リールのギア比をおさらいしよう!特性に合わせた釣り方をチェック

2020/05/15 更新

リールを選ぶ際にひとつの目安となるギア比。意外と特性を知らないで使っているアングラーも多いのではないでしょうか。今回は、それぞれのギア比の特徴と、これから釣りを始める入門の方におすすめなギア比のリールをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

リールのギア比とは

リールのギア比
出典:シマノ
各メーカーのリールスペック表記に必ず表示されているギア比。リールのギアはリールの中にある歯車状になっているパーツで、動力を伝達するための部品です。スピニングリール、ベイトリールどちらにも内蔵されています。例えばベイトリールのギア比は、ハンドルを一回転させたときにスプールが回転する比率を指します。

巻き取り長さとギア比の関係

ルビアス スペック 比較
制作:TSURI HACK 編集部
スピニングリールではハンドル一回転に対し何センチラインが巻けるかを基準に考えればわかりやすいと思います。現在では巻き取り長さが1メートルを超えるハイギアのモデルも発売されています。釣り方や対象魚によって選び方は変わりますので、リールを選ぶ際は必ずスペック表記を確認しましょう。

ハイギアとローギアの特性

イグジスト 画像出典:ダイワ
一般的にスピニングリールはギア比が5.5を超えるとハイギアリールと呼ばれます。ベイトリールは7.1~がハイギアモデルとなります。一例として2500Hや3000Hという頻繁のHがハイギアを表す表記となります。それぞれの特性をご紹介します。

ハイギアの特性

アンタレス 画像出典:シマノ
一般的なハイギアリールの特性は、一回転による巻き取り量が多い為、手返し良く釣りができる。それにより高速巻きなどの釣りの展開ができる。一気にルアーの回収ができる事、糸ふけを巻けるという特性があります。

ローギアの特性

ローギア 特性 画像出典:PIXTA
ローギアとノーマルギアの特性としては、車の2速と4速と同じ理屈で、巻く力が強いことがあげられます。その為、抵抗の強いルアーを使った時でも巻き心地が軽く、一定の速度で巻きやすいという特性があります。

ハイギアリールに合った釣り方

ハイギア イラスト 画像出典:Amazon
ハイギアリールに適した釣り方の一例をご紹介します。釣り方を参考に自分がどういった釣りをしていきたいかを考えてみましょう。

カバー撃ち

琵琶湖 アシ出典:PIXTA
ハイギアのリールに合った釣り方としてバスフィッシングでボートから展開するピッチングゲームがあげられます。手返しの早さを活かしたカバー撃ちにはハイギアリールがマッチします。回収が早い為、より多く手数を撃つことができます。フロッグゲームなど、誘う範囲が狭い釣りにも回収スピードの速いハイギアがマッチします。

高速巻き

高速巻き 画像出典:シマノ
シーバス釣りでよく用いられるテクニックにミノーの高速巻きがあります。スレた魚に有効でより広い範囲を手返し良く高速巻きで探っていくことができます。アングラーが一生懸命巻かなければならないので、ローギアでは難しい釣りの展開です。

ローギアリールに合った釣り方

ローギア イラスト出典:シマノ
ローギアリールに適した釣り方の一例をご紹介します。巻き心地の軽さを活かした釣り方が向いています。

巻物

巻き抵抗の大きいルアーを一定速度で巻きやすいので、クランクベイトやスピナーベイトなどの巻物を使う釣りに向いています。巻き心地も軽いので一日投げ通す時などはハイギアよりもローギア、ノーマルギアの方が使いやすいです。

ジギング

ジギング 画像出典:シマノ
ジギングやエギングのようにしゃくりを多用する釣り方の場合、ローギアの方が巻き取りすぎという事がなく、ルアーに余計なアクションをつけにくくなります。巻き取る力も強いので、大物とのファイトではローギアタイプが向いていると言われています。

入門者におすすめのモデル

対照する魚種や釣り方によっても様々な見解はあるかと思いますが、入門者におすすめのモデルとしてはローギア・ノーマルギアモデルをおすすめします。理由としてはスローな釣り方がしやすく、巻く力が強い。釣りの幅が広がってきて、必要を感じたらハイギアモデルも試してみると互いの特性をより理解できると思います。

