サビキ釣りの時期

【サビキ釣りに適した時期や時間の選び方】元釣具屋が答えます!

釣り初心者でも爆釣が狙えるサビキ釣り。しかし、いつ釣りに行っても釣れるとは限りません。しっかり釣るには釣れる時期(季節)や時間について知っておく必要があります。本記事では元釣具屋のTSURI HACKライターがサビキ釣りの時期(季節)や時間について解説していきます。

目次

アイキャッチ画像提供:釣り好き!まっちゃん

簡単で爆釣するサビキ釣り

サビキ釣りで釣ったカタクチイワシ

出典:PIXTA

アジ、イワシ、サバなど、様々な魚が狙えるサビキ釣りは、釣りが初めてでも簡単に楽しめて、爆釣が狙える人気の釣り方です。

しかし、サビキ釣りでは時期を見誤ってしまうとさっぱり釣れないなんてことも……。 本記事では元釣具屋のTSURI HACKライターが、サビキ釣りの時期や釣れる時間について解説していきます。

サビキ釣りの時期ってどう選ぶ?

はてな

出典:pixabay

海は時期によって状況が変わるので、それに伴ってサビキ釣りの釣れ方も変わってきます。春夏秋冬それぞれの時期でどのような傾向が見られるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

数釣りを楽しむなら夏

夏は1年の中で最も数釣りを楽しめる時期です。

小型メインとなりますが、アジ、イワシ、サバに加え、様々な魚をサビキ釣りで狙うことができます。コマセに寄ってくる姿が見られるほど浅い水深に魚が集まりやすく、比較的どの時期よりも簡単に釣れます。

夏は魚が小さなことに合わせて、サビキの針サイズは3~4号の小さめのものを使いましょう。また帽子や長袖で日焼け対策を行い、熱中症に注意しながら釣りを楽しんでください。

中~大型狙いなら春か秋

サビキ釣りで中~大型狙いをするなら春か秋がオススメ!

春には産卵期を迎える大型のアジ、秋には夏の間に大きくなった中型アジやコノシロが狙えます。釣る時にはウキを付けてちょっと沖を狙ったり、底付近まで仕掛けを沈めたりして狙うのがコツです。

サビキの針サイズは魚の大きさに合わせて、5~8号を使い分けてみてください。

冬はオフシーズン

冬は水温が低下し海が荒れることも多いので、岸近くに魚があまり寄ってくることがありません。

そのためサビキ釣りはオフシーズンとなります。冬の間は道具をしっかり揃えたり、暖かい時期に向けて仕掛けの結び方を練習したりして過ごすのがおすすめです。

サビキ釣りに適した時間ってある?

サビキ釣りの画像

撮影:TSURI HACK 編集部

1日の中でサビキ釣りに適した時間は何度かあります。よく釣れる時間に集中すれば効率よく釣果を伸ばしていけるでしょう。以下でサビキ釣りに適した時間を解説します。

マズメの時間

サビキ釣りに適した時間

出典:PIXTA

マズメとは、朝や夕方の薄暗い時間のことです。太陽が上がり始めたころや沈みかけたころは、魚の活性が高くなるため釣りやすいです。特に暑さ厳しい夏は、涼しいマズメの時間に釣行してみるのがおすすめです。

潮がよく動く時間

制作:TSURI HACK編集部

サビキ釣りで釣れる魚は回遊魚がほとんど。回遊魚は潮が動いている時間にエサを追ったり、広範囲を泳ぎ回ったりします。

潮がよく動く時間は、干潮・満潮から約2時間後の「上げ3分・下げ7分」の時間帯です。干潮・満潮の時間は日によって変わりますので、潮汐表で上げ3分・下げ7分の時間がいつか確認してみましょう。

1 / 2ページ