王道サビキ3種ガチンコ対決。一番釣れた最強サビキ仕掛けはどれだ?!

2022/03/18 更新

誰でも簡単に楽しめるサビキ釣り。でも、簡単なサビキ釣りでも仕掛けが多すぎて選び切れない!

そんな方のために、代表的なサビキで釣り比べて検証してみました!

今回は、代表的なピンクスキンサビキ、トリックサビキ、パニックサビキ3種での実釣。それぞれの長所や短所が見えてきたので、使い所なども解説していきますよ!

制作者

山根央之

怪魚ハンター山根ブラザーズの兄。 テレビ東京・緊急SOS池の水全部抜くやNHK・ダーウィンが来た、TBS・VSリアルガチ危険生物などに出演したり、魚類生態調査に参加したりと幅広く活動中。 初めての1匹との出会いに最も価値を置き、餌・ルアー・もはや釣りに限らず。ガサガサや漁業者と協力してまでも、まだ見ぬ生き物を追い求め、日々水辺に立っている。

山根央之のプロフィール

...続きを読む


一番釣れるサビキはどれだ?!

サビキ釣りについて

サビキ釣り
堤防釣りド定番な釣り方といえば『サビキ釣り』ですよね!

アジやイワシ、サッパやヒイラギなどなど、魚釣り初心者の方でも簡単に釣ることができます。

じつはサビキにはたくさんの種類がある

サビキ仕掛け3種
釣具屋でサビキ仕掛けを選ぼうとすると、さまざま種類が売られています。

それぞれに特徴や長所がある訳ですが、実際に釣り比べてみたらどうなるのか検証してみました!

実釣日の状況

サビキ釣り比較実釣
実釣日は2月中旬の大潮。「寒くて釣れない時期ほど差が出やすいだろう。」と気合いを入れて釣り場に行くとなんと予想外の展開が……。

なんと、カタクチイワシの姿が見えています! 心の中でボウズだったらどうしよう。って思っていたのでホッと一安心!

怪魚ハンター山根
それでは、カタクチイワシが何処かへ行ってしまう前に実釣を開始していきましょう!

今回の実釣は、TSURI HACK TVでも公開されていますよ!