スピニングリール

入門者にもおすすめなリールをご紹介します。価格帯も比較的安く、使い勝手の良いローギア、ノーマルギアモデルとなります。
ITEM
シマノ 17セドナ1000
ギア比:5.0
自重:215g
最大ドラグ力:3kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):1.5‐130、2‐100
PE糸巻量(号-m):0.8-240、1‐190


ITEM
ダイワ 20レブロス LT2500S
ギア比:5.3
自重:220g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻き量(lb‐m):4-150
PE糸巻量(号-m):0.6-200




ITEM
ダイワ 17リバティクラブ 3000
ギア比:4.7
自重:295g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:72cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):3‐200、4‐150
PE糸巻量 (号-m):1.5-300、2-250


ITEM
シマノ 19ストラディック 4000
ギア比:5.3
自重:280g
最大ドラグ力:11kg
巻取り長さ:77cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):3.5‐170、4‐150
PE糸巻量 (号-m):1-490、1.5-320


ITEM
アブガルシア OCEANFILD 5000
ギア比:4.8:1
自重:381g
最大ドラグ力:9kg
巻取り長さ:76cm
ナイロン糸巻き量:0.405(22lb)-150m
PE糸巻量-3号-240m

遠投に使う安いリールを探していたところ見つけました。大きさの割に安く、リーリングもスムーズです。期待通り。



ベイトリール

入門者にもおすすめのベイトリールをご紹介します。価格帯も比較的安く、使い勝手の良いローギア、ノーマルギアモデルとなります。
ITEM
シマノ バスワンXT
ギア比:6.2:1
自重:220g
最大ドラグ力:4.5kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):3‐165、4‐120

10年ぶりにベイトリールを買いましたが、値段と性能に驚愕しました。何の不満もありません。文句なしの星5つです!



ITEM
アブガルシア ベイトリール 16 BLACKMAX
ギア比:6.4:1
自重:202g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻き量(lb‐m):14‐130

前のブラックマックスに比べ今回のは、一段と使いやすくパーミングもしやすい、手の小さい人のもお勧めです。5グラムぐらいのジグなども軽くなげられ、今流行のフィネス釣りなど扱いやすいです。



ITEM
テイルウォーク ELAN PR 54R
ギア比:5.4:1
自重:198g
ナイロン糸巻き量(号‐m):3‐100

使用していてですがバックラッシュはあまりしなくエラン同様に使いやすい思いました。
初心者でも慣れれば使いやすいとおもいます。



ITEM
ダイワ タトゥーラ SV TW 6.3R
ギア比:6.3
自重:200g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:65cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):4‐80

2万以下の性能ではない。イ~ジ~スキッピングが本当に誰でも出来ます。33ミリスプールになったことで、こんなにも使い易い物なのかとビックリしています。使い初めて3日ほどですが、今までにここまで愛着がわいてきたリールはありません。



ITEM
シマノ 17 スコーピオン DC 100
ギア比:6.3
自重:215g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:67cm
ナイロン糸巻き量(号‐m):3‐120、4‐85

サンデーバサーの自分がキャストしてもよく飛び、バックラッシュしません。初心者は先ずこれを使うべき。3万以下でこの性能は文句なしです。


ギア比を理解し釣りの幅を広げよう!

釣り 満喫 画像出典:PIXTA
リールのギア比のはそれぞれの特性を持ち合わせます。同じターゲットの釣りでも釣り方を変えるとギア比の使い分けをする必要性を感じることもあるでしょう。ハイギア、ローギアの特性を知ったうえで釣りの幅を広げていきましょう。

▼【種類別】売れ筋のリールを厳選!


紹介されたアイテム

シマノ 17セドナ1000
サイトを見る
ダイワ 20レブロス LT2500S
サイトを見る
ダイワ 17リバティクラブ 3000
サイトを見る
シマノ 19ストラディック 4000
サイトを見る
アブガルシア OCEANFILD 500…
サイトを見る
シマノ バスワンXT
サイトを見る
アブガルシア ベイトリール 16 BLA…
サイトを見る
テイルウォーク ELAN PR 54R
サイトを見る
ダイワ タトゥーラ SV TW 6.3R
サイトを見る
シマノ 17 スコーピオン DC 100
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!