夜はルアー選びだけじゃない!『シーバスのナイトゲーム』攻略5つのコツ

2019/01/21 更新

シーバスフィッシングにおいて、夜釣りは釣果に結びつきやすいシチュエーション。ただし、一つ間違えるとシーバスにプレッシャーを与えてしまい、ワンバイトも得られないことも……そこで今回は、ナイトゲームが有利な理由からルアー選びだけではないナイトゲームならではの攻略方法に迫ります。


アイキャッチ画像出典:アムズデザイン Facebook

シーバスのナイトゲームについて

『シーバスはナイトゲームのほうが釣りやすい』というのは、シーバスアングラーにとって一般的な認識なのかもしれません。なぜ、ナイトゲームが釣りやすいとされるのでしょうか? 今回はじっくりと、その真実を紐解いていきます。

ナイトゲームが釣りやすいとされる理由

シーバス ナイトゲーム
出典:PIXTA
シーバスは夜行性の魚です。闇夜にまぎれ、餌となる小魚を捕食することがほとんどのため、ナイトゲームは生態系に合った実に合理的な釣り方だといえます。

シーバスフィッシングが流行を見せ始めたころは”夜にしか釣れない“と言われるほどだったそうで、この生態は大型ほど顕著にあらわれ、日中に比べて大型が出やすい傾向にあります。

注意点

シーバス ナイトゲーム ヘッドライト
出典:マズメ
闇夜での釣りは危険が伴います。必ず必要な装備を身につけたうえで釣行に臨みましょう。立ち入り禁止の看板や注意書きなど、夜には見えづらくなってしまします。知らなかった! では済まない場合も多いので、必ず日中に下見をするようにしましょう。

▼夜釣りのアイテム情報はこちらから確認が可能です。



▼身の安全のためにゲームベスト・ライフジャケットを着用しましょう。





シーバスのナイトゲームの基礎知識

シーバスナイトゲームの基本 シーバスが活性化するナイトゲームでは、魚に合わせて行うべき3つの基本が存在します。すでに知っているよ! というアングラーも多くいらっしゃるかもしれません。答え合わせも兼ねて確認をしてみてください。

シーバスが捕食をしやすい場所

シーバスは夜に狩りをする魚ですが、どのような行動パターンを示すでしょうか。もしご自身がシーバスだったとしたら、捕食のしやすい箇所で待ち構えることを思い付きはしませんか?

明るい場所に逃げ込んだ小魚を待ち構えるために隣接する暗い場所へ居着いたり、流される小魚が溜まりやすい箇所で待ち構えたり、浅瀬にたまる小魚を落ち込みの下から狙っていたり……。 魚の目線で捕食をしやすいゾーンを探してみることが良いでしょう。

スローアクション

ナイトゲームでは、夜間に動きが鈍る小魚をイミテートするためスローでのアクションが基本。シーバスの食性を刺激するのは流れに合わせた自然な動きだと言われ、ゆったりフラフラと泳ぐイメージでルアーを操作することが効果的です。このように捕食を待ち構えるシーバスに対し、流し込む操作方法を『ドリフト』と呼びます。

レンジ

ナイトゲームではゆっくりとルアーを見せるため、違和感を与えないためにもレンジ操作をより丁寧に行う必要があります。餌となる小魚が目視できれば、同じような泳層を選択。見えない場合は捕食ゾーンを探るためにルアーローテーションをしながら探ってみると良いでしょう。時には10センチ程度のズレでも見切ることもあると言われ、細かなルアー交換が攻略のカギです。

ナイトゲームのシーズナルパターン

シーバス ナイトゲーム シーズン シーバスのナイトゲームはいかに捕食をしている餌に合わせられるか、『マッチザベイト』が重要な要素。季節によって捕食が限定的なパターン化される地域も多く、これをシーズナルパターンと呼びます。地域により捕食対象が大きくことなり、ご当地パターンというのもあるようです。

春(画像閲覧注意)

