S字ビッグベイト

S字系ビッグベイトおすすめ18選!動画で使い方をチェック

2022/11/29 更新

シーバスやバスフィッシングで欠かせないルアーのひとつ“S字系ビッグベイト”

「これからS字系ビッグベイトを使ってみたい!」という方のために、使い方や選び方をご紹介します。

目次

S字系ビッグベイトを使ってみよう

ビッグベイトとは

ビッグベイト

名前の通り、大きなルアーのことを「ビッグベイト」と呼びます。

大きさに具体的な定義はありませんが、おおむね15cmから25cm程度のルアーがビッグベイトとして扱われます。

ちなみに25cmを超えるようなルアーは、「ジャイアントベイト」と呼ばれますね。

ビッグベイトを使う楽しさ

ビッグベイトで釣ったシーバス

ビッグベイトを使う最大の楽しみは、豪快なバイトの瞬間でしょう。

こんな大きなルアーで釣れるのかな……と心配していた所に、「ゴゴンッ!」と強烈な衝撃がロッドとリールに走ります。

一度のあの感覚を味わってしまうと、ビッグベイトを使った釣りにハマること間違いなし!

リップレスタイプのS字系ビッグベイトに絞りご紹介!

S字ビッグベイト

ビッグベイトには、リップ付きやペンシル、ソフトベイトなど様々なタイプがあります。

今回の記事では、初心者の方が扱いやすく釣果を出しやすいリップレスタイプのビッグベイト……いわゆるS字系ビッグベイトに絞ってご紹介していきます。

S字系ビッグベイトで釣れる魚

シーバス

ビッグベイト シーバス

S字系ビッグベイトが効果を発揮する代表的なターゲットと言えば、やはりシーバスでしょう。

とくに、コノシロやボラといった大きな魚がベイトになっている時期やデイゲームでのリアクション狙いなどで活躍します。

バス

バス釣りビッグベイト

提供:ビックリマン高田

S字系ビッグベイトが一大ブームとなったのはバスフィッシングでした。

リップ付きのビッグベイトやソフトマテリアルのビッグスイムベイトで火がついた2000年代のビッグベイトブームの中で現れたのが、リップレスタイプのS字系ビッグベイトでした。

以来、S字系ビッグベイトは超定番ルアーのひとつとなり、現代のSNS上ではクランクベイトやミノーといったプラグよりもビッグベイトの釣果情報の方がよく目にするくらいになっています。

怪魚全般

怪魚ビッグベイト

S字系ビッグベイトは、シーバスやバス以外にも様々なフィッシュイーターに効果的なルアーとして注目されています。

とくに、アカメやイトウには特効ルアーのひとつとして認知されており、必ず持っておきたいジャンルのルアーです。

ビッグベイトのデメリット

値段が高い

S字ビッグベイト

ビッグベイトになかなか挑戦できない理由のひとつとして“価格が高い”ことがあげられますよね。

4,000円から6,000円が平均的な価格ですが、商品によっては1万円近い価格のものもあります。

一度に何種類も購入することは財政面で難しいと思うので、この後ご紹介する選び方やオススメ品を参考に自分が信じられそうなビッグベイトを選んでみましょう。

品薄で購入できない

S字ビッグベイト品薄

ビッグベイトで一番のデメリットとなっているのが、人気商品が品薄で購入できないこと

数千円の商品が数万円で転売されるなんてことも珍しくありません。

SNSなどで人気のルアーを使ってみたくなりますが、店頭で購入できるルアーの中にも良い釣果を上げられる素晴らしいルアーがあるということも覚えておきましょう。

飛距離が安定しない

S字ビッグベイトの欠点飛距離

ジョイントタイプのルアーに共通するデメリットとして、ミノーやペンシルベイトに比べて飛距離が劣ることが挙げられます。

ロングキャストを多用しない、バスフィッシングやボートからのシーバス釣りには相性抜群ですが、サーフや磯といった釣り場では使いどころが限定されてしまいます。

S字系ビッグベイトの使い方

ただ巻き

釣り場の状況が良ければ、S字系ビッグベイトはただ巻きだけでも充分釣れるルアーです。

ルアーによって綺麗にS字を描くリトリーブ速度が異なりますので、購入したら色んな速度でリールを巻いてみて、ルアーの泳ぐ速度を覚えましょう。

ジャーク

S字系ビッグベイトで一番よく使うアクションはジャークです。

ルアーを左右に飛ばしながら連続的に動かしたり、動と静にメリハリをつけたりと、S字系ルアーはアングラーがルアーにアクションを入力することで効果を最大限発揮するルアーとイメージしながら使用しましょう。

ポーズ

ただ巻きやジャークの合間に、ルアーをピタッと止める瞬間を与えてあげることも効果的です。

シンキングタイプのルアーであれば、ボトムに置いてみるのも良いでしょう。

存在感のあるビッグベイトがボトムにいるだけで大きな集魚力を発揮したところで、バスの目の前でチョンッとジャークするとリアクションでバイトしてきます。

頭の片隅に、ノーシンカーワームを使った釣りをイメージするとS字形ビッグベイトの使い方に幅が出てきますよ。

S字系ビッグベイトを使いこなすコツ

ウェイトは自分で調整する

S字ビッグベイトウェイトチューン

S字系ビッグベイトの多くが、フローティングやスローシンキングの状態で販売されています。

中には、水温に応じたウェイト調整がなされているルアーもあるくらい、S字系ビッグベイトは浮力が重要です。

対象魚やシチュエーションによって効果的な浮力は様々ですが、使用頻度の高い設定はスローシンキングと言えるでしょう。

▼ルアーへの板オモリの貼り方はコチラの記事


リールを使ってジャークする

S字ジャークのコツ

ジャークアクションを多用するS字系ビッグベイトですが、ロッドワークによるアクションだけでなく、リーリングによるアクションの入力も効果的です。

リールを素早く半回転させピタッと止める。コレを繰り返すアクションをデジ巻きと呼び、ロッドワークよりも簡単にS字系ビッグベイトを効果的に動かすことができます。

この時、使用するリールはハンドル1回転当りの糸巻量が多いものが適しています。

テールに気を使おう

ビッグベイトテール

S字系ルアーの多くはソフトマテリアルのテールが装着されています。

左側のテールのように折れ曲がったり、溶けてしまった状態でクセがつくとルアーが綺麗に泳がなくなります。

収納時などはテールを外すなど気をつかってあげましょう。

もしテールにクセがついてしまったら、各メーカーから販売されている純正テールに交換しましょう。

初めてのS字系ビッグベイトの選び方

サイズの選び方|180mm前後が基準

S字ビッグベイトサイズ

S字系のジョイントルアーは10cm程度のものから30cm以上のものまで様々な商品が販売されています。

小さいルアーの方が釣果を出しやすいかと言えば、必ずしもそうではありません。

大も小もそれぞれ得意とするシチュエーションがある訳ですが、もっとも汎用性の高いサイズとなると180mm前後と言えるでしょう。

カラーの選び方|視認性が良い色

S字ビッグベイトジョイクロ

初めてS字系ビッグベイトを購入される方は、ぜひ背中の色が視認性の良いチャート系ピンク系のカラーを選んでみてください。

自分が選んだルアーが『どんなリーリングやロッドワークでどうアクションしているか』まずは、ルアーをしっかり見ながら釣りをすることが大切です。

タイプの選び方|フローティングから始めよう

S字ビッグベイト浮力

S字系ビッグベイトを始めて購入する方は、スローフローティングタイプがオススメです。

浮くタイプであれば、ルアーをロストするリスクも少なくなり、板オモリを張ることでシンキングにすることも可能。

オモリの貼りすぎや位置によっては本来のアクションが崩れてしまうので、ルアーのアクションを確認しながら微調整すると良いですよ。

それでは、S字系ビッグベイトを定番品から廉価品まで幅広くご紹介していきますね!

超定番S字系ビッグベイト

ガンクラフト ジョインテッドクロー178

「ジョイクロ」という愛称で呼ばれるこのルアーは、S字形ビッグベイトを始めて購入する方に最もオススメなルアーです。


実績と人気を兼ね揃えた名品で、ビッグベイトを活用するほとんどのアングラーが一度を使ったことのあるルアーと言っても過言ではないでしょう。


ジョイクロのシンキングモデルは、15SS、20SS、25SSといったモデルがあり、数字は水温、SSはスローシンキングを示しています。


数字が大きい程、早く沈むと覚えておくと良いでしょう。


 

全長178mm
自重2oz クラス
タイプフローティング / スローシンキング
メーカー希望価格(税込)5,500円

DRT タイニークラッシュ

現在、最も人気のあるS字系ビッグベイトのひとつとされ、入手困難なルアーです。


リップを着脱したり、テールの種類を交換することで1つのルアーで様々な使い方ができるのが特徴です。

全長168mm
自重2ozクラス
タイプハイフロート / ローフロート
メーカー希望価格(税込)5,665円
※現在、定価での販売店がありません。定番商品の参考としてご紹介しています。

ジャッカル ダウズスイマー 180SF

2連結のルアーが多い中で、ジャッカルのダウズスイマーは3連結のS字形ビッグベイト。


3連結ならではの滑らかなS字スラロームアクションに加え、ジョイント部の絶妙な可動域が作用したキレ味鋭いダートアクションが特徴です。

全長180mm
自重2ozクラス
タイプスローフローティング
メーカー希望価格(税込)4,950円

デプス New スライドスイマー175

ボディ全体がソフトマテリアルに覆われたビッグベイトは、デプスだけの特徴。


ジョイント部のソフトマテリアルが生み出す反発作用が唯一無二のアクションを発生させ、魚をバイトに導きます。


他のビッグベイトと比べて素材が異質だけに、購入に躊躇するかもしれませんがS字系を使い慣れてくると無くてはならないルアーであることに気付く……スライドスイマーはそんなルアーです。

全長178mm
自重2.8oz(SS) / 2.6oz(F)
タイプスローシンキング/フローティング
メーカー希望価格(税込)5,500円

大型S字系ビッグベイト

ガンクラフト ジョインテッドクロー マグナム

ジョイクロ178のサイズUPモデルであるマグナム。発売当初は、モンスターバスに焦点を当てたルアーと感じられていましたが、200~250mmが主力となっている現在のビッグベイト市場では、ストライクゾーンど真ん中のサイズと言えるかもしれません。


ジョイクロ178と同様にゆったりとした大きなS字アクションを描き、ジャークやデットスティッキングといった細かいアクションにもレスポンス良く動いてくれます。


 

全長230mm
自重4ozクラス
タイプシンキング / フローティング
メーカー希望価格(税込)8,360円

デプス New スライドスイマー250

スライドスイマー250も怪物級のビッグバスをターゲットに開発されたサイズアップモデル。


6ozオーバーというウェイトから専用タックルが必要となるサイズのルアーですが、ビッグベイトならではの醍醐味が詰まったルアーと言えます。


バス以外にも、アカメやランカーシーバスの実績も高いビッグベイトですよ。

全長250mm
自重6.2oz
タイプスローシンキング
メーカー希望価格(税込)8,800円

DRT クラッシュ9

タイニークラッシュと並んで人気沸騰中のS字形ビッグベイトで、定現在価の数倍の価格で取引されています。


タイニークラッシュと同様に、リップの着脱やテールを交換することで様々な魚種やシチュエーションで釣果を上げられる超汎用性の高いルアー。


もし手に入る機会があるなら、ぜひ購入して使い込んでみて欲しいルアーです。

全長228mm
自重3.3oz (HF) / 4.0oz (LF)
タイプハイフロート / ローフロート
メーカー希望価格(税込)9,350円
※現在、定価での販売店がありません。定番商品の参考としてご紹介しています。

ジャッカル ダウズスイマー220 SF

先ほど紹介したダウズスイマー180のオリジナルサイズ。


220mmという巨大すぎないサイズ感が扱いやすさと、抜群の集魚力を両立させています。


ダウズスイマーの口元にはオモリを取り付ける為のアイがついており、ボトムをスローに攻めることもできますよ。

全長220mm
自重3.6 oz
タイプスローフローティング
メーカー希望価格(税込)5,478円

ギル型S字系ビッグベイト

ジャッカル ガンタレル

ブルーギルを模したS字系ビッグベイトはバスフィッシングはもちろん。ティラピアを食べている東南アジアの怪魚釣り堀でも効果を発揮します。


ガンタレルはジャッカルから発売されている3連結のギル型ビッグベイトで、ただ巻きで綺麗なS字アクションを発生させますよ。

全長200mm
自重5.4oz
タイプフローティング
メーカー希望価格(税込)5,478円

デプス ブルシューター160

ブルシューター160は、160mmというサイズ感ながら3.6ozという質量で圧倒的な存在感をバスに与えるギル型ビッグベイト。


縄張りを主張するような魚への相性が良く、ビッグバスを威嚇するようなアクションを意識して使用するのがオススメですよ。

全長160mm
自重3.7oz(SS) / 3.5oz(SF)
タイプスローシンキング / スローフローティング
メーカー希望価格(税込)6,600円

エバーグリーン ブリムスライド

ブリムスライドは、サーチベイトとしての役割を果たすために作られたギル型ビッグベイト。


やや早めのただ巻きでも、泳ぎが破綻することなく水面を逃げるギルやフナのようにしっかりとアクションします。

全長150mm
自重3ozクラス
タイプフローティング
メーカー希望価格(税込)6,600円

まだまだあるぞ!S字系ビッグベイト

エレメンツ ダヴィンチ190

ダヴィンチ190は、珍しい斜めジョイントタイプのビッグベイト。


アイが2つ設けられ、表層をスローに攻めることを得意とするツイストロールアクションと、1m程潜行させたバイブレーションのようなアクションを使い分けることができます。


もともとバス用に開発されたルアーでありながら、シーバスにも非常に効果的なルアーとして人気が出ています。

全長190mm
自重2oz
タイプフローティング
メーカー希望価格(税込)6,050円

DUO デプライブ

デプライブは、スピニングタックルを使用したシーバスゲームで使いやすいビッグベイトをイメージして開発されたルアーです。


独自の3連結機構によりボディに若干のネジレが産まれ、しっかりとした巻き心地を感じられます。

全長170mm
自重50g
タイプスローシンキング(淡水)/スローフローティング(海水)
メーカー希望価格(税込)5,390円

メガバス iスライド 187SW

コノシロや小ボラ、落ちアユなどの大きなベイトフィッシュを捕食するランカーシーバスを狙う為に開発されたメガバスのS字系ビッグベイト


極めてナチュラルなS 字系スラロームアクションが特徴的で、ミノーやシンキングペンシルといったプラグでは反応しにくい状況で効果を発揮します。

全長187mm
自重70g
タイプシンキング
メーカー希望価格(税込)5,335円

Hifumi Creating ブルージュ190F

デットスローから早巻きまで幅広いリトリーブ速度に対応する話題のS字系ビッグベイト。


3種類のテールを使い分けることで、アクションに変化をつけることができます。

全長190mm
自重42g(F) / 45g(SS)
タイプフローティング / スローシンキング
メーカー希望価格(税込)5,940円

シマノ 熱砂 アーマジョイント 150S フラッシュブースト

熱砂アーマジョイント150Sは、遠くに飛ばせるサーフ用ビッグベイトとして開発されたルアー。


キャスト時にボディが丸く折りたたまれる特殊なジョイント部分が特徴で話題となりましたね。


他にも、フックのプチロックシステムや磁石を使った半固定など、思わず使ってみたいなと思わせるギミックいっぱいな商品です。

全長150mm
自重150g
タイプシンキング
メーカー希望価格(税込)4,180円

安さがウリのS字系ビッグベイト

タカミヤ FALKEN R ベイト S.W

1,200円前後で購入できるコスパ最強ルアーとして注目を浴びているS字系ビッグベイト。


3つのジョイントを持つルアーらしく、小さめでなまめかしいS字アクションが特徴です。

全長150mm
自重34g
タイプスローシンキング
メーカー希望価格(税込)1,380円

バスダッシュ ビッグベイト

通販サイトAmazonで良く目にするバスダッシュというメーカーから発売されているS字系ビッグベイト。


とにかく安くてS字を描くルアーを探している方にオススメです。

全長11.5cm/17.8cm
自重18.5g/62.5g
タイプシンキング
メーカー希望価格(税込)オープン価格

S字系ビッグベイトを使ってみよう

今回は、ビッグベイトの中でもリップレスタイプのS字系のルアーをご紹介しました。

使い始めたころは、こんなデカいルアーで釣れる気がしない……って感じるかもしれませんが、1匹、2匹と釣っていくうちに、タックルボックスに入れておかないと不安なルアーになっていくこと間違いなし!

まずは、自分が信頼できそうなひとつの種類を長い時間使い込んでみてくださいね!

撮影・文:山根 央之

ライタープロフィール

怪魚ハンター山根ブラザーズ(兄)の記事一覧

関連記事