魚の日本記録を数字で聞いてもわかりにくいので、“身近なもの”と比較してみた。

釣り人のターゲットになり得る魚は、そのほとんどに日本記録というものが存在しています。しかし、その大きさを数値として見ても、いまいちピンとこない(イメージしにくい)方も多いでしょう。今回はそんな方たちへ、みなさんのごくごく身近にあるもので、その大きさを比較してみました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

あらゆる魚の日本記録を“身近にあるもの”で比較してみた。

出典:pixabay
釣り人のターゲットになり得る魚は、そのほとんどに日本記録というものが存在しています。しかし、その大きさを数値として見ても、いまいちピンとこない(イメージしにくい)方も多いでしょう。

今回はそんな方たちへ、みなさんのごくごく身近にあるもので、その大きさを比較してみました。

※はじめにおことわり

記事内で紹介している『日本記録』は、一部公認記録でないものも含まれています。また、現在では塗り替えられている可能性もあります。あくまでも参考値として、お楽しみいただけましたら幸いです。

イシダイ

出典:PIXTA
磯や堤防から狙えるターゲットとして、古くから人気のイシダイ。『石をも噛み砕く頑丈な歯』を持っているのが、その名前の由来です。(ルックスに似合わない、バイオレンスなネーミングですね)

そんなアウトレイジなイシダイさんの、日本記録はというと……84.5センチ!!! アベレージサイズが40センチ程度なので約2倍。では、この長さをわかりやすいもので比較しましょう。


なんと、イシダイの日本記録は“フェンシングのブレード”より5センチくらい短い。

出典:PIXTA
▲万が一、わかりにくいと感じた方のために別角度でもう一枚。

一般常識の範囲として知られていますが、フェンシングのガード(持ち手のカップ)から、剣先までの長さが、大体90センチ程度。このように並べて比較すると、とてもわかりやすいですね。

ちなみに釣り人がこのサーベルを持つと、必ずと言っていいほど『ソリッドティップ』を連想するとか、しないとか……。

クロダイ

出典:PIXTA
団子釣りや、紀州釣りなど、豊富なエサ釣りに加え、最近ではチニングと呼ばれる、ルアーで狙う釣り方も流行中。今をトキメク人気のお魚です。

そんなトレンディなクロダイさんの日本記録は……71.6センチ!!! なんと大会で釣りあげられた記録だそう。では、この長さを身近なもので比較しましょう。


なんと、クロダイの日本記録は“カラーコーン”より少し長い。

出典:PIXTA
▲画になるので、引きでもう一枚。

道路などでよく見る、一般的なカラーコーンの高さは70センチ。このように実際に比較してみると、その大きさがわかりやすいですね。いつ記録魚と出会ってもいいように、カラーコーンを常に持ち歩きながら、クロダイを狙ってみましょう。

釣り上げた魚体が、明らかにカラーコーンより長い場合、それは日本記録を塗り替えた瞬間かもしれません。

メジナ(尾長)

出典:PIXTA
磯釣りの超メジャーターゲット『メジナ』。コマセを使ったフカセ釣りで狙うことができます。小さな巨人とでも言いましょうか、小柄でも引きが強く、釣り人を楽しませてくれます。

そんな“磯界の谷亮子”こと、メジナさんの日本記録はというと……83.3センチ!!! 重さは7キロを超えるくらいでしょうか? では、これも身近なもので例えてみましょう……


なんと、メジナ(尾長)の日本記録は“縦にして持ち歩かないと改札を通れない”ほど長い。

出典:PIXTA
▲これも画になるので、引きでもう一枚。

駅の自動改札の幅は、大体60センチ程度。もし仮に電車で釣りに行った先で、メジナの最大級を釣り上げてしまったら……。まるでセカンドバックを持つかのように携えなければ、改札を通ることはできないでしょう。

ちなみにJRであれば、『駅員さんがいる改札』が90センチほどと、少し大きめに作られています。どうしてもメジナを横にしか持てない時は、ぜひ利用してみてください。

シロギス

出典:PIXTA
投げ釣りや、サビキ釣りのターゲットとして、広く楽しまれているシロギス。ご自慢の唇がなんともチャーミングですね。(キスという名前はここからついた、というわけではないそう)

そんな“投げ釣り界の石原さとみ”こと、シロギスさんの日本記録は……なんと、37.2センチ!!! こんなのがサビキでかかったら、あげるのも一苦労ですね。では、これも身近なもので例えてみましょう。


なんと、シロギスの日本記録は“チェ・ホンマン氏の足のサイズ”と大体おなじ。

出典:PIXTA
チェ・ホンマンさんと言えば、一昔前に日本のお茶の間でも人気となった、韓国出身の格闘家。(知らない方はググってみてください)身長218センチ・体重160キロの大きな体に見合い、やっぱり足のサイズも37センチとケタ違いです。

ちなみにある情報によると、チェホンマンさんが一回で出す小便の量は、なんと1リットルだそうです。(我慢すると1.8リットル)

いや~日本記録。いつかは釣ってみたいものですね。

出典:PIXTA
最後に、「チェ・ホンマンさんの足跡ではわかりにくかった」という方のために、カーリングのストーン(直径・約30センチ)と、キスの日本記録を比較してみました。

このように、身近なものと比較することで、その大きさが手に取るようにイメージできますね。

やっぱり釣り人としては、いつまでも夢を追いかけていたいもの。もしかしたら、あなたのロッドが“日本記録”に絞りこまれる日も、そう遠くない未来なのかも知れません。

今回“比べてみた魚”に関するおすすめの記事

▽イシダイ

▽クロダイ

▽メジナ

▽キス

合わせて読みたい関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!