シーバス ナイトゲーム 春 シーバスのナイトゲームで、最もメジャーなパターンとされるバチ抜け。地域によっては稚鮎・鮭子・シラス・アミ・ハクなどが捕食される場合もあるため、バチ・小型のベイトどちらも対応できるルアーを選びましょう。

▼春の難関パターンを解説している記事です。


シーバス ナイトゲーム 夏
出典:PIXTA
夏のナイトゲームで最も多くみられるのはイナッコパターン。シーバスフィッシングの必修科目ともされるこの状況は、イナッコの動きによって攻略方法が異なります。

よく観察し、行動パターンに合わせてルアーコースを決めると良いでしょう。地域によってはイワシ・サッパ・ツツイカ・ハゼと多岐にわたります。いずれも10センチ前後のルアーが主戦力となるため、ルアーボックスに忍ばせておくことをおすすめします。

▼シーバスの大好物?トウゴロウイワシを紹介している記事です。



▼イカパターンとは!?大型が出やすい局地的パターンを紹介。


シーバス ナイトゲーム 秋
撮影:TSURI HACK 編集部
夜間に潮が動き、産卵前の荒食いが期待できるナイトゲームのベストシーズン。体高があり、パワフルな引きが楽しめるのが秋の特徴です。安定した餌となるのは夏に引き続きイナッコ。地域によっては落ち鮎・コノシロを捕食することもあり、どちらも対応できるように12~15センチ程度の大型ルアーがおすすめです。難関パターンとして知られるサヨリを偏食している場合が見られた時は、専用のルアーを試してみても良いでしょう。

シーバス ナイトゲーム 冬
出典:PIXTA
冬のナイトゲームはアングラーにとっても修羅の道。寒さに耐えながら釣りをする必要がありますが、夜間は潮が大きく動くタイミングです。水温の安定した深場の底でカニ・エビ・ハゼなどを捕食するタイミングを見計らい、底周辺を攻略してみましょう。12月、2月の一部地域では『磯マル』と呼ばれる大型を狙うチャンスが訪れます。湾の入り口を狙ってみましょう。

シーバスのナイトゲーム5つのコツ

シーバス ナイトゲームのコツ シーバスのナイトゲームは釣れやすい時間帯。そのチャンスタイムをモノにするための5つのコツを紹介します。思うような釣果が出ていない時、ぜひ見返して参考にしてみてください。

表層にとらわれすぎない

イナッコパターン・バチパターンなど、表層攻略が一般的な状況で同じことを繰り返しがち……。 という方も多いのではないでしょうか。水面付近でボイルがあったとしても、捕食対象は少し下ということもあります。一度レンジを下げて攻略してみるのもひとつの手段。中層イナ・底バチという造語があるように、ずらしたレンジを意識してみましょう。

ボイルの位置を把握する

ナイトゲームの最中に『ボイルした、あそこにも!』 という風にボイルに翻弄されてしまうことがありませんか? 反応が無い時こそ捕食の仕方を観察してみましょう。追いかけて捕食をしているのか、一定の場所に通りかかった魚を襲っているのか、ふたつの状況を把握することがキーポイント。シーバスの捕食パターンを先読みし、アプローチをしてみましょう。

粘りすぎない

シーバス ナイトゲーム 
出典:PIXTA
ボイルを追いすぎて気づけば朝だったということがないよう、反応が無ければ早々に移動を決意することもおすすめです。あきらめないという心持ちも大切ですが、時には攻めの移動と言い聞かせて次のポイントへ向かってみましょう。

周囲と違うことを意識する

シーバス ナイトゲーム ジョイクロ シーバスのナイトゲームは定番とされるルアーが数多く存在します。周りのアングラーや先行者も同じルアーでポイントを攻めていたとしたら、さすがにシーバスも飽きてしまうこともありえます。ビッグベイトのような極端さはなくとも、ボトムをターゲットにしたり早巻きを試してみてはいかがでしょうか。

