう。


ロッド&リール

ロッドは6フィートから6.5フィート前後の4番パワー程度のロッドがおすすめ。リールは、巻上長の多いハイギアモデルの中型ベイトリールで1.5号のPEラインを600メートル程度巻けるものであれば問題ないでしょう。

電動リールを用いた電動ジギングであれば、巻き上げ時には身体的な負担が少なくて済みます。

バッドエンドまでフルに曲げて使えるスローピッチ専門ロッド
ITEM
ビート プロパゲート bp606-4
全長:2.01m
ルアー重量:200g
PEライン適合:2号

最高
自分の求めているスロー用のロッドにピッタリでした。強さはお店のインプレッション通りでポセイドンの#4と#6の間かな。調子はポセイドンよりも少しパラボリックです。


力強く滑らかな巻きと酷使に耐える堅牢なボディ
ITEM
シマノ オシアジガー 1500HG
ギア比:6.4:1
自重:405g
最大ドラグ力:7.0kg
巻取り長さ:97cm
PE糸巻量 (号-m):2-500/2.5-400/3-320 

いつものフィールドは丹後ジャークでスピニングタックルメインですが、遠征や底物用に。
ソルティガと迷いましたが、前モデルの評判と更に進化したとのことでスムースさを求めてジガーにしました。間違いないスムースさ!


ライン&リーダー

1.5号のPEラインを600メートル、リーダーはフロロカーボンの25ポンド以下で、3メートル程度を結束しておきます。

根掛かり時の高切れ防止のために、リーダーはメインラインよりも強度を落として、リーダー側が切れるシステムにしておくと良いでしょう。

PEラインとは異なる次世代のスーパーライン
ITEM
バークレー スーパーファイヤーライン カラード

メタルジグ&フック

ジグはセミロングやロングのセンターバランスなど細身のシルエットが使いやすいでしょう。300グラムを基準に潮の速い時や、底取りが難しい時は少し重くしてみてください。

フックはフロント・リアに4/0サイズ程度のアシストフックを装着しておくと、水平フォールしやすく、喰いの間を演出しやすい他、バラシを軽減する役割も果たします。

スローから早巻まであらゆるスピードでの誘いに対応する

揃え段差効果でハリ先が魚体をとらえバレに強い
ITEM
カルティバ ジガーライト クリンチアシスト
入数:2組入り

▼スロージギングタックルの詳しい解説はこちら

▼電動ジギングの詳しい解説はこちら


アクション

スロージギングをしている画像 タラジギングで狙うのは、底から3メートルから5メートルで、誘っても10メートル程度。ロッドの反発力を利用した小刻みなジャークとハンドルを1/2回転、1/4回転するスローピッチジャークで誘います。

ジャークの合間にロッドを大きく振りかぶるぐらい上げて、一気に下げてフリーフォールさせたり、テンションを掛けながらのテンションフォールでバックスライドを織り交ぜるとより効果的です。

タラジギングのコツ

スロージギングの画像 タラジギングに限らず、中深海のジギング全般に言えますが、着底したら潮の流れなどで弛んだライン糸をピンとはることが攻略のコツ。

何百メートルもの水深で糸がフケているとジグはアクションしてくれず、根掛かりするばかりなので、一度底をとったら素早く数回巻き、ラインをはって再度底を取り直してからロッドアクションに移るとよいでしょう。

タラの絶品は白子だけではない!

タラジギングの画像 タラジギングのもう一つの魅力は、食味の良さです。冬場に成熟した白子は高級品で、白子ポン酢が絶品。またあっさりとした身はフライや鍋料理にしても最高です。

肝臓や胃袋まで余すことなく、おいしく食することができる冬場の美味しいタラを狙ってみてはいかがでしょうか。

タラジギング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!