【シーン別】今選びたいシマノ製ライフジャケット、フローティングベストはこれ!

小型船舶に乗る際に、身に付けることが義務付けられたライフジャケット。そして、ショアからの釣りに欠かせないフローティングベスト。シチュエーションや釣り方によって最適な製品が販売されています。今回は、シーンごとのライフジャケットの選び方とそれぞれのシーンでおすすめのシマノ製ライフジャケット、フローティングベストをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:楽天市場

ライフジャケットとフローティングベストの違いとは

フローティングベスト 着用型救命具は、主にライフジャケットとフローティングベストに分類され、シチュエーションによってはいずれかの利用が義務づけられていることもあります。万が一、落水してしまった際に自らの命を守るとても重要なアイテム。まずは、それぞれの違いから押さえていきましょう。

ライフジャケットとは

ライフジャケット
出典:AMAZON
主に、遊漁船で釣りをする際に着用が義務付けられているのがライフジャケット。平成30年2月には、関係法令が改正され、すべての小型船舶に乗船する者にライフジャケットの着用が義務化されました。

全ての小型船舶で使えるものから水上バイクなどの特殊小型船舶を対象としたものなどの「A・D・F・G」の4グレードに分かれています。詳細は、国土交通省の「あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ」より確認できますが、釣りでの利用であれば、どの海域でも使うことができる「A」のグレードを選ぶことをおすすめします。

また、国土交通省が認定試験を行い、安全基準に合格できた製品に桜マークが付与されます。遊漁船に乗船する際は、この認定品を着用しなければなりません。ただし、例外も認められており船室の中に居たり、遊漁船で磯渡しなどを行う場合など、一定の条件下では適用除外となります。

フローティングベストとは

フローティングベスト
出典:AMAZON
フローティングベストは、レジャー用ライフジャケットとも呼ばれており、一般にショアからの釣りで着用するための製品です。

素材はおもに発泡剤などを用いたものが多く、ライフジャケットに用いられる【膨張式】タイプに比べ、耐久性が高く、破裂なども起きにくいことが特徴。磯場から転落してしまった際の衝撃を和らげてくれる意味でも重宝されています。

現状では、小型船舶の法定備品としての利用はできませんが、渡船の際には着用が認められています。また、製品の浮力ごとに、L1〜L3(数字が1に近くなるほど浮力が高い)などのランク分けがされているため、釣りをする環境に合わせて最適な浮力の製品を選ぶ必要があります。


遊漁船での釣りにおすすめのライフジャケット

遊漁船での釣り ライフジャケットには、浮力体に発砲プラスチックなどの固型物を使用している【固型式】と、炭酸ガスを用いて膨らませる【膨張式】の2種類がありますが、昨今では【膨張式】が主流となりつつあります。

【膨張式】は、水に浸かると自動的に膨らむ【自動式】と、手動で紐を引くことで膨らむ【手動式】に分かれます。【自動式】は、落水時の困難な状況でも自動的に膨らむので安心できる反面、誤作動のリスクが付きまといます。その点、【手動式】は誤作動の心配がなく使用できるといったメリットがあります。

さらに、【膨張式】には、マフラーのように首から下げる「首掛け式タイプ」、着用感が少ない「腰に巻きタイプ」の2種類があります。これらは、好みや着用感に合わせて使い分けるといいでしょう。

遊漁船での釣りにおすすめのシマノ製フローティングベスト

落水時、自動的に膨張する腰巻タイプでU字型の空気層が脇の下から身体を持ち上げ、首から上を常に浮いている状態に保ちます。国土交通省型式承認で遊漁船での利用が可能。
ITEM
ラフトエアジャケット(ウエストタイプ・膨脹式救命具) VF-052K
カラー:ブラック/レッド/XEFOミッドナイトブルー/チャコールピンク/ライトグレー/カーキチャコール
サイズ:フリー(腰回り/60-105cm)


立体構造により首から肩にかけて馴染むフィット感、ズレ下がりを防止。国土交通省承認のタイプaで、小型船舶の全ての航行区域で法定備品として使用できます。
ITEM
ラフトエアジャケット(膨脹式救命具) VF-051K
カラー:ブラック/レッド/XEFOミッドナイトブルー/チャコールピンク/ライトグレー/カーキチャコール
サイズ:フリー(胴回り最大/130cm)

使うことがないのが1番ですが、やはり安心感のあるメーカー品が一番よいですね。


磯フカセ釣りで使うフローティングベストの選び方

磯フカセ釣り 磯フカセ釣りに使用されるフローティングベストには、一般的に小物類を収容できるポケットが付いていたりと、フィッシングベストの機能性を持たせたものが多いのが特徴です。また、磯場で行うフカセ釣りは、足場が安定せず、常に危険が伴う釣りであるため、浮力材の入った耐久性のあるものを使用することが一般的です。

主なタイプとしては、首周りに襟のようなものが付いた【枕付き】タイプと、何も付いていない【枕なし】タイプの2種類があり、【枕付き】タイプは、落水時にしっかり首が固定され、安定した状態を保てるといった特徴があります。反対に、【枕なし】タイプでは、首回りがすっきりし、ストレスなく動くことができるといったメリットがあります。

磯フカセ釣りにおすすめのシマノ製フローティングベスト

フラグシップモデルならではの存在感あるデザインが印象的。釣り人の動きを科学の視点から分析した新設計【COREACT】を採用しているため、磯フカセ釣りにおけるロッドワーク、コマセワークをしやすい設計です。【Boa®システム】というサイズ調整機能が備わっていてダイヤルを回すだけで、素早くサイズ調整をすることができます。
ITEM
EXUS FLOATING VEST LIMITED PRO(枕付) VF-111Q
カラー:リミテッドブラック/ブラッドレッド/BB-Xホワイト
サイズ:M/L/XL/2XL


上記と同様に、新設計【COREACT】を採用しているため、磯フカセ釣りに必要な動作がしやすいモデルです。収納力に関しても上位機種のように使いやすさを配慮した配置、素早い開閉を可能にした斜め配置センターポケットが搭載されています。
ITEM
NEXUS フローティングベスト EX VF-121R
カラー:ブラック/レッド/ブラックパープル
サイズ:M/L/XL/2XL


動きやすいように左右共2分割、背中を3分割にカッテイングされたフォルムと背中の通気性を高める2WAYシステムが採用されている枕付きタイプのフローティングベストです。
ITEM
NEXUS フローティングベスト(枕付)VF-131Q
カラー:ブラック/レッド/シルバー
サイズ:L/XL/2XL



ルアーフィッシングにおすすめのフローティングベスト

ルアーフィッシングでは、サーフ、磯、ウェーディング、堤防など様々なフィールドで行うことが多く、それぞれのフィールドに最適化された製品を選ぶとより快適に釣りを楽しむことができるでしょう。

ここでは、シチュエーション別に、様々な状況に適したフローティングベストの選び方と、おすすめのシマノ製フローティングベストをご紹介していきたいと思います。

サーフで使うフローディングベストの選び方

サーフでの釣り
撮影:TSURI HACK編集部
サーフを移動する際に気になるのが、砂や潮による汚れ。乾いてしまうと、ベタつきや塩跡の原因となるため、できるだけ拭き掃除などがしやすいターポリンなどの素材を使用した製品を選ぶようにしましょう。

また、広大なフィールドをフローティングベストとロッドのみで歩いて行くため、機動性はもちろん、収納力・携帯性にも長けたフローティングベストがおすすめです。

 

▼サーフにおすすめのシマノ製フローティングベスト

砂の付きにくいターポリン素材で、フローティングベストの下部を覆うことにより、釣行後の手入れがしやすくなっています。また、広大なサーフをラン&ガンしていくアングラーの機動力を高めるために、【COREACT】という動きやすさを配慮した設計になっています。

また、【Boa®システム】というサイズ調整機能もついているため、実釣までの時間を短縮することができます。収納力も高くなっているため、サーフでの釣りに必要な道具一式をフローティングベストに入れて釣行をすることができるでしょう。
ITEM
XEFO・トリッパーゲームベスト VF-275R
カラー:ネイビー/サンドグレー
サイズ:M/L/XL/2XL

ロックショアで使うフローティングベストの選び方

ロックショアでの釣り
撮影:TSURI HACK編集部
足場が悪い環境で行うロックショアでのルアーフィッシング。無理な体勢でのキャストやランディングを強いられることや、突然高波が来た時に、素早くその場を退避しなければならないこともあります。