明暗にこだわりすぎない

シーバス ナイトゲーム
出典:PIXTA
ナイトゲームで最も分かりやすい攻略ポイントである明暗。流れの上流側は人気が集中し、先行者がいるのもよくある話です。そういった時は上流側の明暗だけでなく、下流側もチェックしてみましょう。くっきりした変化がなかったとしても、何らかの地形変化があれば一級ポイント。下流側橋脚のヨレや護岸沿いにも隠れている場合があるため、必ずチェックをしてみましょう。

厳選!ナイトゲームにおすすめのルアー13選

シーバス ナイトゲームおすすめルアー シーバスのナイトゲームでおすすめの1軍ルアー13選を厳選。シーズナルパターンに合わせた選択が必要ですが、みなさんのホームフィールドに合うものがあればぜひ使用をしてみてください。

バチだけじゃなく小型ベイトにも!水面直下型

ITEM
ダイワ モアザン スライ95F
全長:95ミリ
自重:6.8グラム


イナッコパターンの定番!ゆっくり流し込んで使いたい!

ITEM
ダイワ(Daiwa) ミノー シーバス モアザン クロスウェイク 90SSR-F 3Dバーニング ルアー
全長:90ミリ
標準自重:13.7グラム


元祖ドリフトミノー!巻かない使い方とは?

ITEM
アピア ラムタラバデル 130
全長:130ミリ
自重:20グラム




リップレスミノーの定番!

ITEM
タックルハウス Tuned K-TEN TKLM 80
全長:80ミリ
自重:9.5グラム


湾奥の定番!意外と潜る!?レンジ攻略にも最適

ITEM
邪道 SU-SAN(スーサン)
全長:75ミリ
自重:7グラム


名作×名作のサラブレッド!

ITEM
アイマ コスケ 110F
全長:110ミリ
自重:17グラム


リップ付きでレンジキープもラクラク!?

ITEM
フィッシャーマンズオフィス ソルアズーラ マリブ 78
全長:78ミリ
自重:11,8グラム


フローティングミノーの定番

ITEM
シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99F AR−C
全長:99ミリ
自重:14グラム




オールシーズン活躍できる!?小型バイブレーション

ITEM
パズデザイン ディブル55S
全長 : 55ミリ
自重: 7.4グラム


中毒者多数!?巻いて良しダート良しの秀才ルアー

ITEM
ダイワ モアザン ミニエント 57S
全長:57ミリ
自重:11.5グラム




よく飛びよく泳ぐミノーの良さを凝縮!?

ITEM
ロンジン ハイスタンダード120
全長:120ミリ
自重:19グラム


バイブレーションともミノーとも言い難いアクションが効く!?

ITEM
タックルハウス ローリングベイト77
全長:77ミリ
自重:15グラム




冬のボトム攻略に!低速域でもしっかりアピール

ITEM
ロンジン(LONGIN) キックビート 55/17
全長:55ミリ
自重:17グラム



夜にしか会えないアイツに会いに行く

シーバス ナイトゲーム まとめ もし、シーバスのナイトゲーム出かける際は奥様と口論にならないようにしましょう。無駄な疑いはかけられないようにするのが無難。『夜にしか会えないアイツに会いに行く』などと口にしてはいけません。安定的に釣行に向かうために、巻き込んで誘ってみてはいかがでしょうか?

紹介されたアイテム

ダイワ モアザン スライ95F
サイトを見る
ダイワ(Daiwa) ミノー シーバス…
サイトを見る
アピア ラムタラバデル 130
サイトを見る
タックルハウス Tuned K-TEN…
サイトを見る
邪道 SU-SAN(スーサン)
サイトを見る
アイマ コスケ 110F
サイトを見る
フィッシャーマンズオフィス ソルアズーラ…
サイトを見る
シマノ エクスセンス サイレントアサシン…
サイトを見る
パズデザイン ディブル55S
サイトを見る
ダイワ モアザン ミニエント 57S
サイトを見る
ロンジン ハイスタンダード120
サイトを見る
タックルハウス ローリングベイト77
サイトを見る
ロンジン(LONGIN) キックビート…
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・
シーバス ナイトゲームおすすめルアー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!