価格の違いはどこに出る?「ダイソーエギ」と「エギ王Q」を5つの観点で見比べてみた!

「安くていいもの」が評価される時代。しかし、安いものには安いなりの魅力、高いものには高いなりの理由が存在するもの。今回は人気のエギ2種を見比べてみました。


双極をなす“2つのエギ”


アオリイカなどを狙う釣り、エギング。底に沈めること=“食わせの間”を作り出すことが、釣果を上げるキモとも言えるため、根がかり(ルアーロスト)に悩まされるアングラーも多いことでしょう。

そのため、「失くしても痛くない価格」「ストックしておきやすい価格」のエギが支持され、Amazon・楽天などの通販サイトを見ても、人気ランキング上位は500円前後の商品が占め、消費者の心理が如実に表れていることがわかります。

しかし、「あまりにも安いエギはどうなのだろう?」と疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回は価格帯の異なる人気エギ2種を、観察&比較してみました。

先手:アンダーグラウンドで人気を博す「100均エギ」


国内外で5,000店舗(2018年3月現在)を構える、世界のダイソー。じつは釣具の販売も行っています。

この“ダイソー釣り具”、プロモーションこそしないものの、一部のユーザーの間では「良く釣れる」と定評を得るほど、アングラ的に人気を博しているシリーズなのです。

そして、こちらのエギも、もちろん税込み108円で購入できます。


後手:長年愛される「ド定番エギ」


対する、ヤマシタ「エギ王Q」。エギンガーであれば、誰しもが知っていると言っても過言ではない、“ド定番”。

シンプルな形状に裏付けされた実力は、「結局はスタンダードが一番」ということを体現しているかのよう……。このエギにピンチを救われた、そんな人も多いのではないでしょうか?


と、ざっくりと両者のプロフィールを紹介しました。価格こそ違えど、どちらも人気のエギであることは事実。しかし、観察してみると多くの違いに気づくことができたのです……。

→次ページ「見た目でわかる!?造りの違い」


エギ王Q vs. ダイソーエギ


まずはざっくりと外観を比較。この時点では大きな違いは感じられません。むしろ安さを匂わせない、ダイソーエギの存在感におどろく……。

ボディ成型


ボディ中心部に目をやると、さっそく発見できました。溝ができてしまっているダイソーエギ(写真上)と比較し、エギ王Q(写真下)は美しく処理がされています。

ウェイト


おぉ……。ダイソーエギはボディに対してウェイトが真っすぐセットされていません。(個体差かも)


対するエギ王Q。ボディに対して90°の位置にしっかりとセットされています。ウェイトの位置はルアーの動きに関係してくるので、フォール姿勢やダートに影響を及ぼすかもしれませんね。

エンド処理


カンナ周辺部分のエンド処理。ダイソーエギはほつれている箇所も。一方、エギ王Qは丁寧にエンド処理。細かな部分にクオリティの差が見て取れます。

カンナ


イカのバイトを確実にピックアップするための「カンナ」。プラグで言うところの「トリプルフック」と同じ役目を果たします。

「パッケージから出した時に、ベストな状態であるか?」「ボトムにスタックしても、訛りにくい針先であるか?」など。プラグと違い、カンナだけを交換できないエギにとっては釣果を左右する大事な要素です。


写真では伝わりにくいですが、「キンキンに研がれてやがる……!」。繊細なイカのショートバイトも確実に乗せることができそう。


ブラックの塗装がなされたダイソーエギのカンナ。指先で触れてみると、その鋭利さに物足りなさを感じてしまう。とは言え、2種を比べなければ気付かなかったかも。

塗装


ダイソーエギ。シンプルな味付けで、まさに“必要最低限”と言った様相。このようなコストカットにより、低価格が実現しているのかもしれませんね。


対するエギ王。ボディー本体に塗装をほどこし、さらにかぶせている布にも色を加えることで、より深みのあるカラーに仕上がっています。

正直、釣果に影響するかどうか断定的には言えませんが、塗装にもやっぱり差がでています。

→次ページ「比べてわかったこと・まとめ」


まとめ


細かい点を観察していくと、両者の違いを感じることができました。値段の相応の品質をどちらも備えていて、すごくいい意味で期待通りといった具合。

実売価格で言うと、エギ王Qはダイソーエギのだいたい8個分くらいの値段です。これをどのように捉えるかは……アングラー次第ということでしょう。

求めるものが違うから共存できるのだ。


両者にはそれぞれに違ったウリがあり、愉しさがあるもの。たとえるなら、立ち食い蕎麦と高級な蕎麦。どちらも蕎麦として美味しいことには変わらず、追求すべき価値が違うのではないでしょうか。

値段が高い=釣れるというわけでもないのが、ルアー選びの面白いところです。アングラーが求める“趣やスタイル”は人それぞれ。

どちらがいいエギかということではなく、結局のところ、「コンフィデンス(自信)をもって投げ続けられるかどうか?」。この一点が釣り人にとって、もっとも大事なことなんだと感じました。

次回は、フィールドで実際に泳がせてみて、その違いをレポートしたいと思います。
撮影:TSURI HACK編集部

関連記事

▽エギやダイソーに関連する人気の記事はこちら。


 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!