【釣りが出来なくなる前に】みんなで考えたい【釣り人のマナー】について

2018/11/06 更新

マナーには個々の感覚や尺度が存在し、釣り人の意図していない所で他人の迷惑になっている事が意外とあるものです。今回は、今一度気をつけたい釣り人マナーについて、「とある声」を交えてご紹介します。


アイキャッチ画像出典:pixabay

はじめに

釣り禁止看板
出典:pixabay
マナーには個々の感覚や尺度が存在し、釣り人の意図していない所で他人の迷惑になっている事が意外とあるものです。

ゴミを捨てない、立ち入り禁止の場所に入らない、迷惑駐車をしない、といった当然の事柄だけでなく「周囲への配慮」が出来る釣り人になりたいものです。

今回は、今一度気をつけたい釣り人マナーについて、「とある声」を交えてご紹介します。

朝も早よから「バン!バン!バン!」

深夜の駐車場
出典:pixabay

釣り人の出す騒音で目を覚ます日々

私の家の前には釣りで有名な河川があり、釣りシーズンともなるとひっきりなしに釣り人がやってきます。周りは民家しかありませんので、夜中は静かなものなのですが、明け方となると釣り人が車を河川敷の脇道に横付けする音で目を覚まします。

深夜の車

出典:pixabay

ドアの開閉音にウンザリ

車が砂利を踏む音、カーステレオから流れる大音量の音楽、何度もドアを開閉する音、何時間もアイドリングする音、そして釣れた時のバカ騒ぎ。折角の休日くらいゆっくり寝させて欲しいものです。茨城県在住 Aさん

しも、自分の家の前が釣りのポイントだったら

騒音に悩む住人
出典:PIXTA
仮に、自分の家の前に釣りの一級ポイントがあり、そこにひっきりなしに釣り人の車がやってくるとしたら……と考えてみて下さい。釣り人の出す騒音によって静かな生活が脅かされ、ノイローゼになってしまう人がいるかもしれません。今一度、近隣住民の気持ちになり、車ドアの開閉音、アイドリング音、カーステレオ音など、極力騒音を出さないよう気を付けて行きたいものです。

深夜2時の恐怖の川・嘆きのヌルヌル幽霊現る!

幽霊
出典:pixabay

真っ暗な川から幽霊の声が……

B市の住宅街を流れる川。毎年、夏の丑三つ時になるとその幽霊は現れます。「ビュン!ポチャ!カシャカシャカシャ……」と明け方まで不気味な音を発し続け、怪談話のお菊の皿ではないですが、「のらない……のらない……」と、ほの暗い水の底から嘆く幽霊の声が聞こえます。

ナマズ用ルアー

出典:pixabay

なんでわざわざ深夜に釣りをするの?

ある夜、その正体を確かめるべく、川を覗き込んでみると、全身真っ黒の幽霊がこちらをジッと見ているではありませんか!と思いきや、なんとそれは釣り人で、どうやらこの川に住むナマズを狙っているとの事でした。そもそもこんな汚い川で釣りをする人がいる事にも驚きですし、なんでわざわざ深夜に釣りをするのでしょうか?釣りと分かっていても怖いです。神奈川県 Bさん

から見れば不審者かも

ただでさえ不審者への注意が叫ばれる昨今。単なる夜釣りと思っている行為が、近隣住民の迷惑となったり、怖い思いをさせているかもしれません。住宅街の近い釣り場で夜釣りをする際は、いつも以上に配慮が必要です。また、日没から日の出の間の釣りを禁止している水域も多いので、夜釣りをする際は、必ず漁協や管轄機関への確認を徹底しましょう。

近すぎる!その距離感「友達」レベル

釣り人
出典:pixabay

「釣れる」と知った対岸の釣り人がやって来て

ルアー釣りをしていて爆釣タイムに突入していた私。すると後ろから足音が聞こえてきました。振り返ってみると、先ほどは対岸にいた釣り人の方が、私の釣れぶりを見てコチラに移動してきたようでした。

