釣りをしていてよかったこと

釣りをしていて良かったぁ!“ありがたみを感じる瞬間”20連発

魚釣りをしていてよかった! 釣果に恵まれても恵まれなくてもこの思いは変わりません。

今回は怪魚ハンター山根がチョイスする「釣りが好きでよかったー!」と感じる瞬間をご紹介!

目次

魚釣りを趣味にして良かった!と思うコトを振り返ります

海外でのバスフィッシング

釣りをしたことのない人からよくこんな言葉を掛けられます。

『美味しい魚はスーパーでも買えるよ!』とか、『魚釣りは釣れない時間が退屈じゃないの?』とか、『釣り具や釣行費って高いよね』とか、『魚が可哀そう』とか……。

確かに一理あるかもしれません。でも、魚釣りを趣味にしているからこそ得られることがたくさんあるんです!

今回は怪魚ハンター山根(兄)が、釣りしていて良かったなぁって感じたコト&友人知人がポロっと口にした釣りの良い所を思い出しながらまとめていきます!

心躍る失敗&成功体験を味わえるのが“釣り”という遊び

1.生き物を相手にするからこそ味わえるドキドキとワクワクは別格!

魚釣りで興奮するシーンエラ洗い

生き物を相手にする魚釣りは、必ずしも自分が理想とする結果になるとは限らない趣味なんです。

不確定要素が多く未来が分からないからこそ、釣りに出掛ける時は眠れない程ワクワクしますし、魚が掛かった時は視野がキュッと狭くなるほどドキドキします。

怪魚ハンター山根
目標に定めた魚を釣るための“準備をしている時”の高揚感はたまりません!

2.“身体が震える感覚”が病みつきになる

狙った魚を釣った時の嬉しさは別格

ワクワクの原材料は予測不能な未来。非現実的な世界に身を置いて釣り竿を振るだけで身も心もリフレッシュされます。

毎日繰り返し同じような生活を送っている人にとっては、休みの日に味わう未来の分からないワクワクドキドキ感はストレス発散に持ってこいですよ!

大物や珍しい魚との出会い、狙った魚が思い通りに釣れた時。嬉しさで“身体が震える”なんて釣り人あるあるだと思います。

怪魚ハンター山根
苦労して釣った魚を上げた瞬間、思わず『ウォォー!』って雄叫びを上げてしまうんです!

嬉しすぎて膝がガタガタ震える……なんて体験はなかなか味わえないですよね。


▼怪魚ハンター山根の人生最大魚との出会いはコチラ!

釣りを通して“計画力”と“実行力”が身に付いた

3.魚釣りは“計画を立てる楽しさ”を感じられる趣味

釣り計画

魚釣りを始めたことで、計画の立て方や未来を見据えた準備の楽しさを実感できたという人も数多くいます。

魚種によってはお金を掛けなければ釣れない魚もいますが、目標が決まると今までできなかった貯金や節約が不思議とできたりしますよね。

魚釣りで覚えた計画力は、学業や仕事、家庭内でもきっと発揮されますよ!

怪魚ハンター山根
僕の場合、翌日の仕事にギリギリ影響しない釣行スケジュールを組めるようになったり、寝坊癖が治ったりしました!

4.“行動する勇気”を発揮できる趣味

魚釣りをしていてよかったこと行動力

魚釣りでは、自分の住む街から遠く離れた土地へ出掛けることも珍しくありません。

最初は県を跨いで釣りに行くだけでもワクワクドキドキ。だんだんと行動範囲が広がっていき、海外へ釣りに出掛ける人もいます。

魚釣りをしていると行動力が身につき、遠くに出掛けることが苦にならなくなります

怪魚ハンター山根
狙った魚のためなら、言葉の通じない国への釣行もワクワクが勝っちゃうんですよね。

▼遠征釣行の魅力についてはコチラ!

魚釣りをしていると“コミュ力”がUPします

5.同じ趣味を持つ“仲間が増える”

魚釣りを通してできた仲間

これは魚釣りに限った話ではありませんが、同じ趣味を持つ人同士は意気投合しやすいもの。

普段の生活で友達が増えないって方でも魚釣りをしていると、不思議と仲間が増えていくものです。

怪魚ハンター山根
僕も釣りを通して、世代や国を超えて様々な仲間が増えましたよ!

