大人気メバルルアー!ZIP BAITS『リッジ』に待望の43サイズが追加

2019/01/17 更新

メバルプラッキングでは、圧倒的な実績を誇るZIP BAITS『リッジ』ですが、軽量ルアーかつ小型だからこそ、なかなか使いづらいシーンもしばしば。そこで、ZIP BAITSからこれを解消する、新サイズ『リッジ43F、SS』が登場することに!今回は、その魅力をたっぷりと紹介していきたいと思います。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

ZIP BAITS『リッジ』とは

リッジ
出典:Amazon
リッジは、ルアーメーカー・ZIP BAITSが発売している人気のマイクロプラグ。体高があるボディ形状が特徴的なルアーで、主にメバルをターゲットとしています。

このリッジシリーズは、これまで「35F」と「35SS」のラインナップのみでしたが、今回、新たに「43F」と「43SS」が、ラインナップに加わりました。今回は、そんなリッジをご紹介していきます。

定番マイクロミノー『リッジ』の魅力を再確認!

リッジ メバリングで、高い人気を誇るリッジ。人気の理由は、その小さなマイクロボディに詰め込まれています。ここでは、リッジが持つ機能やアクションといった魅力を再確認してみましょう。

マグ・ドライブ搭載!異次元の飛距離

マグ・ドライブとは、磁力を利用したZIP BAITSオリジナルの重心移動システムのこと。キャスト時には、ウエイトが後方に移動することで飛行姿勢が安定。

リトリーブ時には磁力によって適正位置に固定され、しっかりとアクションすることが、この重心移動システムの魅力となっています。

ウォブリングアクション

比較的高さがあるボディで、水をかき混ぜるようなウォブリングアクションを起こします。アクションに伴う振動は、ロッドまでしっかりと伝わってくるので、メバルがバイトしてきたことや潮流の変化まで読み取ることが出来ます。

水中を漂う絶妙な浮き上がりと沈み

その高いボディバランスによって、ポーズ時にも魅力的な動きを見せてくれます。フローティングでは揺らめきながら浮上し、スローシンキングではゆらめきながら沈みます。

この揺らめきを上手く利用すれば、水面に浮上していくベイトフィッシュや漂っているアミ、ドリフトで揺らめきながら流していくといった演出を行うことが出来ます。


『リッジ』の新ラインナップ

リッジ
モデル名 自重 タイプ
リッジ35F 2g フローティング
リッジ35SS 2.2g スローシンキング
リッジ43F 3.4g フローティング
リッジ43SS 4.3g スローシンキング
リッジのサイズは、35ミリと43ミリの2つで、それぞれにフローティングとスローシンキングモデルがあります。基本的には35ミリを中心に使用し、より飛距離が欲しい場合や、波風が強く操作がしづらい場合には43ミリを使っていくと良いでしょう。

ITEM
ジップベイツ リッジ35F
全長:35mm
自重:2g


ITEM
ジップベイツ リッジ35SS
全長:35mm
自重:2.2g


ITEM
ジップベイツ リッジ 43F
全長:43mm
自重:3.4g


ITEM
ジップベイツ リッジ 43SS
全長:43mm
自重:4.3g

リッジでメバルプラッキング!

リッジで釣れたメバル マグ・ドライブで飛距離を稼ぎ、水をかき混ぜるようなアクションでメバルをバイトに持ち込んでくれるリッジ。ワームやシンキングペンシルなど、ほかのルアーとローテーションしながら使うことで、釣果アップが図れます。

ぜひ新しくラインナップに加わった43ミリと、高い実績を持つ35ミリの2サイズを使い分けて、メバル攻略を行ってみてはいかがでしょうか。

リッジで釣れたメバル
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!