怪魚ハンター山根(兄)が“ガチで危険”だと感じた外来生物&怪魚TOP3

2022/04/08 更新

はじめての1匹との出会いを求めて、世界中飛び回る怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)。今回はそんな山根が体験した『ガチで危険だった生物』を勝手にランキング形式で紹介します!

制作者

山根央之

怪魚ハンター山根ブラザーズの兄。 テレビ東京・緊急SOS池の水全部抜くやNHK・ダーウィンが来た、TBS・VSリアルガチ危険生物などに出演したり、魚類生態調査に参加したりと幅広く活動中。 初めての1匹との出会いに最も価値を置き、餌・ルアー・もはや釣りに限らず。ガサガサや漁業者と協力してまでも、まだ見ぬ生き物を追い求め、日々水辺に立っている。

山根央之のプロフィール

...続きを読む


生き物を侮るととんでもないことになる。

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の体験した危険生物ランキング

危険生物 メコンオオナマズ
今回は、TSURI HACK編集部に『マジでヤバいと思った魚と体験談』を紹介して欲しいとご依頼を受け、記事を書いています。

各国さまざまな場所を旅すると、色々なハプニングがあるのも当然ですが、多くの場合は自らの不注意によるものです。

ただし、ときに生き物たちは、想像以上のパワーを発揮して僕たち人間に襲い掛かってくるということも忘れてはいけません。

相手は命がけということを忘れてはいけません


捕獲しようとした生き物から攻撃を食らう場面のほとんどが、あと一歩で人間の勝利となるギリギリの場面です。

生き物との距離が近ければ近い程、危険だということを何度か経験してきたのでお伝えしましょう!

第3位:カミツキガメ|良い子は触らないようにしましょう

普段は臆病なカミツキガメ

危険生物 カミツキガメ
国内に生息する外来生物で、扱いを間違えるとちょっと危ないと思うのがカミツキガメです。

近年、さまざまな場所で定着してしまっているため、一般市民が遭遇する機会がゼロではなくなりつつあります。

とはいえ完全に水棲のカメですので、釣りや生き物捕りをしていなければまず出会わないのでその点ご安心ください。

そりゃ捕まえたら威嚇しますよね

危険生物 カミツキガメ捕獲
カミツキガメは、動物性の物なら何でも食べる雑食性です。

印旛沼ではコイ釣りやヘラブナ釣りの外道で掛かってくることもあるようで、カメの扱いに慣れていない人の仕掛けに掛かると危険が伴います。

いくら臆病とはいえ、釣られれば命を守るために本気で攻撃してきます。

絶対触らないようにしましょう

危険 カミツキガメ
万が一幼い子供が噛まれ、パニックになりカミツキガメをぶら下げるような形で振り回してしまったら……

想像するだけでゾっとします。カミツキガメに限らず、万が一生き物に噛まれてしまった場合は、まず落ち着きましょう。

カメの場合は、そっと水につけてあげれば離して逃げ出してくれます。

▼カミツキガメの生態や注意点を詳しくご紹介している記事


第2位:クロカジキ|まさか自ら船に上がってくるとは!

与那国島でマグロの幼魚を引っ張る

クロカジキ エサ
僕にとって憧れの魚で、なかなか手にすることができていなかったクロカジキを与那国島で狙っていました。

当日は、イルカやクジラの猛攻を受けながらでしたが、運よく大きなカジキがヒット!

人生最大の怪魚と格闘

危険生物 クロカジキ 釣り
強烈なランやジャンプを堪能しながら、慎重にファイトしてカジキを弱らせていきます。

船長が「バシッ!」と銛でカジキの急所を捕らえ、口にも巨大なギャフを引っかけ勝負あり!