6.他人と会話することが億劫ではなくなる

釣りを通したコミュニケーション

釣り場で出会う人はみな他人ですが、挨拶したり釣り場の状況を聞いたりと何かとよく会話するものです。

魚釣りって自然と向き合うばかりの趣味のように思われがちですが、意外と人と会話する機会のある趣味なんですよ。

怪魚ハンター山根
ちょっと話はズレますが……

職場で連休を確保するための交渉力や、家族に気持ち良く釣りに行かせてもらえるように進んで家事をするようになりました!

理論的に物事を考え、試行錯誤できるようになった

7.時間を大切にしたり、試行錯誤する癖がつく

釣りをしていてよかったこと魚釣りは努力すればするほど、得られる成果が上向いていく趣味でもあります。

どうやったら魚が釣れるのか。魚釣りにハマってしまうと常にコレばかり考えてしまいます。

怪魚ハンター山根
季節変化を敏感に感じられるようになったり、潮位やベイトの状況から魚の行動を先読みして考察したり……。

釣れない原因と釣れた理由がしれた時なんて、すごくスッキリした気分になるんです!

8.努力する癖がつく

魚釣りにハマると「暇だなぁ」と感じることが無くなります。ちょっとした時間でさえも有効に活用したくなり、時間を持て余すことが無くなりますよ。

毎週末「何しようかな?」って考えている方にこそ魚釣りを始めてみていただきたいです!

怪魚ハンター山根
釣り物や釣り方によって、同じプロセスは通用しなくなるので、様々な魚を考えて狙うのが釣りの魅力のひとつだと思います!

時間がいくらあっても足りませんね(笑)。

魚釣りを通して“家族との楽しい思い出”が増える

9.魚釣りを通して家族とのコミュニケーション機会が増える

子供の頃から釣りをしていてよかったこと

僕たち兄弟は、幼少期から父親に連れられて毎週魚釣りに出掛けていたので、楽しい思い出がいっぱい残っています

魚釣りは、家族で一緒にワクワクとドキドキを共感できる素晴らしい趣味ですね。

怪魚ハンター山根
釣りメインの家族旅行が増えたり、食事の時に釣りの思い出を振り返ったり……釣りをやっていたことで親子、兄弟で過ごす時間は間違いなく増えたと思います。

他にも、天候が急変した時は子供なりに自然ならではの怖さを感じましたし、魚を血抜きする時は命を奪うこと、食材としていただく感謝の想いを学ぶことができました。

10.魚釣りは“家族の絆が深まる趣味”

兄弟で狙ったガーパイク

幼いころは、堤防からサビキ釣りでサッパを釣って大はしゃぎしていた僕たち兄弟。

行動範囲が世界中に広がった今でも、家族は一緒に釣りに行く最高のパートナーです。

怪魚ハンター山根
家族を持つようになった今。

新鮮でおいしい魚を持ち帰ると家族が喜んでくれるのも、釣りをしていてよかった。と思う瞬間ですね。

釣りたて“新鮮な魚の味”を知ることができた

11.釣った魚を“美味しく食べる”のも釣りの醍醐味

釣りたての魚を味わえるのも釣りの魅力釣りたて新鮮な魚を使った料理を味わえるのは、釣り人の特権とも言えますよね。

釣りの後の帰り道。その日の釣果を「どうやって調理して食べようかな~」って考えながら帰るのが楽しいんですよね。

怪魚ハンター山根
鮮度の高い方が美味しかったり、少し寝かせてから食した方が美味だったり、魚によって違う発見もありますね!

命をいただくありがたみを感じられるのも魅力のひとつだと思います。

▼魚を美味しくする魔法の紙を使って高級魚を熟成させてみた。

12.スーパーでは買えないような珍しい食材を食べられる

釣った バラムツ

※上記のバラムツは、食品衛生法に基づき販売が禁止されている魚です。

魚釣りをしていると、市場やスーパーでは購入できないような幻の食材が釣れることだってあります。

また、魚は種類によって捌き方や食べ方が異なりますが、これがまた新しいことに挑戦する感じがして楽しいんです。

怪魚ハンター山根
魚の下処理についての知識も増えますね!

▼禁断の食材を食べた釣行記!

様々な“魚の生態”に詳しくなった

13.対象魚の生態を知ると釣果が伸びる!

ウナギ

魚を効率よく釣り上げようとすると、自ずと対象魚の生態を勉強することになります。

例えば、ウナギやナマズは夜行性だから夜の方が良く釣れる。とか、ハゼやアユは一年で死んでしまうから釣れる季節が決まっている……等々。

怪魚ハンター山根
釣りにハマればハマるほど、魚や海に詳しくなれますよ!

