プロトンプロトタイプで釣ったブリ

プロトンプロトタイプをインプレ。コスパ最強スロージギングロッドだ!

「コスパ最強スロージギングロッド」との呼び声も高い、オリムピックのプロトンプロトタイプ。

相場よりも1万円ほど低い価格にも関わらず、トレカ®︎T1100Gやトルザイトガイドを採用。

そんなプロトンプロトタイプを詳しくインプレします!

目次

アイキャッチ画像提供:tsuki

オリムのスロージギングロッド

プロトンプロトタイプで釣ったハマチ

プロトンプロトタイプは、オリムピックが2020年から発売するスロージギングロッドです。

国内製造のフラッグシップモデルながら、同クラスの他社製ロッドよりも1万円以上安く、「コスパ最強」との呼び声も。

本記事では、そんなプロトンプロトタイプの使用感をお届けします。

ラインナップ

モデル全長(ft)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)適合ルアー(best g/max g)PEライン適合(号)アクション定価
21GPTNPC-67-1-SJ6ft7in921201120/200MAx1.5Regular45,000
20GPTNPC-67-2-SJ6ft7in1101201140/200MAX1.5Slow46,000
20GPTNPC-67-3-SJ6ft7in1121201160/280MAX2Regular-Slow47,000
20GPTNPC-67-4-SJ6ft7in1241201180/350MAX2.5Regular48,000
21FPTNPC-66-5-SJ6ft6in1251198220/400MAX3Regular49,000
20GPTNPC-64-6-SJ6ft4in1311193240/550MAX3.5Slowa50,000

プロトンプロトタイプの特徴

プロトンプロトタイプの特徴

まずはプロトンプロトタイプのスペック的な特徴から解説します。

ブランク

プロトンプロトタイプのブランク

ブランクには、東レのトレカ®︎T1100Gカーボン、最軽量4軸カーボンのスーパーグラファイトクロスLVを採用しています。

これによって細身軽量ながら、曲げに対しても強い高強度なブランクを実現。

バット部には独自のGマップス製法も導入。あらゆる方向にカーボンシートを多層に重ね、強度・剛性を高めています。

ガイド

プロトンプロトタイプのガイド

ガイドは、チタンフレームのトルザイトガイドを多点配置しています。

トップガイドを含めて11個のガイドを搭載しており、バット側の9番・10番ガイドがダブルフットで、他はシングルフットです。

グリップ

プロトンプロトタイプのリールシート

リールシートはスロージギングロッドの定番、Fuji製のTDPS22です。ただし、67-1のみTDPS20を採用。

高硬度なEVAを用いることで手感度を高めています。

プロトンプロトタイプのアーバー

ブランクとリールシートの隙間を埋めるアーバーは、感度を高めるために高硬度なものをチョイス。

プロトンプロトタイプのグリップエンド

グリップエンドはかなり小さめの仕様です。

プロトンプロトタイプ67-3をインプレ

プロトンプロトタイプでタチパターンジギング

ここからは、プロトンプロトタイプ67-3の使用感をお届けします。

明石海峡のタチパターンジギングで、スローピッチジャークをメインに実釣してみました。

アクションについて

水深40mで200gのジグを操作している動画です。

スローピッチジャークではティップまで綺麗に返ってくれ、ロングジグをしっかりとスライドさせることが可能。

肘持ちのスローピッチジャークはもちろん、脇挟みでのハイピッチも楽にこなせます。

スペック上ではオーバーウェイトとなる、300gのジグを操作している動画です。

ロッドの角度や負荷の掛け方によっては、かなり深い位置まで曲がり込みますが、ティップまで綺麗に返ってくれます。

以前、日本海の中深海ジギングで使用した時には、水深150mで350gを難なく操作できました。

体感的には、水深が倍上深くなっても300g前後までなら使えると思います。

プロトンプロトタイプ67-3のアクション

また、6ft7inのレングスもポイント。

スロージギングロッドは6ft〜6ft3inの長さが相場なので、セミロングレングスといえる設定です。

長い分だけジャークのストロークを大きくとれ、大きく上げて大きく落とせます。

「たかが数インチ」と思われるかもしれませんが、ジャーク時はロッドが円運動をするため、想像以上に大きな差を感じました。

その上で相場よりも軽いため、長いメリットと軽いメリットの相反する要素を備えているわけです。

トルクで浮かせられる

プロトンプロトタイプ67-3の曲がり

明石海峡の引きが強いハマチ・メジロを相手に曲げ込んでみましたが、不安のないやりとりができました。

ロッドを曲げていれば、ブランクが粘ってジワーっと魚を浮かせてくれます。

最近は“曲げられるスロージギングロッド”が増えていますが、プロトンのトルク感は「曲げられる」の範疇を超えていると感じました。スロージギングロッドらしからぬトルクです。

とはいえ、無理に竿を曲げる必要はないのですが、船縁で走った魚への対応等が楽になりますよ。

長いのに軽い

プロトンプロトタイプの軽さ

#3の自重は112gです。

繰り返しになりますが、6ft7inのセミロングレングスながらも他メーカーの#3と比較しても軽量です。

軽くて高反発なので操作性が良く、体への負担も軽減してくれます。それでいて曲げられる、折れないというのは素晴らしいですね。

やや高価ではありますが、スロージギングに入門して上達するには最高の1本かもしれません。

感度も文句なし

プロトンプロトタイプの感度

ブランクの性能に加え、多点配置のトルザイトガイドや硬質アーバーが効いているのか、感度も非常に高いです。

ジグの姿勢や引き抵抗を感じとれ、着底感度も高いのでジグの埋まり具合から泥底と砂底の見分けもつきます。

トルザイトはSiCよりも糸鳴りしますが、ハイピッチでやや気になる程度で、スローピッチであればまったく気になりません。

不快なノイズで感度を阻害することもないので安心してください。

驚きのコストパフォーマンス!

プロトンプロトタイプで釣ったブリ

他社のロッドよりもリーズナブルな価格ですが、スロージギングロッドとして非常にハイクオリティな1本でした。

ハイエンド系スロージギングロッドの中では、ナンバーワンのコストパフォーマンスだと思います。

復元力や感度、軽さ、強度と、どの点を取っても優秀なロッドだったので、スロージギングロッドを探している方はぜひチェックしてみてくださいね!

画像提供:tsuki

▼今回使った番手

オリムピック プロトン プロトタイプ 20GPTNPC-67-3-SJ

全長6ft7in
自重112
継数1
仕舞寸法201cm
適合ルアーbest160g/max280g
PEライン適合MAX2号

▼その他の番手

オリムピック プロトン プロトタイプ 21GPTNPC-67-1-SJ

全長6ft7in
自重92g
継数1本
仕舞寸法201cm
適合ルアーbest120g/max200g
PEライン適合MAX1.5号

オリムピック プロトン プロトタイプ 20GPTNPC-67-2-SJ

全長6ft7in
自重110g
継数1本
仕舞寸法2.01m
適合ルアーbest140g/max200g
PEライン適合MAX1.5号

オリムピック プロトン プロトタイプ 20GPTNPC-67-4-SJ

全長6ft7in
自重124g
継数1本
仕舞寸法201cm
適合ルアーbest180g/max350g
PEライン適合MAX2.5号

オリムピック プロトン プロトタイプ 21GPTNPC-66-5-SJ

全長6ft6in
自重125g
継数1本
仕舞寸法198cm
適合ルアーbest220g/max400g
PEライン適合MAX3号

オリムピック プロトン プロトタイプ 20GPTNPC-64-6-SJ

関連記事