安全のために金属バットで何回も頭を殴って失神させます。さぁあとは、船に引っ張り上げるだけ。

全体重をかけた瞬間、カジキが飛びあがった(汗

危険生物 クロカジキ
予想外の大きさと重さで、船上にあげるのを船長と僕2人がかりですら手こずっていると、まさかのカジキの方から船に飛び上がってきました。

もんどりうって後ろに吹っ飛ぶ僕ら2人に向かって、カジキの角が! カジキにとって命をかけた最後の攻撃だったのでしょう。

マジで「船長刺されるよ!」って恐怖を感じた瞬間でしたが、そこはプロの漁師、とっさにカジキとの間合いを詰めて角にのしかかり事なきを得ました。




第1位:メコンオオナマズ|目の前で大男が引きずり込まれてしまった!

希少種・メコンオオナマズを生け捕りにせよ

メコンオオナマズ 危険生物
僕が今までの生涯で、もっとも情熱と時間をかけた魚がタイに生息する絶滅危惧種・メコンオオナマズです。

発信器を取り付けるために滅多に獲れないメコンオオナマズの生け捕りを狙い、小さな漁村に1カ月住み込みます。

100kgを優に越すメコンオオナマズが網に掛かった!

メコンオオナマズ
明け方、網にメコンオオナマズが掛かりました。今までたくさんのメコンオオナマズと対峙してきたので、少し油断してしまったかもしれません。

水深は40m。いつものように漁師さんと一緒に網を引き、120kgはあろうメコンオオナマズを船べりに寄せていきます。

夜の間ずっともがいて疲れ果てている様子のメコンオオナマズは、お腹を浮かべて浮いています。

メコンオオナマズに近づいた次の瞬間ッ(汗)

メコンオオナマズ 危険
さて、発信器をお腹に挿入する開腹手術の準備をしようかなと思った瞬間、普段大人しいメコンオオナマズが大暴れ! 一気に深みに潜ろうとします!

メコンオオナマズ 危険生物
木を張り合わせただけの小舟は大揺れ! ヤバいと思った瞬間、目の前の大きな漁師さんが「ドバァーーーン!」と引きずりこまれてしまいました。

なんと、左腕に網が絡んでしまったのです。幸いにも体中を漁網でがんじがらめになっているメコンオオナマズはそれ以上潜ることはできず、漁師さんも爆笑しながら船に上がってきてくれましたが、0.5秒くらい最悪の事態が脳裏によぎりました。

番外編:オニオコゼ|魚種を勘違いして素手で鷲づかみ

インドネシア・スラウェシ島を一人旅


バラマンディとGTを狙って、インドネシア・スラウェシ島を旅している時の出来事です。

夜のマングローブで陸からバラマンディを狙って時合待ちの間に、気になる生物を片っ端から素手で捕まえている時でした。

他の種類の魚と勘違いして掴みにかかったら……


石のように動かない魚を見つけ、何の躊躇もせず真上から素手で鷲づかみ!

「ヨッシャ!捕まえたッー!」と思った瞬間。

掌に『ガツンッ!』と激痛が走り、あまりの痛さに魚を離してしまいました。控えめに言って悶絶です(笑)

後にルアーで釣りあげ、鷲づかみにした魚がオニオコゼと言うことが判明。

そりゃ激痛ですよね。

オニオコゼに刺されて1時間ダウン

毒魚 危険生物
大きな生き物だけが危険な訳ではありません。やはり、毒を持つ生き物には細心の注意を払いましょう。

ちなみに、時合になったら激痛に耐えながら本気でキャストを繰り返しましたが、もう二度と味わいたくない時合になりました(笑)

今回ご紹介した生物は身近とは言い難いですが、毒魚は身近な堤防にも生息していますので、くれぐれもお気をつけください。

▼気をつけなければならない『毒魚』たち


撮影・文:山根 央之

ライタープロフィール

山根央之(やまねひろゆき)
初めての1匹との出会いに最も価値を置き、世界中何処へでも行く怪魚ハンター山根ブラザーズの兄。餌・ルアー問わず、もはや釣りに限らず。ガサガサや漁業者と協力してまでも、まだ見ぬ生き物を追い求め、日々水辺に立っている。

テレビ東京・緊急SOS池の水全部抜くやNHK・ダーウィンが来た、TBS・VSリアルガチ危険生物などに出演したり、魚類生態調査に参加したりと幅広く活動中。

ライター記事一覧はこちら

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の記事一覧

 

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD