クロダイ(チヌ)はどんな魚?人気の料理方法やさまざまな釣り方とは|TSURI HACK[釣りハック]

クロダイ(チヌ)はどんな魚?人気の料理方法やさまざまな釣り方とは

クロダイについて詳しく知ってみませんか?特徴や生息域、チヌという名の以外な由来、実は出世魚であることを解説!さらに人気の調理方法から、様々な釣り方の情報を一挙にご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

クロダイについて

クロダイの画像
出典:PIXTA
クロダイはスズキ目タイ科の魚。釣りのターゲットとしても人気です。全長は最大で70センチ前後、釣り上げられる平均全長は、30~40センチ。力強いひきで、ゲーム性が高いことから、多くの釣り人を夢中にさせているのはないでしょうか。

チヌとも呼ばれる

平安時代の初期頃、大阪南部の和泉灘は茅渟の海と呼ばれており、その海の名産魚がクロダイであったため、茅渟の海で獲れる魚≒チヌと定着したとされています。また、大阪府泉南市樽井には、 茅渟(チヌ)神社があり、安全と大漁を祈願するお守りも販売されています。

漢字では、茅渟・茅海・血沼・珍努・知奴・鎮仁・珍と書かれます。

特徴

クロダイの特徴の画像
出典:PIXTA
和名の通り真鯛の容姿で体色が黒、もしくは灰色。成長過程で性転換をする魚です。食性は雑食で、多毛類から甲殻類、貝類。小魚を捕食することもあります。

生息域

クロダイの生息域のイメージ画像
出典:PIXTA
クロダイはタイ科の魚では珍しく、浅い場所を好みます。生息域は非常に広く汽水域まで上がってきます。(個体によっては淡水域まで遡上します。)また汚染にも強い魚で、都心部の河川や、工場地帯、港湾区域など、水の濁った場所でも多く生息しています。

成長につれ呼び名が変わる

あまり知られてはいませんが、クロダイは出世魚。関東では「チンチン → カイズ → クロダイ」。関西では「ババタレ → チヌ → オオスケ」と、大きさで名前が変わっていきます。その他に釣り人の間では、50センチ以上のクロダイを「歳なし」と呼び、釣り人の目標とされています。

キビレとの違い

キビレの画像 クロダイの似ている魚であるキビレ。スズキ目スズキ亜目タイ科クロダイ属の魚です。その生息域はクロダイとほぼ同じとされており、見分けるポイントは、名の由来である『腹鰭や尾鰭』が黄色いところです。


クロダイの人気料理

クロダイ料理の画像
出典:PIXTA
鮮度良いクロダイは、刺身で美味しく食べることができますが、ひと手間加えることでさらに美味! 調理法は、湯引きや塩焼き、煮つけ、ムニエルなど様々です。煮ても焼いても、おいしいクロダイのレシピをご紹介します。

湯引き

クロダイの湯引きの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
湯引きはクロダイの刺身をさらに美味しくする一手間。湯引きにすることで、魚の臭みが少なくなり、身と皮が柔らかくなります。魚の美味とされている部分、身と皮の間を余すことなく食すことができる調理法ですので、刺身よりもおすすめの調理法です。

塩焼き

塩焼きの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
お魚の調理方法として定番の塩焼き! 臭みの強い魚ではありませんので、塩焼きにしても美味しくただけます。皮のついたまま焼くことで、魚を丸ごとおいしくいただくことができ、白身の身はもちろん、骨の間やヒレの付け根、頭部などの部位も食べることができる調理法です。

煮付け

煮付けの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
クロダイは、煮込みにしても魚の味が負けずに食せます。美味しいことはもちろんですが、煮つけのうれしい点は何といっても保存がきくこと。作ってからすぐではなくても、数日中であれば、いつでも食べられる点がうれしいところですね!

ムニエル

ムニエルの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
ちょっとひと手間……。というレベルの料理ではなく、拘りの調理法! カリッと香ばしいムニエルは、ソースの種類を変えることで幾通りもの味を楽しむことができる料理で、おすすめです!

アクアパッツァ

アクアパツァの画像
出典:PIXTA(画像はイメージです。)
イタリアンにおける、白身魚の定番料理の一つ。だし汁の良いクロダイは、アクアパッツァにしても非常に美味しくいただけます。大きいものはぶつ切り等にして、小さい魚はそのまま入れて煮込むようにしましょう!


クロダイの釣り

クロダイ釣りの画像
出典:PIXTA
クロダイ釣りは、大きな分類でルアーとエサの2種類があり、さらにエサ釣りにおいては、様々な狙い方で釣りを楽しむことができます。ここでは、手軽に楽しめる釣り方をご紹介します。

ルアー釣り(チニング)

クロダイのルアー釣りをチニングと呼びます。主に河口域で行うトップウォーターゲームや、ラバージグ、バイブレーションなど、様々なルアーで狙えます。



落とし込み釣り

関西ではクロダイを釣る方法として、落とし込み釣りと呼ばれる釣りがポピュラーです。カラス貝や、イガイ、フジツボなどをガン玉をかませた針に付けて、堤防や岸壁などの際に落として釣る釣り方です。壁についた貝類を捕食しているクロダイを狙う釣り方としては最高の釣り方でしょう!


ヘチ釣り

関東では、関西で呼ばれている落とし込み釣りを、ヘチ釣りと呼んでいます。堤防や、岸壁のヘチを釣ることから由来していると思われます。関東では、沖堤防などに渡船で渡ってヘチ釣りをすることが一般的です。


筏釣り

筏釣りは、主に関西地方で親しまれている釣りです。沖に浮かべてある筏に渡船で渡って釣りをするスタイルですので、船釣りが苦手なかたでも気軽にチャレンジできることが特徴です。筏にもよりますがクロダイ以外のターゲットも数多く釣れるのもうれしいところです。


紀州釣り

紀州釣りは、筏釣りでやる釣りをそのままオカッパリに流用したスタイルです。寄せエサとなるエサ団子で集魚して、中にある食わせエサとなるエビなどのエサをくわせて釣る釣り方ですので、魚を探して釣るというよりは、魚を寄せて釣るスタイルのクロダイ釣りのスタイルです。



■その他、ご紹介以外のチヌ釣りを解説している記事です。




クロダイは釣り味も食味も最高

黒鯛釣りの画像
出典:PIXTA
クロダイは、警戒心が強く釣ることが非常に難しい魚です。ゲーム性が高く、引きが強い最高のターゲット! 釣りあげたら、美味しく食べれる! そんなクロダイ釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

黒鯛の魚体の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
SETTU
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!