▼前編

▼後編

検証するサビキは|ピンクスキン、トリック、パニックの3種

ピンクスキンサビキ|一般的なサビキ

代表的なピンクサビキ
普通のサビキ代表として、ピンクスキンのサビキをチョイスしました。

ハリスの太さは0.6号と一般的で、針にはピンク色の疑似餌がついています。

トリックサビキ|針に餌を付けるサビキ

トリックサビキトリックサビキは、2本の針が1つになっている珍しい形状の釣り針に餌を付けて使用します。

ハリスは0.4号とやや細く、枝糸の長さが極端に短いのが特徴です。

■スピード餌付け器
トリックサビキスピード餌付器
トリックサビキに餌を付ける道具として、スピード餌付け器という商品があります。

トリックサビキとスピード餌付け器は、セットで使用するものと覚えておきましょう。
ITEM
第一精工 スピードバケツ ミニ
スピード餌つけ器と密閉式バケツが合体

パニックサビキ|細いハリスとティンセルが特徴的なサビキ

パニックサビキ
とても細いティンセルが疑似餌と付けられているのが特徴のパニックサビキ

ハリスは0.2号と極細で針の数が14本と多いので、一度にたくさんの魚が釣れる可能性がある一方で扱いにくいサビキです。





一番釣れるサビキを検証!ルールについて

制限時間内の1投で釣れる“魚の数”を検証

最強サビキ検証
今回はカタクチイワシが岸壁沿いに寄っている状況だったので、1回の投入で何匹釣れるかを検証することにしました。

トリックサビキとパニックサビキは上から撒き餌

トリックサビキとパニックサビキは上から撒き餌
怪魚ハンター山根
トリックサビキには3号のナスオモリとセットで販売されていたので、そのまま使用することにしました。

ピンクサビキは下カゴで撒き餌

ピンクサビキは下カゴで撒き餌
怪魚ハンター山根
一般的にサビキ釣りはコマセカゴを使用して釣るので、ピンクスキンには下カゴを取り付けます。

ピンクスキンサビキvsトリックサビキ

第一戦|トリック4匹-ピンクスキン0匹

トリックサビキvsピンクスキンサビキ
まずは待ち時間30秒で釣果を比べてみると、トリックサビキに4匹のカタクチイワシが掛かった一方で、ピンクスキンはゼロ

怪魚ハンター山根
30秒では、コマセにイワシが寄ってくるのに少し待ち時間が足りなかったようです。


トリックサビキは4匹釣れたのは良かったのですが、イワシが掛かっても30秒経つまで待ったことにより仕掛けが絡んでしまいました。

トリックサビキについている3号のオモリは「少し軽すぎる」と感じたので、7号に変更してみることに。

怪魚ハンター山根
15cm前後の魚が複数掛かって暴れるとサビキが絡むことがあります。

魚の大きさや竿の強さに合わせてオモリの重さを5〜8号と重くすると良いですよ!

第二戦|トリック3匹-ピンクスキン2匹

ピンクサビキvsトリックサビキ
待ち時間を45秒にしてみると、ピンクスキンにも2匹のカタクチイワシが掛かってきました!

トリックには3匹掛かり、今度は仕掛け絡みなし。

怪魚ハンター山根
オモリを重くして正解でしたね。

第三戦|トリック2匹-ピンクスキン0匹

最強サビキ仕掛け対決
再び待ち時間30秒で検証してみると、ピンクスキン0匹という結果に。

やはり即効性という観点では、トリックサビキの方がよく釣れる仕掛けのようですね。

第四戦|トリック2匹-ピンクスキン5匹

ピンクサビキvsトリックサビキ
最後に待ち時間1分で検証してみると、ピンクスキンに5匹に対してトリックサビキは2匹という結果に。

トリックサビキは何尾か針掛かりして暴れると針からエサが落ちてしまい、追い食いが起こりにくいようですね。

反対にピンクスキンは、疑似餌が効果を発揮してコマセが効いている間は、どんどん追い食いさせられるので数が伸びました。

結論|トリックサビキは数匹ずつ着実に釣り上げるサビキ

トリックサビキvsピンクサビキ結果
トリックサビキは餌が付いている分食いつきは早いものの、多点掛けには向いていないと感じました。

今回のように、高活性時には疑似餌のついたサビキで追い食いを狙いながら、手返し良く釣ることで数を伸ばせるかもしれませんね。

怪魚ハンター山根
ということで、次は究極の疑似餌が付いたパニックサビキと比較してみましょう!

パニックサビキvsピンクスキンサビキ

試しにパニックサビキを投入してみると……

パニックサビキ釣果
細い仕掛けが切れないよう慎重にパニックサビキを取り出し、イワシの群れに投入すると、あっという間に鈴なりに!

やはり、パニックサビキの威力は凄まじいものがありますね!

怪魚ハンター山根
これは、もはや比較するまでもなさそうですが、何事もやってみないと分からないっ!

第一戦|待ち時間45秒

パニックサビキvsピンクサビキ
圧勝予想だったパニックサビキですが、なんと結果は0匹……。

対するピンクスキンサビキは2匹(1匹落ちちゃいましたが)という結果に。これは想定外です。

どうも魚達が左から回遊してきているようで、右側に釣り座をとったパニックサビキには回って来なかったようです。

第二戦|釣り座を入れ替えて待ち時間45秒

釣り座を変えてパニックサビキvsピンクスキンサビキの検証
やはり釣り座は大事なようで、第二戦の結果はパニックサビキ6尾に対してピンクスキンサビキ0匹

最後にもう一度釣り座を戻して検証してみましょう!