14.“学ぶ”って面白いことに気づいた

アユ

釣り人には当たり前の知識でも、釣りをしない人に釣りで得た豆知識を披露してみると案外ウケが良かったりするんです。

目が良い魚と鼻がいい魚の釣り方が違ったり、性別が変わる魚がいたり、面白い名前の魚だったり……魚って知れば知るほど面白い生き物ですね。

怪魚ハンター山根
誰かと水族館や寿司屋なんかに行くと、ついつい喋りたくなるものです。

▼大きくなると性別が変わる?!魚の面白い生態についてはコチラ


“命の尊さ”を感じられるようになった

15.魚釣りは生き物の命を奪う趣味である

魚の塩焼き

魚釣りは生き物と直接触れ合う趣味であり、釣って食べる。すなわち生き物の命をいただくという意味ではもっとも生き物との距離が近い趣味のひとつと言えるでしょう。

実際に自分の手で魚の命を絶ち、食べ物として食すからこそ、本当の自然や命の尊さを実感できます。

怪魚ハンター山根
僕も釣りを始めてから、食べ物を無駄にしなくなりました。

幼魚は必ずリリースするようにしています。

16.魚釣りを始めると“自然に優しくなれる”

魚のリリース

自然や魚との距離が近くなるからこそ、自然のありがたみや脆さを体感できるので、結果的に自然を大切にしたいという感情が湧いてきます。

抱卵個体や毒魚などのリリースはもちろん、リリースする時もできるだけ魚に負担のないように心がけています。

怪魚ハンター山根
魚に対して優しく接することができるようになると、人にも優しくなれるはずです。

▼魚のリリースのやり方についてコチラの記事でご紹介!

生態系や資源量といった“自然環境”について考えるようになった

17.釣りを取り巻く課題に向き合うようになった

魚釣りにどっぷりハマってくると、魚釣りが抱える様々な課題にも気づかされますよね。

それでも、釣り人達はずっと大好きな魚釣りを続けていくために、行動する力を持っていると僕は信じています。

怪魚ハンター山根
近年釣り場の減少を痛いほど感じます……釣り人主催のゴミ拾いに積極的に参加するようにしています。

18.釣り人は“自然の変化に敏感”に反応できる

実際に水辺に立って自然や魚と触れ合っている釣り人は、生態系や資源量といった自然が抱える問題に対して敏感に反応します。

自然を管理しながら持続的に利用していくためには、日々自然と関わる人の存在がとても大切です。

怪魚ハンター山根
釣れる魚種の変化から温暖化を実感したり、海藻の減少から海の生態系の変化を感じ取れたりしますね

その他にも自分にとっての釣りの対象魚でなくても、サンマやクロマグロの資源量に関するニュースが気になったりもします。

“ありがとう”って言葉が素直に出るようになった

19.釣りをしていると魚に対しても、人に対しても『ありがとう』って言葉が良く出ます

釣りをしていてよかったこと

魚釣りをしていると『ありがとう』って言葉を発する機会が増えます。

もちろん釣り人同士に対する感謝もありますが、釣れた魚に対するありがとうだったり、魚釣りに見送ってくれる人へのありがとうもあるでしょう。

怪魚ハンター山根
ランディングを手伝ってくれる友人や、餌を分けてくれた隣の釣り師さん、釣り場に案内してくれたガイドさんはもちろん。

魚をリリースする時に自然と「ありがとね!」って言葉が出ます。

20.自然と感謝の言葉が出るようになった

「ありがとう」ってたくさん言える人生ってホントに幸せだと僕は思います。

これからも、自然や魚達、そして周囲の人たちに感謝の気持ちを持って魚釣りを楽しんでいきたいものです。

怪魚ハンター山根
10年ぶりに訪れた川の環境が当時のまま残っていて、「ありがとう」って言葉が出ました。

やっぱり魚釣りって最高だ!

魚釣りって最高だ

今回は『魚釣りをしていて良かった!』と感じることをまとめてみました!

僕もこの記事を書いてみて改めて魚釣りを続けてきて良かったと再確認しました。

魚釣りってホントに人生豊かになれる趣味のひとつだと思いますよ!

撮影・文:山根 央之

ライタープロフィール

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の記事一覧

関連記事