20メタニウムは買ってソンなし?16MGLからの進化と充実のスペックを検証します!

2020/06/30 更新

「20メタニウム」をインプレ。シマノのベイトリールの中でも人気の高いメタニウムシリーズがモデルチェンジを果たしました。今回の目玉は、「強靭コアソリッドボディ&低慣性マグナムライトスプールⅢ搭載」ということ。はたしてどんなリールに仕上がっているのでしょうか?16MGLとの比較も合わせ、検証したいと思います!(むっちん)


20メタニウムの魅力を解剖!

20メタニウム
2020年。待望のモデルチェンジとなった、シマノの新作ベイトリール「20メタニウム」。

メタニウムはもともと大好きなリールで、前作の「16メタニウムMGL」はもちろん、歴代のほとんどを使ってきました。

むっちん
こんにちは、むっちんです!

このシリーズはとにかくバーサタイル性に優れており、ミドル級クラスのルアーが使いやすい印象。20メタニウムはどんなリールなのでしょうか? 早速インプレしていきます。

購入した「20メタニウム HG」のスペック

20メタニウム パーミング
 
品番ギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)スプール寸法(径mm/幅mm)ナイロン糸巻量(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長(mm)ベアリング数 BB/ローラー本体価格(円)
HG RIGHT7.15.017534/1912-100、14-90、16-80、20-65764210/144,100
HG LEFT7.15.017534/1912-100、14-90、16-80、20-65764210/144,100
 
スペックを見る限りでは「16メタニウムMGL」とさほど変わらず、バーサタイル性が高そうな印象です。

しかし、このリールの魅力はスペックには表記されない、「強靭コアソリッドボディ」×「低慣性マグナムライトスプールⅢ搭載」であること。

むっちん
商品のキャッチコピーでもある、“軽さと強さは、ひとつになれる。”は実現されているのか? その点にも注目です!


▼20メタニウムの詳しいスペックについてはこちらの記事をどうぞ。

発売前の評判は上々

20メタニウム 評判
20メタニウムは発売前から様々なバスプロが紹介しており、SNS上でも「早く使ってみたい」など評判は上々。

なにせ「19アンタレス」と同じスプールを搭載し、しかも自重は175g。コアソリッドボディで堅牢性も高いという……ラーメン屋のトッピングで言えば、“全部乗せ”状態

むっちん
現状、16メタニウムMGLで困ったことはないのですが、このシリーズは買って後悔した記憶がない。気になるし買ってみようかな、という軽いノリで手にしました笑

20メタニウムはこんなリールです

ガンメタのカラーリングがシブい!

20メタニウム カラーリング
前作(16メタニウムMGL)の白っぽいシルバーから一転、20メタニウムはガンメタで暗いトーンのシブいカラーリングが施されています。

個人的には前作のカラーが気に入っていただけに、少々残念ではありました。しかし、傷が目立ちにくいのは高ポイント。きっと、半年もすれば見慣れてしっくりくるものです。

「MGLスプールIII」による、伸びやかなキャストフィール

MGLスプール
マグナムライトスプール III」が搭載したことによる、キャストフィールの良さに期待したいところ。

実際に投げてみると、スプールの立ち上がりが良く、シマノ機独特の“キャストの伸び”を感じました。特に中〜軽量ルアー(9〜12g程度)とは相性抜群でしょう。

むっちん
冷めたことを言えば「19アンタレス」とスプールが同じであるため、すでにアンタレスを所有している人にとっては、それほど驚きはない……と言うのが率直な感想でした。

巻き心地はシルキー

20メタニウム 巻き心地
リールにおいて重要視される巻き心地は、「マイクロモジュールギア」を搭載したことで、とってもシルキーに。

噂によるとマイクロモジュールギアは消耗しやすいみたいなので、手入れは細目にやらないとゴリ感が現れてくる可能性も否定できません。

剛性感は高そう

20メタニウム 剛性
今回の20メタニウムに搭載された大きな特徴「コアソリッドボディ」が、ボディの剛性感を高めてくれています。

前作と比較し、より“金属の塊感”が増した本作。これが「=壊れにくい」ということに繋がっているのかは、長期間使い続けないことには断定できません。

しかし、自重175gでコアソリッドボディを実現したことに、シマノの本気を垣間見たことは事実。

むっちん
既存の機種で言えば、おなじくコアソリッドボディを搭載したバンタムMGLの自重は215g。合わせるロッドによってはこの重量の差が、タックルバランスに大きな影響を及ぼしそうです。

サイズ感とパーミング性はコンパクトそのもの

20メタニウム コンパクト
握り込んでみると、そのサイズ感は「19アンタレス」とよく似ています。当然ながらパーミングはしやすい。

本作を触った後に前作(16メタニウムMGL)を触ると、とてもゴツく感じました。掌の小さい日本人に合わせた設計なのかもしれせんね。

 
>>Next Page:前作16MGLとの比較。進化はどこに?

