昇丸

キハダなど相模湾の釣りを仕立て船で!昇丸【神奈川県長井漆山港】

2022/10/20 更新

神奈川県長井漆山港の昇丸は、親子三代にわたり釣り船を営む仕立て専門の船宿です。キハダ・カツオのキャスティングゲームはもちろん、シロギスにヒラメなど相模湾の沖釣りを楽しませてくれます。今回は昇丸の人気釣り物や仕掛けなどご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:昇丸

昇丸の基本情報

昇丸で釣れたキハダ

仕立て専門で出船している相模湾の昇丸(のぼるまる)。親子三代釣船一筋の老舗船宿です。その腕前はテレビの取材が入る程。

夏場のキハダ・カツオ・シイラを中心に、ヒラメやスルメイカ・オニカサゴなど、多種多様な釣り物でアングラーを魅了しています。時にはカジキが釣れる事も?!

釣り船の詳細

昇丸

全長16メートル4.9トン、最高速度28ノット630馬力の昇丸。トイレやイケス、探見丸、電動リール用12ボルト、24ボルト電源を完備し、携帯電話用充電の100ボルト電源も備えています。

アクセス

▪︎車でのアクセス
三浦縦貫道路『林I.C』から国道134号線経由で約15分。
※詳細な出船場所、駐車場所については予約時に確認をお願いします。

昇丸のここが魅力!

昇丸で大物とやりとり

仕立て専門なので、釣りたい魚に合わせて出船してくれるので初心者でも安心。初心者歓迎の船宿ですので、わからない事は船長がアドバイスしてくれます。季節によりますが、お土産用に冷凍タコ販売も行っています。

昇丸で狙える魚種と料金

昇丸で釣れたキメジ、カツオなど

通年楽しめるアジ・サバ・ハナダイ五目。春から夏にかけてのマルイカやイサキ、メダイ。夏場のキハダ・カツオ・シイラ、冬にはカワハギやアマダイ・オニカサゴを狙う事ができます。釣りたい魚を事前に船長に伝えましょう。

狙える魚種と料金

▪︎料金

料金釣り物
42,500円 5名カサゴ【餌、氷付】
47,500円 5名コマセウィリー五目【餌、氷付】】
47,500円 5名アマダイ【餌、氷付】
47,500円 5名オニカサゴ【餌、氷付】
45,000円 5名ヤリ・スルメイカ【餌なし、氷付】
50,000円 5名ヒラメ【餌、氷付】
50,000円 5名タイ・ワラサ【オキアミブロック、氷付】
要確認マグロ・シイラ
要確認コマセマグロ コマセ1枚1,000円(使用分のみ)

乗船料金・時間は変更される場合がありますので、詳しくは船宿まで確認してください。

昇丸のおすすめ仕掛け・ルアー

マグロ狙いのルアー

昇丸の人気釣り物のオススメ仕掛けやタックルをご紹介します。

キハダ ルアー

相模湾の人気ターゲット、キハダ。例年7月ともなると、数多くのルアー船で賑わいをみせます。トップウォータールアーにバイトする姿は、エキサイトする事間違いなし。キハダのファイトは強烈です! 大物用のタックルで勝負しましょう。

サンマやイワシを模した相模湾の人気ルアー

ソウルズ ナルド

全長:190mm
自重:70g

キハダ・カツオ対応の高強度シンキングルアー

シービーワン OZMA(オズマ)

全長:140mm
自重:68g

▼マグロルアーの選び方はこちら

キハダ コマセ

例年8月からコマセでのキハダ狙いが解禁されます。PEライン4〜6号を使用し、大物に備えたタックルを準備するのがおすすめです。船の予約が取りにくくなりますので、早めの予約を心掛けましょう。

▼相模湾キハダ釣りの詳しい解説はこちら

カツオ

コマセで狙うカツオの釣りは、オモリ負荷50~80号程度の竿に、中型両軸リール、PE5~6号がおすすめです。ハリスはフロロカーボン12~16号を用意しましょう。

ルアーではキャスティングやジギングでも狙います。キャスティングの場合は、30〜40グラム程度のトップウォターやシンキングプラグを。ジギングであれば、50〜100グラム程度のメタルジグがあれば安心です。

圧倒的な飛距離でナブラを直撃

アングラーズリパブリック GIG 100S

全長:100mm
自重:28g

高比重タングステン素材の小さいシルエット

ダイワ TGベイト 45g

全長:64mm
自重:45g

キス

初心者でも手軽に楽しむ事ができるシロギス釣り。15号程のテンビンオモリに2本針の仕掛けで狙います。底まで落としたら、ゆっくりと巻いてシロギスを誘いましょう。

スタンダードなキス専用ロッド

ダイワ キス X M-180

全長:1.80m
自重:86g
継数:2本
仕舞寸法:94cm
錘負荷:8-25号

▼キス釣りの詳しい解説はこちら

ヒラメ

船釣りのターゲットとして数多くの釣り人を魅了するヒラメ。その食味も抜群で、新鮮なヒラメを食べられるのは釣り人の特権です。アタリがあっても早アワセは禁物。しっかりとヒラメが針がかりするまで待つことが大切です。

大型ヒラメにも対応する粘り強さが魅力

シマノ ベイゲーム X ヒラメ M270

全長:2.70m
自重:172g
継数:2本
仕舞寸法:138.5cm
錘負荷:30ー100号

メタル素材で高い剛性を誇る船釣りリール

シマノ カルカッタ800F

ギア比:5.1
自重:350g
最大ドラグ力:6.0kg
巻取り長さ:68cm   

▼ヒラメ釣りの記事はこちら

昇丸の最新釣果&予約

昇丸で釣れたキンメなど

四季折々のターゲット、釣り方で私たちを楽しませてくれる相模湾“昇丸”。シーズンによって釣れる魚やタックルも変化しますので、釣行前には最新の情報を確認しましょう。気になる最新釣果は下記リンクをチェック!

『昇丸』最新釣果はこちら

『昇丸』HPはこちら

その他、問い合わせなど『昇丸』電話番号はこちら
046-856-1599
※番号を良くお確かめの上間違い電話にご注意ください。

※本記事に記載された船宿の情報は変更される場合があります。
最新情報は船宿のWEBサイトなどでご確認ください。

昇丸で相模湾の沖釣りもルアーも楽しもう!

相模湾の鳥山

鳥山が立つナブラに向かってルアーを投げ込むも良し、イワシの泳がせ釣りでじっくりとヒラメを狙うのも良し。仕立て専門のため、気の合う仲間でワイワイ釣りができるのも嬉しいポイントです。昇丸で相模湾の旬な釣りを味わってみてはいかがでしょうか。