エリアトラウトリールの選び方をリールマニアが徹底解説

2019/12/09 更新

手軽さと繊細さで東日本を中心に人気があるエリアトラウト 。実は、リール選びが重要ってご存知ですか?今回は、エリアトラウト歴8年のリールマニアがリール選びを解説します。


アイキャッチ画像提供:佐藤稜真

奥が深いエリアトラウトリール

エリアトラウトリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
手軽に始められて、奥の深さもあるエリアトラウト 。実は、エリアトラウト ってリール選びが大切なのをご存知でしょうか?

そこで今回は、エリアトラウト歴8年のリールマニアが、リールを選ぶ時のポイントとおすすめリールを解説します。

これさえ読めばエリアトラウトのリール選びはバッチリです!

エリアトラウトリールを選ぶ際のポイント

エリアトラウトリールの画像
提供:佐藤稜真
エリアトラウトリールを選ぶ際は、4つのポイントに注目してみてください。

各ポイントごとに見るべきところを解説します。

巻きの軽さ

エリアトラウトリールの画像
提供:佐藤稜真
エリアトラウトで釣果を伸ばすためには、小さいアタリをどれだけキャッチできるかが重要です。

同じルアーフィッシングでもブラックバスやシーバスと比べると、トラウトは極端にアタリが小さい魚。

また、スプーンなどのトラウト用ルアーは波動が小さく、リールの回転が重いとルアーの動きや魚のアタリを感じにくくなります。

そのため、お店でリールを巻き比べてみて、予算の範囲でなるべく回転が軽いリールを選んでください。

自重の軽さ

エリアトラウトリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
エリアトラウトで使われるロッドは、短くて軽いことが特徴です。また、ルアーも軽いものだと0.4グラムほどのものを使います。

3グラムのルアーですら重いと言われるエリアトラウトにおいては、リールも軽いものを選ぶのがセオリーです。

ルアーが軽くてラインも細く、エリアトラウトはリールに大きな負荷が掛からないため、剛性よりも自重の軽さを重視してください。

ギア比

エリアトラウトリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
筆者のおすすめは、ローギアもしくはノーマルギアです。

エリアトラウトではルアーが動くギリギリの遅さで巻くことがセオリーなので、ハイギアよりもローギア・ノーマルギアが使いやすいと思います。

ハイギアモデルは2台目以降に、ミノーイングやプラグ用として選択するのがおすすめです。

糸巻き量

エリアトラウトリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
一般的なフィールドでは、ナイロンラインの3ポンド前後を巻くことが多いでしょう。

中にはフロロの1ポンドを使用するアングラーもおり、使用するラインが細いこともエリアトラウトの特徴です。

糸巻き量は、ナイロン3ポンドもしくは2.5ポンドを100メートル程度巻ければ十分です。

深溝スプールのモデルは、下巻きを施したり、エコノマイザーを装着したりして使うことになります。

エリアトラウト専用リール編

エリアトラウト専用リールの中から、おすすめの2台を選んでみました。

プレッソ LTD 1025(ダイワ)

ITEM
ダイワ プレッソ LTD 1025
自重:155g
ギヤ比:4.8
ベアリング数(本体):12ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:最大 2kg
糸巻量1:ナイロン 2.5lb-100m、3lb-90m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):60cm

ダイワのエリアトラウト専用リールの最高峰モデルです。リミテッドの名は伊達ではなく、ボディにもローターにもザイオン素材を採用。

また、ベアリングが12個も入っているのも逃せません。

回転が軽く、軽量で、感度もよく、まさにエリアトラウトリールに特化したリールです。

カーディフ CI4+ 1000S(シマノ)

ITEM
シマノ カーディフ CI4+ 1000S
自重:170g
ギヤ比:5.0ベアリング数(本体):9
ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:実用 1.0kg/最大 3.0kg
糸巻量1:ナイロン 2.5lb-140m、3lb-100m、4lb-90m糸巻量2:フロロ 2lb-170m、3lb-95m、4lb-75m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):最大 66cm

カーディフCI4+はプレッソLTDよりもお買い得なモデルです。

ベアリングは9個、自重は170グラムと、カタログスペックでは劣るものの、巻きの軽さは特筆もの。

また、ドラグが細いライン専用にチューンされているのもGOOD。珍しくコルクノブが標準装備されていて、外観も個性的に仕上がっています。

汎用リール編

なにも、エリアトラウトは専用リールがなければ楽しめない釣りではありません。

海釣りなどの、その他の釣りともリールを共用することはできます。汎用リールの中からエリアトラウト向いたリールを選んでみました。

ダイワ バリスティックFW LT1000S-P

ITEM
ダイワ バリスティック FW LT1000S-P
自重:160g
ギヤ比:4.8
ベアリング数(本体):7ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:最大 5kg
糸巻量1:ナイロン 2.5lb-100m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):60cm

バリスティックの魅力は、なんと言ってもローター。ハイエンドモデルのイグジストと同等のローターを積んでおり、巻きの軽さは一級です。

ベアリングは7個ですが、自重はプレッソLTDに迫る160グラム。ドラグにベアリングを追加すれば、ほぼ完璧なスペックだと思います。

巻きが軽くてコスパが良いリールが欲しいという方には、おすすめのリールですよ。

シマノ ヴァンキッシュ C2000SSS

ITEM
シマノ ヴァンキッシュ C2000SSS
自重:145g
ギヤ比:5.1
ベアリング数(本体):11ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:実用 2.0kg、最大 3.0kg
糸巻量1:ナイロン 2lb-115m、2.5lb-100m、3lb-70m糸巻量2:フロロ 2lb-90m、2.5lb-80m、3lb-65m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):69cm

リールマニアの一押しリールが、ヴァンキッシュです。金属ボディを採用しながら、自重はなんと145グラム!

ベアリングも11個入っており、スペック上の不足は皆無です。

超軽量なローターや、ノイズを徹底的に廃した駆動システムにより、1グラム未満のスプーンでも明確に波動を感じられる仕上がりです。

巻きが命

エリアトラウトリールの画像
提供:佐藤稜真
エリアトラウトの釣りは、とにかく巻きが命です。リールを購入する際は、釣具屋さんで実際に触ってから購入することを強くおすすめします。

リール選びに悩んだ際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

筆者について

佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

関連記事



 

紹介されたアイテム

ダイワ プレッソ LTD 1025
シマノ カーディフ CI4+ 1000S
ダイワ バリスティック FW LT100…
シマノ ヴァンキッシュ C2000SSS
エリアトラウトリールの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

佐藤 稜真
佐藤 稜真

TSURI HACK随一のリールマニア。特にスピニングリールをこよなく愛する気鋭の若手ライター。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!