そのため、フローティングベストは、できる限り機動力が高い製品を選ぶようにしましょう。具体的には、小物類などを手元で操作できる収納スペースは必要最小限に抑え、とにかく動きやすさを重視したライフジャケットがおすすめです。

また、磯での落水は、膨張式の場合だと岩肌や根に擦れてすぐに破裂する危険が伴うため、発泡剤などの浮力体入りのものを選びましょう。

▼ロックショアにおすすめのシマノ製フローティングベスト

ロックショアでの機動性、利便性を配慮し、前面の大型ポケットを無くし、プライヤーポーチ・グローブホルダーといった必要最低限の小物のみを収納できる設計となっています。

大きい道具に関しては、バックパックに入れて持ち運ぶことを前提に設計されていて、ショルダーベルトがずれ落ちないよう、肩に滑り止めなどがついていることも魅力の一つです。

また、正面ポケットと背面の素材をターポリンで作っていることにより、帰宅後の拭き掃除もしやすくなっています。
ITEM
XEFO・ROCK TRAVERSE VEST VF-297Q
カラー:ブラック/サンライズブラック
サイズ:フリー(裾囲最大/145cm)

ウェーディングでの釣りにおすすめのフローティングベスト

ウェーディングでの釣り 水に浸かるウェーディングでの釣りに使うフローティングベストは、水はけが良いメッシュ素材を使ったポケットが搭載されている製品がおすすめ。さらにできる限りショート丈の方が水の中に浸かる範囲が狭くなり、水の抵抗を受けにくくなります。

また、ルアーや小物類も余すことなく持ち運べる収納力も外せない条件の一つです。

 

▼ウェーディングにおすすめのシマノ製フローティングベスト

ディープウエーディング対応のショート丈モデル。こちらに関しても【COREACT】、【Boa®システム】を搭載し、機動性、利便性ともに優れたフローティングベストとなっています。

全面ポケットの底には、水捌けを考慮したメッシュ素材を採用さていることも特徴です。そのほかにプライヤーホルダーなどに加え、ツールホルダー、D環が9個装備された、収納力もモデルとなっています。
ITEM
XEFO・アクトゲームベスト VF-274R
カラー:タングステン/ブラック
サイズ:M/L/XL/2XL

早速着てみましたが非常に軽く、腰周りの幅もダイヤルで簡単に調整できるので使いやすくおすすめです。




幅広いシーンで使うフローティングベストの選び方

ルアーフィッシング 堤防や磯、サーフ、ウェーディングなど幅広いシーンでの利用を想定したフローティングベストもあります。このような製品を選ぶときは、機動性はもちろん、水はけや収納力など、総合的に判断して購入を検討するのが良いでしょう。

また、D環が多く付いているフローティングベストの方が、ポーチやドリンクホルダやフィッシュグリップ、ポーチなどを好きな箇所に取り付けることができるので、フィールドに合わせたカスタムがしやすくなります。

 

▼幅広いシーンにおすすめのシマノ製フローティングベスト

収納力が高く、基本的な機能が詰まったフローティングベストと言えばこれ!汚れを拭き取りやすいターポリン、水はけが良いメッシュ素材の双方が使われています。

また、肩への負担を軽減する【パワーホールディングシステム】という機能や、体へのフィット感を向上させる【ボディーホールドシステム】などが搭載されていることも、魅力の一つです。
ITEM
XEFO・TACKLE FLOAT Jacket (basic) VF-272N
カラー:ブラック/プラチナ/ネイビー
サイズ:フリー

ライフジャケットは生死を分ける命綱

ライフジャケット背面 一度落水してしまうと、陸まで這い上がれる保証はどこにもありません。実際にライフジャケットを着用していて、九死に一生を得た多数の釣り人が居るのも事実です。釣りに行くときは、必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。

シマノ フローティングベスト
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
Angler@ライター
Angler@ライター

渓流からバス釣り、シーバス、ロックフィッシュ、五目釣りからチヌのヘチ釣りまで、ジャンルを問わず関東地方のフィールドを釣り歩いています。子供の頃から大の釣り好き。今までの経験を元に釣りの楽しさや魅力を多くの人に伝えていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!