第三戦|待ち時間45秒、釣り座はもとに戻しました

パニックサビキvsピンクスキンサビキ
こんどは右側にもイワシが回ってくれたようで、両者ともに3匹ずつという結果になりました。

最後にもう一度、釣り座を入れ替えてみましょう。

第四戦|ついにパニックがその実力を発揮した

パニックサビキ実力
イワシの群れが少し深い場所にいるかもしれないと感じ、さっきまでよりも深めに仕掛けを落とし込むと……。

なんと11匹も掛かってきました(笑)。対するピンクスキンサビキには3匹でした。

怪魚ハンター山根
やはりこの日の状況下では、魚の群れにしっかりパニックサビキが入ればたくさん掛かってくるようです。




3種のサビキを比べて分かったこと

トリックサビキは追い食いが期待できない

トリックサビキの長所と短所
針に本物の餌が付いているトリックサビキは、1尾目が食いつくまでの時間が早い印象を受けました。

その反面、食いついた魚が暴れることで針から餌が取れてしまい、なかなか複数匹をいっぺんに釣ることが難しかったです。

怪魚ハンター山根
また、極端にハリスが短いためかバラシも多かったですね。

パニックサビキはハリスが細すぎて扱いに注意

パニックサビキの長所と短所
僕は以前、パニックサビキをパッケージから引き出す際にプチッと切ってしまったことがあります。

とにかく糸も針も細いので仕掛けを壊さないように注意が必要ですし、予備の仕掛けをいくつか持っておいた方が安心です。

また、魚の大きさによってはハリス切れが多発する可能性があるので、釣れている魚が大きい場合はハリスの太い仕掛けを用意した方が良いでしょう。

怪魚ハンター山根
ただ繊細な分、食い渋りの時間帯や活性が低い状況に強いのがパニックサビキですよ。

スキンサビキは食い渋りの際に心配

スキンサビキの長所と短所
今回はカタクチイワシの活性が高く、スキンサビキでも充分釣ることができました。

ただし、他のサビキよりもカタクチイワシが掛かるまでに時間が掛かっていたことから、疑似餌を見破っている魚が多い印象を持ちました。

怪魚ハンター山根
良く釣れているときは良いケド、厳しい状況では不安が残りますね。

3種のサビキの使い分け方

ピンクスキンは初心者向け

扱いやすさナンバーワンのピンクスキンサビキ
ピンクスキンサビキはハリスが太く、餌を付けたりする動作もないため一番扱いやすいサビキだなと感じました。

初めて魚釣りにチャレンジされる場合は、ハリスが0.6号程度のサビキ仕掛けを選ぶと良いでしょう。

高活性時に圧倒的な釣果力を出すパニックサビキ

釣果を伸ばしたいならパニックサビキ
今回のように魚の活性が高い場合は、パニックサビキの実釣力が圧倒的です。

針数が多いこともあり、一度に10尾以上掛かるのが当たり前という釣れっぷりでした。

パニックサビキは、短時間で効率の良い釣りをしたい方にオススメなサビキですね!

食い渋り時はトリックサビキ

食い渋りにはトリックサビキ
今回の検証で僕にとって新しい発見になったことは、活性が高い時はトリックサビキと一般的なサビキに大きな差が生まれないことです。

食い渋りの時にいつもトリックサビキに助けられてきましたが、やはりどんなサビキにも一長一短あるんですね。

とは言え、食い渋りはいつ何時起こるか分かりませんので、スピード餌付け器とトリックサビキは保険としてこれからも持っておこうと思います。

皆さんも、サビキ釣りに出掛ける機会がありましたら、今まで使ったことのないタイプも試してみてはいかがでしょうか。

同じサビキ釣りでも色んな発見があって楽しいですよ!
撮影・文:山根 央之

ライタープロフィール

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の記事一覧

関連記事


紹介されたアイテム

マルシン 絶好調 ピンク
まるふじ 改良トリック
第一精工 スピード餌つけ器
第一精工 スピードバケツ ミニ
オーナー ハイパーパニック
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD