100均で手に入る!ダイソールアーをまじまじと観察【ミノー・ワーム】

インターネットや各方面で「普通に使える・釣れる」話題とダイソールアー。今回はダイソーで販売されているルアーの中から、特にソルトで活躍しそうなものを購入してきました。今回はそのルアー達の細部を隅々まで観察していきます。是非、購入の際の参考にしてみて下さいね。


アイキャッチ画像制作:TSURI HACK編集部

ダイソールアーを隅々までチェック

ダイソールアー
制作:TSURI HACK編集部
インターネットや各方面で「普通に使える・釣れる」と話題のダイソールアー。今回はダイソーで販売されているルアーの中から、特にソルトで活躍しそうなものを厳選して購入。そのルアー達の細部を隅々まで観察していきます。是非、購入の際の参考にしてみて下さいね。

■ダイソーのジグ・エギの記事はコチラ

ミノーモンスター(シーバス・バス)

ダイソーミノー
制作:TSURI HACK編集部
ミノーは「海水・淡水」とあらゆるフィールドで活躍するルアーの一つ。小魚を模したシルエットはシーバス、ブラックバスなど、あらゆるフィッシュイーターで使えます。ダイソーの「ミノーモンスター」は、サイズ・浮力のタイプが異なる数種類のラインナップで展開されています。今回はシーバス狙いなどで重宝しそうな、シンキングタイプ(11センチ)を観察していきます。

ボディシルエット

ミノーモンスター
制作:TSURI HACK編集部
ボディの見た目はいたって普通のミノーといったシルエット。ミノーの傾向として、11センチクラスを超えるものはトレブルフックが3つついているものが多くなりますが、ミノーモンスター110サイズは2つ。130サイズもトレブルフック2つになります。実際の所、フックの数が少ない事でのフッキング率は、特別に気にする程でもないかと思います。

リップ

ダイソーミノーのリップ
制作:TSURI HACK編集部
リップ形状はオーソドックスなラウンドタイプ。若干のカップ(くぼみ)が設定され、水流をよく受ける工夫が見受けられます。リップの厚みはいたって平均的。

ダイソーミノー
制作:TSURI HACK編集部
注意点として、このリップは差し込み式の為、使用中にリップ取れ、なくなってしまうといった事例があるようです。試しに結構な力で引っ張ってみましたが、こちらの個体はスッポ抜けるような事はありませんでした。心配な方は接着剤で補強したほうが良いかもしれません。

仮にリップがなくなってしまったら、シンキングペンシルとして使っても良さそうですが、その際は板オモリをベリー(お腹側)に張ってバランスの調整をする必要がありそうです。

ヘッド側

ダイソールアー
制作:TSURI HACK編集部
ミノーモンスター
制作:TSURI HACK編集部(真上から見た様子)
顔のくぼみにはシール目が収まっていますが、くぼみと目のサイズが若干合っていないようです。シュッとしたシルエットですが、どことなく愛嬌のある顔立ちです。

ラインアイ・フックアイ

ダイソーミノー
制作:TSURI HACK編集部(ベリー側)
フックアイ・ラインアイにはボディーとの隙間が見受けられました。アイが弱いといった意見もありますので、すっぽ抜けや浸水が心配な方はアイの隙間にエポキシ接着剤やジェル状の接着剤を塗り補強しましょう。

フック

ダイソーミノーフック
制作:TSURI HACK編集部
フックの素材は鋼鉄(ニッケルメッキ)との記載あり。針先は鋭いですが、こちらの個体にはフックのベンド部に歪みが確認できました。フック・スプリットリングはそのまま使えない事もないですが、大きな魚を掛けるとフックやスプリットリングが伸びてしまう可能性もありますので、大物狙いの方は交換を検討しましょう。

ラトル

ラトル音は、コトコト・ゴトゴト系。ルアーを傾けるとラトルボールが前後に移動し、なんちゃって重心移動のような印象うけます。※ラトルボールを固定する仕組みはないようです。

ミノーモンスターのラインナップ

フローティング(水に浮くタイプ)

・9センチ(7グラム)
・11センチ(12グラム)
・13センチ(13グラム)

シンキング(水に沈んでいくタイプ)

・9センチ(8グラム)
・11センチ(13グラム)
・13センチ(23グラム)

 

※フローティングとシンキングではボディーデザイン・リップ形状が異なります。

カラーラインナップ

正確なラインナップは把握できていませんが、以下のようなカラーがあるようです。

・青銀(イワシ風カラー)
・黒金
・赤金
・黒銀(シャッド系)
・レッドヘッド


ワーム・グラブ(中~大型の根魚やバス)

ダイソーのワーム
制作:TSURI HACK編集部
ワームはソフトな(柔らかい)プラスチック素材等で作られたルアーの名称。グラブとは短く太いボディにカリーテールがついているタイプのワームを指します。主にバス釣りや海のハタ類、中~大型のロックフィッシュを狙う際に重宝しそうですね。

スペック

ダイソーグラブ
制作:TSURI HACK編集部
サイズは4インチ。パッケージには10.16センチとの記載がありますが、これはおそらくテールの先端部まで伸ばした長さで、頭からテールのカーブの先端までは、7.9~8センチ程度でした。サイズ感としてはゲーリーヤマモトの4インチグラブの胴体を気持ち長くしたイメージ。入り数は4本。4本で108円と聞くと、少し高そうな感じもしてしまいますが、800円前後のワームが多い中で、12本で324円(税込)、20本で540円(税込)と考えると非常にお得ですよね。

カリーテール部分

ダイソーブラブのテール
制作:TSURI HACK編集部
テールはすべてまっ平ではなく、外側のフチがすこし厚くなっています。これはバリという事ではなく、よく水をつかみ、テールが大きく震えるようなデザインなのかもしれませんね。

マテリアル

ダイソーグラブ
制作:TSURI HACK編集部
材質は「塩化ビニル樹脂」の表記あり。塩などの混入はなく、いわゆる昔ながらの「ノンソルトワーム」といった印象です。適度な弾力がありるので、ソルト入りの一般的なワームよりも針もちもが良さそうです。

驚いたのは匂い

グラブの香り
制作:TSURI HACK編集部
このカラーだけに言える特徴かもしれませんが、このグラブは「イチゴのシロップのような甘い匂い」がついていました。甘い匂い付きのワームというのは数十年前はよく見かけましたが、今となっては貴重な存在ですよね。※プラスチック匂もするので、嗅ぎすぎると気分が悪くなる可能性がありす。

スペック

入り数:4本

■カラー
カラーは以下の4種のラインナップがあるようです。

・ブラック・レッドフレーク
・レッド・ゴールドフレーク
・ゴールド・ゴールドフレーク
・ウォーターメロン・ブラックフレーク

オフセットフックもダイソーで買える

ダイソーはワームの他にオフセットフックやシンカーストッパーも販売していますので、ロックフィッシュ・バス釣りなどで使用するテキサスリグのシンカー以外のパーツをダイソーだけで揃えられます。グラブのフックサイズは、1/0(9本入り)か2/0(8本入り)あたりをお好みで選びましょう。

ワーム・ピンテール(アジ・メバル)

ダイソーのピンテール
制作:TSURI HACK編集部
「メバル・カサゴ用ワーム」との名前が付いたこちらのワームは、ピンテールと言われる、アジング・メバリングといったライトソルトゲームで最もポピュラーな形状のワームです。シッポだけが細身になっており、ただ巻きでの誘いや、ロッド操作でのダートアクションに向いています。こちらには香りはついていません。

スペック

ダイソーメバリングワーム
制作:TSURI HACK編集部
サイズは4センチとの記載があり、だいたい1.5インチくらいの大きさです。お世辞にも形が整っているとは言い難いですが、型崩れを防ぐ目的のブリスターパックに入っています。入り数は10本。

 

ダイソーのワーム
制作:TSURI HACK編集部
表示にはメバル・カサゴ用とありますが、アジやセイゴ(小さなシーバス)など、小魚やアミなどを餌としている海のフィッシュイーターであれば、なんでも釣れるワームでないでしょうか。使い方としてはアジング・メバリング用の小型のジグヘッドにセットして使用するのが良いでしょう。こちらは蓄光カラーで暗闇で光ます。

スペック

入り数:10本

■カラー
カラーは以下の3種のラインナップがあるようです。

・クリアーラメ
・ホワイト(蓄光グロー)
・オレンジ

取り扱いがない店舗も

ダイソー
釣具やルアーが置いてあるダイソーは一部の店舗に限られます。また、店舗によっては入荷してもすぐに売り切れてしまう場合もあるので、お出かけの際は、目的の店舗に釣具の取り扱いがあるか、在庫があるかを確認する事をオススメします。
ダイソーの店舗検索へ

 ダイソーのルアーを使ってみよう!

ダイソールアー
制作:TSURI HACK編集部
ダイソーのルアーは十分実釣に耐えうるクオリティーであると感じます。所々作りが荒いところも見受けられますが、数千円が平均的なルアーが108円で手に入るという事は、釣り初心者に限らず、多くの方にメリットになるのではないでしょうか。実際、魚はルアーの値段を見て、食べるか食べないかを決めているわけではありません。みなさんも是非ダイソーのルアーを試してみて下さいね!

■ダイソーのジグ・エギの記事はコチラ

ダイソールアー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!