【2022年11月版:現役船長の東京湾レポート】シーバスも青物もテクニカルなハイシーズン

ハイシーズンなれどシーバスも青物も一筋縄ではいかない、なにかがおかしい今年の東京湾。

一方、お土産釣りではタイにホウボウ、青物、アジなど多彩なゲストが狙える季節。時合いやルアーセレクトが鍵をにぎる東京湾11月の最新レポートをお届けします!

目次

記事内画像・文:アイランドクルーズ船長 須江一樹

11月は東京湾の秋爆シーズン

東京湾シーバスの釣果
秋が深まる11月。涼しいというよりは寒いという日も増えてくる季節ですが、この寒さが多くの魚の活性を上げてくれる時期でもあります。

10月に引き続きシーバスと青物のハイシーズンに加えて、タイやアジ、マゴチなど多くの魚が活発に動く11月は、東京湾が最も盛り上がりを見せるシーズンの一つです。

コノシロパターン最盛期

東京湾シーバスの釣果
一年で最も東京湾ボートシーバスが注目される11月。ビッグベイトはもちろん、バイブやミノーでの数釣りも楽しめるシーズンですが、10月末現在の東京湾はかなりテクニカルな様相です。

数釣りの安定感がない上に、ビッグベイトの釣りもマヅメの時間に釣果が集中。1日トップウォーターやビッグベイトにバイトし続けることはなかなかないというのが現状です。

しかし時合とルアーセレクトがハマれば、80cm、90cmのランカーも出現するシーズンが11月です。

11月のシーバスにおすすめのルアー

使うルアーは10月に引き続き、ビッグベイトを中心にミノーやバイブレーションです。

ある程度なんでも釣れるというのがハイシーズンのシーバス本来の懐の深さではありますが、今年のハイシーズンに関しては適材適所でしっかりルアーを使い分けていかないと釣果に結びつきません。

メタルジグまでとは言いませんが、フルタックルを揃えて万全の体制で臨みましょう。

ハイドアップ HUミノー 111S

全長111mm
自重18.5g

ハイドアップ エヌグリーディー

全長100mm
自重43g

デュオ ラフトレイルCode:Bay コノフラット240F

全長240mm
自重145g

テクニカルな青物

東京湾サワラの釣果
シーバスと同じく青物もテクニカルながらハイシーズンを迎えています。短い時合に対して的確なルアーセレクトと攻め方が求められる状況で、決してイージーではありません。

しかし短いながらも必ず時合は訪れますので、辛抱強く状況に合わせた攻め方を貫くことで必ず結果に結び付きます。

現在はサワラを中心にイナダ、ワラサの釣果が出ている状況です。

11月の青物におすすめのルアー

使うルアーはミノー、ヘビーシンキングミノー、ブレードジグの3種類です。現状サワラが跳ねてたり、ワラサがナブラになっているような状況は稀。

多くの場合はベイト反応の上でブレードジグを沈めてから早まきで釣るというメソッドがほとんどです。底まで沈めての早巻きとなりますので30〜50gまで幅広いウェイトの準備をお願いします。

イナダは鳥山ナブラになっていることがありますので、抑えのシンキングペンシルの準備もお忘れ無く。

コーモラン アクアウェーブ メタルマジックTG

自重40g

ハイドアップ HUミノー111SS

全長111mm
自重33g

デュオ ベイルーフ マニックフィッシュ88

全長88mm
自重11g

お土産釣りの秋

東京湾タチウオの釣果
多くのベイトが流入する秋はさまざまな魚の活性が上がる時期でもあります。

タイラバで真鯛やホウボウなどを狙うのもよし、ライトジギングで太刀魚やデカアジ、青物を狙うもよし。サビキを落としてアジの数釣りを楽しんだりとゲストは多彩。

シーバスや青物のハイシーズンで影に隠れてしまいがちですが、秋はお土産釣りをするのにももってこいなシーズンです。

11月のお土産釣りにおすすめのルアー

タイラバは60〜80gを使用し比較的浅場を狙うことで、タイ以外の魚も狙うことができます。

ライトジギングは40〜80g程度を使用し、サバやイナダ、ショゴなどの青物や太刀魚などを狙います。

ジグサビキにしてデカアジを狙うのもOK。ストラクチャー周りで小さいサビキを使用して、アジの数釣りも楽しむことが可能です。

ライズジャパン なみだま 60g


デュオ ドラッグメタルキャストスリムTG

全長60mm
自重40g

デュオ 五目ライトジグサビキ交換用

秋のハイシーズンはこれから!

東京湾シーバスの釣果
様々な魚が釣れる東京湾の秋ですが、とくにハイシーズンを迎えるシーバスと青物に限っていえば10月後半の東京湾はかなり難しいものとなっています。

しかし夏が暑かった分水温の下がり方が緩やかで、まだまだこれから水温が下がるに釣れて大爆発する可能性が十分考えられます。

厳しいとはいえそこはハイシーズン。釣り方を選ばずタックルを万全に揃えて臨めば、良い結果は間違いなく出ます。11月の爆発に期待して準備万端で釣りに臨みましょう。

東京湾シーバスガイド&チャーターボート アイランドクルーズ

関連記事