ディープライナーのロジカル60をインプレ!評判通りの素晴らしいスロージギングロッドでした

2022/08/03 更新

スロージャーカーやプロパゲートと並び、スロージギングロッドの代表格であるディープライナーのロジカル。

折れるとのクチコミもありますが、その使用感やいかに?

中深海での汎用性が高い#3を使い、ウエイトごとの使用感などを詳しくインプレします!

制作者

tsuki

関西出身の元釣具屋。堤防釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか模索中。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

tsukiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像画像提供:tsuki

スロージギングロッドの代表格!

ディープライナーのロジカル60
ロジカルは、スロージギング界の人気メーカー「ディープライナー」が発売しているスロージギングロッド

エバーグリーンのスロージャーカー、ビートのプロパゲートと並び、スロージギングロッドの代表格といえる存在です。

そんなロジカルの中でも、バランスを追求した基軸となるロッドが60(6ft)シリーズ。

本記事では、元釣具屋の筆者がロジカル60の#3の使用感をお届けします!

ぜひ、スロージギングロッド選びの参考にしてください。

ロジカル60のラインナップ

番手全長(ft)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)適合ジグ(g)適合PEライン(号)定価(税別)
DLLG#06’0″1119118330-800.5-1.059,000
DLLG#16’0″117118330-1200.5-1.059,000
DLLG#26’0″121118360-1800.5-1.559,000
DLLG#36’0″1221183100-2500.5-2.059,000
DLLG#46’0″1261183130-3001.0-2.560,000
DLLG#56’0″1301183150-3501.5-3.060,000
DLLG#66’0″1331183180-4501.5-3.061,000
DLLG#76’0″1351183210-5501.5-4.061,000
DLLG#86’0″1401183250-6001.5-4.061,000
DLLG#96’0″1491183300-7001.5-4.062,000
DLLG#106’0″1561183350-8001.5-4.062,000
 

ちなみに、60シリーズの他には55シリーズ(5ft5in)と70シリーズ(7ft)があります。

ロジカル60の特徴

ロジカル60の3番
まずはロジカル60のスペック的な特徴から紹介します。

ブランク

ロジカル60のブランク
ブランクには高弾性カーボンが採用されており、スロージギングロッドらしい高反発な仕上がりになっています。

また、ブランクのコーティングを可能な限り排除することで、軽さを追求していることもロジカルの特徴。

さらに、リールシートとブランクの隙間を埋めるアーバーというパーツを、非常に硬質なものにすることで、ブランクの感度を最大限に活かしています。

ガイド

ロジカル60のガイド
チタンフレームのトルザイトリングが採用されています。

1〜7番ガイドまでがシングルフット、8〜10番ガイドがダブルフットで、計11個の多点配置。これによって感度を高めています。

リングが外れやすいとのクチコミもあるので、ノットのコブはできるだけ小さくしておいた方が良さそうです。

グリップ周り

ロジカル60のグリップ
グリップエンドには、100mmのEVAリアグリップが搭載されています。

スロージギングロッドとしてはやや長めの設計で、脇挟みでの操作もしやすいです。



ロジカル60#3をインプレ

ロジカル60#3で釣ったアラ
ロジカル60の#3を石川県能登沖のスロージギングで使ってみたので、ここからはその使用感をお届けします。

水深150mで200〜400gが目安

こちらは水深140mで300gのセミロングジグを操作している動画です。

スローピッチジャークはもちろん、脇挟みでのハイピッチジャークやリーリングによるジャークなどの多彩なアクションに対応します。

以下では、ウエイト別にロッドの曲がりと戻りを動画でお伝えします。
まずは200gのセミロングジグです。

胴まで曲がり込んで、そこからしっかりと穂先まで復元しています。
100gアップの300gのセミロングジグです。

水深140mでは、カタログスペックよりもオーバーウェイトな状態ですが、とても良い具合にジグを動かせています。

200gよりも深い位置まで曲がりこみ、戻るスピードが若干ゆっくりにはなりますが、しっかりと穂先まで戻り切ります。
ウエイトは300gのまま、抵抗が大きくなるショートタイプのジグにチェンジ。

アングラーは引き抵抗の増加を感じていますが、ロッドはしっかりと穂先まで戻り、操作感は良好です。
さらに100gアップした400gのセミロングです。

300g時よりも負荷は大きくなり、とくに穂先側の戻りはよりゆっくりになりますが、しっかりと復元しています。

ただし、アクションの仕方やロッドの角度によっては穂先が戻り切らず、竿を少し送って(前方に倒して)アシストしていました。

ロジカル60#3の曲がり
#3の守備範囲の目安は、水深150m前後であれば200〜400g、水深200m前後であれば〜300gぐらいになると思います。

200〜300m程度のエリアで、300〜400gのジグをメインに使うなら#4の方が扱いやすそうです。反対に、水深が150mより浅くて300g以下のジグが中心になるなら、#2を使いたいと思いました。

とはいえ、スロージギングではあえてロッドに対して重いジグを使ったり、軽いジグを使ったりすることも多々あるので、釣り物・釣り方・使い手によって感じ方は変わるでしょう。

中深海系オールラウンド

ロジカル60#3で中深海ジギング
水深100〜300m程度、ジグは300g前後まで使えるので、中深海のジギングではかなり幅広く使えます。

日本海方面の水深150m前後でオキメバルやアラ狙い水深200m前後でタラ狙いにはベストマッチ。太平洋側だと、水深200〜300mでのアカムツ狙いにも良さそうです。

また、近海の青物ジギングでも200g程度ならハイピッチでシャクリ上げられるので、活躍するシーンはかなり多いと思います!

感度が良い

ロジカル60の感度
トルザイトガイドの多点配置と軽量なブランクの恩恵か、反響感度が非常に優れています。

着底した瞬間に底が砂地なのか、泥底なのか、岩礁帯なのかを判断でき、潮の抵抗もよく伝わってきました。もちろん、小さな根魚のアタリもわかります。

トルザイトリングなのでSiCリングよりもやや糸鳴りはしますが、スローピッチジャークが主体であれば気になるレベルではありません。ハイピッチでシャクった時にちょっと気になる程度です。(ラインはシマノのオシアジガーMX4)

ロッドが仕事してくれる

ロジカル60でスロージギング
ロッドが軽量で復元力にも優れているので、軽い力でジャークしてもロッドがジグをオートマチックに動かしてくれます。

とくにエントリークラスのスロージギングロッドは復元力が弱く、その分を釣り人が入力して補填する必要があるので、人間側の負担は大きくなります。

これはロジカルに限ったことではありませんが、ハイエンド系スロージギングロッドは竿が仕事をしてくれるので、1日使い続けた後の疲労感が全然違いますね。

意外と曲げられる?

ロジカル60は折れない
高反発な“THE・スロージギングロッド”なので、使う前は曲げたら折れそうな印象でしたが、実際にやりとりをするとあまり不安感はなかったですね。

実釣時には、少し曲げながら5kgのアラとやりとりしましたが、まったく問題ありませんでした。

竿を水平よりも上げないことさえ意識すれば、さほど気を使わなくても良さそうです。

ただし過信は禁物。大きな魚に対しては、必ずストレートポンピングで対応しましょう。

ジグを自在に操れるロッドです!

ロジカル60#3で釣ったオキメバル
とにかく感度と操作性が良く、評判通りの“ジグを綺麗に操れるロッド”でした。

価格はかなり高額ですが、その分しっかりと釣れるアクションを演出してくれます。

おそらくイメージしているよりも遥かに使いやすいロッドなので、まだジギング歴が浅い方でも投資する価値は十分ありますよ!
画像提供:tsuki
▼今回紹介した番手

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#3

全長:6ft
自重:122g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:100-250g
適合ライン:PE0.5-2.0号


▼その他の番手

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#0

全長:6ft
自重:119g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:30-80g
適合ライン:PE0.5-1.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#1

全長:6ft
自重:117g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:30-120g
適合ライン:PE0.5-1.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#2

全長:6ft
自重:121g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:60-180g
適合ライン:PE0.5-1.5号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#4

全長:6ft
自重:126g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:130-300g
適合ライン:PE1.0-2.5号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#5

全長:6ft
自重:130g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:150-350g
適合ライン:PE1.5-3.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#6

全長:6ft
自重:133g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:180-450g
適合ライン:PE1.5-3.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#7

全長:6ft
自重:130g
継数:1本
仕舞寸法:
適合ジグ:210-550g
適合ライン:1.5-4.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#8

全長:6ft
自重:140g
継数:1本
仕舞寸法:140cm
適合ジグ:250-600g
適合ライン:PE1.5-4.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG60#9

全長:6ft
自重:149g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:300-700g
適合ライン:PE1.5-4.0号

ディープライナー ロジカル60 DLLG#10

全長:6ft
自重:156g
継数:1本
仕舞寸法:183cm
適合ジグ:350-800g
適合ライン:PE1.5-4.0号

関連記事


紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD