勝浦港の風景の画像

勝浦で釣りを楽しもう!9つの厳選ポイントとは

2022/10/20 更新

勝浦の厳選海釣りポイント! 初めて釣りに挑戦される方や、家族連れでも安心して楽しむことができる足場の良く、釣果実績も高いエリアをご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ウィキメディア・コモンズ

勝浦の釣りについて

勝浦港の画像出典:PIXTA

千葉県外房の勝浦では、四季に応じて様々な魚を釣ることができる地域です。特徴としては、一年を通してアジが釣れることもあり、家族連れの方や大型のアジを狙う方に親しまれています。

勝浦の釣りポイント

勝浦の釣りポイントの画像出典:PIXTA

勝浦には釣りが楽しめるポイントが数多くあります。ここでは足場が良く、安全に楽しめるエリアをご紹介します。

勝浦港


手軽なサビキ仕掛けで、アジ・イワシ・サバなどが狙えます。勝浦で最も人気のポイントです。土日などは家族釣れの方などで賑わっているので、周囲には注意をして釣りを行いましょう。
※赤灯のある堤防・白灯のある堤防先端部・湾内の小突堤防では釣りが禁止されています。

松部港


アジ・メジナが通年狙え、初秋から春まではクロダイも狙えることから、勝浦港と並ぶ人気のポイント。またアオリイカが接岸することもあり、エギや泳がせ釣りで狙います。
※南側の堤防は立入禁止になっています。

吉尾港


狭い堤防のため、大勢での釣りは適していませんが、外海が荒れていても比較的に穏やかな波の港です。潮流を読み、早期に攻略することで、アジ・メジナ・クロダイの大型が期待できるポイントで有名です。
※堤防が離れている部分があり、先端まではウエーダーなどの入水具が必要です。

鵜原港


ワンドが2つある港。高潮時などに魚の逃げ場となっています。アジ・キス・クロダイ・メジナともに大型が期待でき、イワシなどが群れで回遊している時はシーバスなども狙えるポイントです。
※伊勢海老のイケスがあるため、コマセの使用は禁止されています。

守谷港


小規模の堤防で、景色が美しく時間を忘れて釣りを楽しむのも良いポイント。大型のアジが狙えることが有名ですが、水深が浅いために満潮時がベストです。夏場はキスも狙えます。
※水上バイクが行きかうこともあります。周囲には十分に注意しましょう。

興津東港


海釣り公園側の手棒はフェンスもあり、子供連れでも安心して釣りが楽しめるポイント。外海側の堤防ではクロダイ・メジナが狙え、湾内の砂地ではキス釣りが楽しめます。水深が浅いため、ウキ釣りが適しているでしょう。河口部ではシーバスも狙えます。

興津中堤


河川からの流入もあり水通しの良いエリアで、春に大型のクロダイが狙える人気ポイント。小型魚やアジの魚影も濃く、エサを求めるシーバスも狙えます。数・型ともに期待ができるでしょう。

興津西港


アジ釣りの高実績エリアで、メジナの数釣りが楽しめるポイント。初夏から秋にかけては、潮流の良い堤防先端部で、回遊してくる青物も狙うことができます。

浜行川港


アジ・クロダイ・メジナが一年を通して楽しめ、魚影も濃いことで人気が高いポイントです。有料駐車場も完備されているので、多くの釣り人が訪れています。勝浦エリアでも数少ない家族連れで楽しめるポイントでしょう。

1 / 2ページ