【issei】AKチャンク。派手さはないが、いぶし銀なチャンク系。ポークと水中の動きを比較してみた

2021/04/15 更新

村上晴彦氏率いるisseiからリリースされているAKチャンク。「ポークを超えるべく設計されたチャンク」で、赤松 健氏監修の意欲作です。各部のディティールを紹介すると共に、ポークとの比較や、アクションチェックをしていきたいと思います。(ikahime)

一誠(issei) AKチャンク について

ポークリスペクトなチャンク系ワーム

AKチャンク
村上晴彦氏率いる一誠からリリースされているAKチャンク。「ポークを超えるべく設計されたチャンク」で、赤松健氏監修のワームです。

チョイスしたカラーは「#12 活エビ」でノンソルト仕様が特徴。ポークとの比較や、アクションチェックをしましょう。

スペック

NameAKチャンク
Length4in
Weight約10g
Color11色
Count5
Price968円(税抜)

フックセッティング

AKチャンク フック
推奨セッティングは、同社から販売されているAKラバージグや、マルチオフセット#2/0~4/0との組み合わせです。

手持ちのRYUGI インフィニ3/0サイズを合わせてみました。バルキーなボディなのでゲイプ幅の広いオフセットフックがマッチングしますね。

ITEM
カルティバ マルチオフセット

自重

自重は実測で塩入りが約15g、NS(ノンソルト)が約12.9グラム。NS(ノンソルト)仕様は大きめなシルエットの割に比重が軽いため、かなりのっそりと動きます。じっくりと見せたい時に良さそうですね。

ikahime
ジグトレーラーで使用する時、付けっぱなしでもフックが錆びにくいのも嬉しいです。

AKチャンクの特徴

太く存在感のあるボディ

AKチャンク 脚
ボディは非常に太く存在感のあるものです。また、太いリブはよく水を掴んでくれますね。

マテリアル

AKチャンク マテリアル
マテリアルはモチモチとした弾力のあるもの。耐久性が高く身切れしにくいので、ヘビーカバーもガンガン攻められます。

極太肉厚テール

AKチャンク テール
テールにはZ時状に切れ込みが入ることで、より自由度を増す構造をとっています。テロテロとしなやかに動き、ポーク特有の艶かしいアクションにも負けない仕上がりです。

6本の脚部

AKチャンク 脚
脚部は6本のパーツで構成。ピリピリとした微細なアクションを発生し、ポークには出せない動きをプラスしてくれます。また逆向きについているため移動距離を抑える役割もあります。

ikahime
パーツ設計の自由度の高さはワーム素材ならではですよね。

4インチだがボリューミー

AKチャンク ボリューム
4インチですが、ボディは太くテールも大きいので非常にボリューミーです。良型のみを狙い撃ちすることができますね。

ikahime
ただ大きいだけでなくテールのアクションも強いモーションなので、濁りが入った時に使いたいですね。

コンパクトサイズのジグにもマッチするサイズ感

AKチャンク ラバージグ
バルキーで強いワームなので、フルサイズのラバージグが似合います。ダイワのマルチジグSS1/2oz(写真左)と合わせてみました。

とはいえ、やや小さめのOSP ゼロスリーハンツ(写真右)に合わせても違和感のないマッチングです。

すり抜け重視ならテキサスリグも◎

AKチャンク テキサスリグ
ラバージグのトレーラーとしてだけでなく、テキサスリグやフリーリグでもイキイキとしたアクションを見せてくれます。

水中で大きく水を動かすため、カバーの中に入り込んだバスにも強くアピールしてくれるでしょう。

ikahime
存在感があるから、フリーリグやヘビーダウンショットリグでボトムを広範囲にサーチするのにも良いですね。

>>Next Page:ポークとの比較&スイム動画

ポークとの比較

ポークを超えるべく設計されたチャンク」ということで、手持ちのポーク(釣り吉ホルモン ピッグダディーJrHand Made Lure Brand SEED Twin Tail)と比較しました。

釣り吉ホルモン ピッグダディーJr

AKチャンク ピックダディー
釣り吉ホルモンの「ピッグダディーJr」との比較。往年の名作、アンクルジョッシュ ビッグダディをモチーフとしたピッグダディーJrはテロッテロに柔らかいポークで、超ヌメヌメとした生命体アクションがウリ。

天然素材のマテリアルが持つ雰囲気はワーム素材ではなし得ないモノです。ただし動きの艶かしさはAKチャンクもまったく負けておりません。

AKチャンク ピックダディー
ジグへセッティングした図。「ピッグダディー”Jr”」なのでややコンパクトにまとまります。

Hand Made Lure Brand SEED Twin Tail(シード ツインテール)

シード ツインテール
SEEDのTwinTail(シード ツインテール)との比較。SEEDのポークはやや硬めの仕上げで、レザーキーホルダーのようなフィニッシュが特徴。ワイルドな野性味溢れる風合いですね。

シード ツインテール
ジグをセッティングした図。一般的にポークワームをジグにセットする場合、先端部分にチョン掛けすることが多いです。そのため、全体のシルエットはサイズ以上に存在感が出ます。

AKチャンクもジグにセットすると、全長の半分以上を占める大きなテールのおかげでほぼ同様の存在感を出すことができます。

ikahime
以上、手持ちのポークとの比較でした。ポークには天然素材ならではのチカラがありますが、AKチャンクも動き&存在感で引けをとりません。また、ポークは保存や乾燥に気を遣いますが、その心配がいらないというメリットもあります。

アクション動画



AKチャンクのアクション動画です。バタバタと良く暴れ、テールがバタバタと水を大きく“キック”しているのがおわかりいただけると思います。

ハードルアーでは反応しきれないような状況で、いわゆるジグストのように中層をスイミングさせてもおもしろいかもしれませんね。

AKチャンクでビッグバスをGETしよう

AKチャンク ジグ
ポークの良さを継承しつつ、ワームならではのメリットも備えたAKチャンク。ポークを使ってみたいけどなんとなくハードルが高いな..…と思っているアングラーにぜひ試してみて欲しいワームに仕上がっています。

ITEM
issei AKチャンク 4インチ
サイズ:4インチ
入り数:5本


 
撮影・文:ikahime

ライタープロフィール

ikahime
「バス釣り情報発信サイトikahime(イカヒメ)」を運営するikahimeです。ザ・アマチュアアングラー目線で、釣行記や製品レビュー等を書いています。リールカスタム、レンタルボートが大好き。バスはあまり釣れない、いわゆる「道具バサー」。

 


ライター記事一覧はこちら

関連記事

紹介されたアイテム

カルティバ マルチオフセット
issei AKチャンク 4インチ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!