ヒラメの泳がせ仕掛けを解説!餌の付け方、自作、オススメ仕掛けも紹介

2019/01/22 更新

船ヒラメの仕掛けとしてメジャーな泳がせ仕掛け。針やオモリ、ステ糸等で構成され、少し複雑に見えるのがヒラメの仕掛けです。今回はおすすめのヒラメ仕掛けのほか、意外と簡単にできる自作方法、弱らせないことが重要な生き餌の付け方まで詳しく解説します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

ヒラメの仕掛けについて

ヒラメ仕掛け
出典:Amazon
ヒラメの船釣りでは、イワシなど生きた小魚を使用した“泳がせ仕掛け”と呼ばれる仕掛けが主に使われます。

ヒラメは基本的には底に生息している魚ですが非常に獰猛な食性で、餌となる小魚を捕食する際には水底で待ち伏せし、上を通った小魚に飛びつくように襲い掛かる習性をもっています。

そのため重いオモリでしっかりと底を取りながら、小魚でヒラメを誘い出す泳がせ仕掛けが有効になります。

仕掛けの仕組みとおすすめヒラメ仕掛け

ヒラメ仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
ヒラメの泳がせ仕掛けは道糸から針をつけるハリスとオモリをつけるステ糸の二本のラインを使用する特徴があります。道糸にはPEラインを使用し、ハリスにフロロカーボンラインを80センチ、ステ糸は50センチほどオモリと接続。

針には親バリと孫バリの2つを使用し、それぞれ餌となる小魚の鼻と背ビレ付近に刺して使います。オモリはポイントの水深などに合わせて30~80号で調整するのが一般的です。

ステ糸

ステ糸は根掛かりが多いフィールドで釣りをする際に、根掛かりするリスクが高いオモリだけを切り捨てられるようにするラインです。ハリスより細いラインを使用するのがPEラインのタカ切れを防ぐポイント。

ヒラメの泳がせ釣りでは、ヒラメがヒットした際に根掛かりしたオモリだけを切り捨て、ヒラメを確実にキャッチするメリットもあります。フロロカーボンより擦れに弱いナイロンラインの3号前後がおすすめです。

ハリス

ハリスは餌を付ける針を結束するためのライン。道糸にPEラインを使用する際に根ズレなどのダメージをできるだけ道糸に与えないことや、ヒラメの鋭い歯でラインが切れることを防ぐ効果もあります。

そのため根ズレに強く強度の高いフロロカーボンラインが一般的とされており太さも5号前後がおすすめ。

親針と孫針

ヒラメの泳がせ仕掛けでは親針と孫針と呼ばれる2種類の針が使われます。これはヒラメとのファイト中のバラシの軽減はもちろん、餌となる小魚の頭だけではなく後ろにも針を付けることで、後ろから食い上げてきたヒラメも確実にフッキングできる効果もあります。

基本的には親針には12号前後のチヌ針などを使用し餌の鼻を通して付け、孫針には親針より小さい8号前後のトレブルフックを使用し背ビレに刺して使います。

ITEM
がまかつ 掛りすぎヒラメ仕掛

ITEM
がまかつ プロヒラメ固定式仕掛

ITEM
ハヤブサ ヒラメ 喰わせ遊動トリプル

ITEM
オーナー針 船ヒラメの基本トリプル


▼泳がせ釣りの関連記事



ヒラメの仕掛けの自作

ヒラメ
ヒラメ用の泳がせ仕掛けは市販で販売されているものもありますが、簡単に自作ができます。必要な材料はハリスと捨て糸に使うフロロカーボンライン、三つ又サルカン、スナップスイベル、親針、孫針、オモリの7つです。

1.ハリス用の5号のフロロカーボンラインを80センチほど用意し親針を結束する
2.親針と10センチほどの間隔をとり、孫針を先端に結束する
3.三つ又サルカンとハリスを結束し、下についているリングに3号前後のナイロンの捨て糸を30センチほど用意し結束する
4.捨て糸にスナップスイベルを結束し、任意の重さのオモリをつける

それぞれの針のサイズやハリス、捨て糸の長さはフィールドや釣り人のスタイルに合わせて工夫してみましょう!

仕掛けを自作するメリット

仕掛けを自作するメリットは狙うフィールドやそれぞれの釣り人のスタイルに合わせて細かい調整が可能な点です。特に針のサイズやハリス、捨て糸の長さなどは釣果にも大きく影響を与えるため非常に大切となってきます。

また自分で一から作った仕掛けで釣果を上げられた際の満足感は市販の仕掛けでは絶対に得られない格別なものです。

ITEM
NTスイベル タル型サルカン 黒



ITEM
六角ひらめオモリ

ITEM
ヨーヅリ ローリングインター

ITEM
ダイワ ハリス ディーフロン 船 フロロカーボン



ヒラメの泳がせ仕掛けへのエサの付け方

ヒラメの餌釣りの画像
出典:ダイワ
泳がせ釣りの餌として定番になっているイワシには鼻掛け、腹掛けなど、さまざまな付け方があります。泳がせ釣りは餌となるイワシの活きが非常に大切です。イワシを弱らせないためには触る前の手をしっかりと海水で冷まし、素早く針掛けるのがポイントです。

イワシの鼻掛け

親針を使った最も定番の掛け方。イワシの鼻を通すように横から針を刺します。市販の仕掛けには親針にビーズがついているため、鼻を通した針をしっかりと固定できます。

イワシの上あご掛け

鼻掛けと並ぶ人気の掛け方。イワシの上顎を通すように縦から針を刺します。オモリが着底するまでイワシの口が開いてしまうため、弱りやすく、浅場のフィールドでおすすめの針掛けです。

孫バリの腹掛け

孫針をイワシに刺す場合の定番の掛け方。イワシの肛門から腹付近にしっかりと針を刺します。最も簡単な孫針の掛け方と言われているため初心者にもおすすめです。

孫バリの背掛け

餌にするイワシのサイズがハリスに合わない場合におすすめの掛け方。イワシの背びれ付近にしっかりと針を刺します。腹掛けに比べて基準となる場所が見つけにくいため、何度も刺してイワシを弱らせないように注意しましょう。

孫バリフリー

餌のイワシが小さく、孫針を刺すと弱ってしまう場合に最適の孫針フリー。文字通り孫針をどこにも刺さずフリーにします。小さいイワシは針を複数箇所に刺すと弱ってしまうため、活きを維持させるためにはフリーがおすすめです。

手作りの泳がせ仕掛けで座布団ヒラメをゲットしよう

釣り上げたヒラメの画像
出典:ダイワ
ヒラメの餌釣りの定番の仕掛けである泳がせ仕掛けは、ヒラメの食性に合わせて非常によく考えられた作りになっています。また、誰でも簡単に自作できるため、狙うフィールドやヒラメのサイズに合わせて細かい自分だけの仕掛けを作ってみてもよいでしょう。

自作の仕掛けで座布団ヒラメを上げられれば最高の気分が味わえそうですね!

▼ヒラメの関連記事もチェック!


ヒラメ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!