16メタニウムMGLとの比較

20メタニウム ボディ
写真の通り、俯瞰で比較すると一目瞭然。16メタニウムと比べると20メタニウムは全体的にコンパクト化されています。

ネット上ではこのサイズにより、ジャーキングがトゥイッチがやりやすくなったなどの声もチラホラ。

個人差はあると思いますが、実際に自分自身もパーミングのしやすさを感じました。特に手が小さい方にはおすすめです。

サイドカバーが開けにくい

20メタニウム カバー
16メタニウムはレバーを「OPEN」方向へスライドさせるだけで開閉できました。

20メタニウム スプール
20メタニウムはダイヤルケースを回すことで開閉。これが慣れないとちょっと面倒……。

念ため水辺付近でやるのは避けたほうがいいです。水中へ落下させる可能性もあります。陸地かなるべく安全なところで外しましょう。

外部ダイヤルが大きくなり、ブレーキ設定がよりイージーに進化


16メタニウムMGLでブレーキを設定する際は、はサイドハッチ前方の小さなダイヤルを回す必要がありました。

20メタニウム カバー 20モデルではバンタムMGLと同様、大きめのダイヤルに変更されています。

むっちん
かなり小さかった前作の目盛り。20モデルでは大きく表示されているので、より細かく設定ができるように感じます。単純に「見やすいく、調整しやすい」という、ユーザー目線に寄り添った設計がいいですね。

10g以上のルアーなら16メタニウムに軍配か?

16メタニウム
16メタニウムMGLに搭載されている「マグナムライトスプールII」の良さが生きてくるのは、10g以上のミドルクラスだと感じでいます。

もしすでに前作をお持ちであれば、ルアーウェイトによって使い分けてみてもいいかもしれません。(最新機種が全てにおいて勝っているとも限らないのが、釣り道具の面白いところですね)

むっちん
10〜21g程度のルアーをメインに使うアングラーなら、16メタニウムMGLが良いかと。ひょっとしたらバンタムMGLとの明確な差別化をするために、20モデルはより軽量ルアーに振り切ったのかもしれませんね。

10g以下のルアーや軽めのワーミングなら20メタニウム

20 メタニウム
こちらも個人的な主観にはなりますが、10g以下のルアーや5〜9g程度のシンカーを使った軽めのワーミングなら、20メタニウムに分がありそう。

旧機と比較して、10g以下のルアーに対してのスプールの立ち上がりが良いと感じました。

ボディが小さいので細かなアクションも付けやすく、ライトウェイトの釣りを快適なものにしてくれそうです。

むっちん
軽めのルアーをメインに見据えたゲームを展開する人には、この上ない機種と言えるでしょう。

まとめ)20メタニウムは軽量バーサタイルリール

20メタニウム まとめ
コンパクト化することによりメリット・デメリットはあるものの、やはりクセがなく使いやすいリールには変わりありません。

とくに10g以下のルアーや、軽めのワーミングがメインのアングラーであれば、本機は買って損なしのリールでしょう。

MLクラスのロッドと組み合わせて、ライトウェイトのプラッキングを楽しむ。そんな釣りで最高のフィーリングとパフォーマンスを魅せてくれますよ。

むっちん
以上、現場からの報告でした。それではまた!


ITEM
シマノ 20 メタニウム HG RIGHT (右ハンドル )
ギア比:7.1
最大ドラグ力(kg):5.0
自重(g):175
スプール寸法(径mm/幅mm):34/19
ナイロン糸巻量(lb-m):12-100、14-90 16-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):76
ハンドル長(mm):42
ベアリング数BB/ローラー:10/1

撮影・文:むっちん

ライタープロフィール

むっちんむっちん
九州熊本県在住。毎日ウキウキしながらフィールドへ足を運びバス釣りしています。フィールドへ足を運ぶからこそ、感じること・学べることがあると思っています。

僕なりにバスフィッシングの楽しさ、魅力、素晴らしさをお伝えできればと思っています。モットーは「明日はもっと釣れる」。

ライター記事一覧はこちら

関連記事


紹介されたアイテム

シマノ 20 メタニウム HG RIGH…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
mucchin
mucchin

こんにちは!むっちんです(^^ゞバスフィッシングが大好きで毎日フィールドへ足を運んでいます。バスフィッシングの素晴らしさ、役立つ情報をお伝えできるよう頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。モットーは『明日はもっと釣れる』です(^^♪

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!