並んで釣りをする釣り人

出典:PIXTA

釣果を横取りされた気持ちに

その場所は一人しか入れないような岬の先端。一体どうするつもりだろうと思った次の瞬間、なんとその釣り人は、私から2メートルも離れていない場所でルアーをキャスト始めたのです。私は思わず「それ友達の距離感ーーー!」とツッコみたくなりました。案の定、その人は魚を釣り上げ、私は釣果を横取りされた気持ちになりました。佐賀県在住 Tさん

行者の気持ちになろう

気持ち
出典:PIXTA
既に先行者がいるポイントの近くで釣りをする際に、ひと声かけるのは釣り人のマナーと言えますが「近く」とは一体、どれほどの距離を指すのでしょうか。実際の所、この距離感に明確なルールはなく、釣り人各々の裁量に任せるしかありません。

実際に、数メートル間隔で釣りをしなければいけない釣り場、それが当たり前の釣り場もあるでしょう。ですが、自分の当たり前を一方的に突きつけるのではなく、「自分の距離感が先行者に嫌な思いをさせているかもしれないな」と考えられる釣り人でありたいものです。

普通の感覚、麻痺していませんか?

堤防での釣り
出典:PIXTA

彼氏に連れられ海釣りに行きました。ある時、私の竿にエイが掛かりました。彼は「大物だ!がんばれー」と笑うばかりで助けてくれず、結局糸が切れてしまいました。その時は大物がかかった興奮で、なんとも思わなかったのですが、糸が切れたって事は、まだエイの口には針が刺さっている訳ですよね?また、釣りの最中にも針が底に引っかかったり、オモリが引っかかったりしたのですが、彼はコレが普通かのごとくブチブチと糸を切っていました。コレが普通なのだとしたら、水中や魚の口に針を残す釣りというのは、好きにはなれないなと思いました。大阪府在住 Eさん

インブレイクは仕方のない事ではありません

ラインごみ
撮影:TSURI HACK編集部
釣りには根がかりがつきものです。ゆえに、ラインブレイクをし、水中に針や糸を残す事を「仕方のない事」と感じている釣り人もいるでしょう。ですが、これは仕方のない事ではありません。実際、鉛のオモリを海底に残せば、有毒物質の出るゴミを捨てた事と同じです。また、魚とファイト中にワームがとれ、それを水中に残してしまえば、「自然に分解されないプラスチックのゴミを捨てた」事と同じです。

の中(で苦しんでる生き物)は見えない

出典:PIXTA
また、ラインブレイクによって魚の口元にルアーが残れば、その魚は餌を食べられず死んでしまうかもしれません。また、実際に水辺や水中に残された釣り針やラインによって、苦しむ水鳥が数多く報告されています。つまり、陸地にゴミをポイ捨てするだけでなく、根がかりやファイト中のライングレイクも「水辺の生物の命を奪う」危険性の高いゴミを捨てたと同じ事になるのです。

水中にゴミを残してしまったら

ロストルアーのゴミ
撮影:TSURI HACK編集部
どんな釣り人でも、誰しも一度は、ルアーや仕掛けをロストした事があるかと思います。つまり、釣りをする以上、釣り人である以上、100%ゴミを出さない事は不可能なのです。そして、ラインブレイクなど、自分の出したゴミを、拾いたくても拾えないといった状況もあるでしょう。

「過去・将来の自分のゴミ」を拾おう

撮影:TSURI HACK編集部
そんな時は、せめて他の釣り人が残したゴミを拾い、プラマイゼロを目指すというが、釣り人としての最低限のマナーと言えないでしょうか。水中に1つ残してしまったら、陸にある2つを持ち帰る。全く残してなくても、来週に残してしまうかもしれない分を持ち帰る。

釣り場には、他人のゴミではなく「過去・将来の自分のゴミ」というものも、意外と落ちているものなのです。

最後に

今回、本記事内でご紹介した様々な「とある声」は、編集部が実際にあり得るだろうなという状況を想像して創作したフィクションです。ですが、これらはどんな人にも、どんな場所にも起こりえる事だと思います。実際にこんな事が起こらないように、人の心、水辺の生き物の生活を想像して、行動していきたいですね。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!