黒鯛の魚体の画像

クロダイ(チヌ)はどんな魚?人気の料理方法やさまざまな釣り方とは

クロダイについて詳しく知ってみませんか?特徴や生息域、チヌという名の以外な由来、実は出世魚であることを解説!さらに人気の調理方法から、様々な釣り方の情報を一挙にご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

クロダイについて

クロダイの画像

出典:PIXTA

クロダイはスズキ目タイ科の魚。釣りのターゲットとしても人気です。全長は最大で70センチ前後、釣り上げられる平均全長は、30~40センチ。力強いひきで、ゲーム性が高いことから、多くの釣り人を夢中にさせているのはないでしょうか。

チヌとも呼ばれる

平安時代の初期頃、大阪南部の和泉灘は茅渟の海と呼ばれており、その海の名産魚がクロダイであったため、茅渟の海で獲れる魚≒チヌと定着したとされています。また、大阪府泉南市樽井には、 茅渟(チヌ)神社があり、安全と大漁を祈願するお守りも販売されています。

漢字では、茅渟・茅海・血沼・珍努・知奴・鎮仁・珍と書かれます。

特徴

クロダイの特徴の画像

出典:PIXTA

和名の通り真鯛の容姿で体色が黒、もしくは灰色。成長過程で性転換をする魚です。食性は雑食で、多毛類から甲殻類、貝類。小魚を捕食することもあります。

生息域

クロダイの生息域のイメージ画像

出典:PIXTA

クロダイはタイ科の魚では珍しく、浅い場所を好みます。生息域は非常に広く汽水域まで上がってきます。(個体によっては淡水域まで遡上します。)また汚染にも強い魚で、都心部の河川や、工場地帯、港湾区域など、水の濁った場所でも多く生息しています。

成長につれ呼び名が変わる

あまり知られてはいませんが、クロダイは出世魚。関東では「チンチン → カイズ → クロダイ」。関西では「ババタレ → チヌ → オオスケ」と、大きさで名前が変わっていきます。その他に釣り人の間では、50センチ以上のクロダイを「歳なし」と呼び、釣り人の目標とされています。

キビレとの違い

キビレの画像

クロダイの似ている魚であるキビレ。スズキ目スズキ亜目タイ科クロダイ属の魚です。その生息域はクロダイとほぼ同じとされており、見分けるポイントは、名の由来である『腹鰭や尾鰭』が黄色いところです。

1 / 3ページ