ジギングで習得必須の2つのノット+覚えておきたいラインシステム

2019/03/28 更新

ジギングに使えるラインシステムは色々あります。なかでも習得すべきなのが『PRノット』と『TNノット』。現在はこの2つのノットが主流です。さらにジギンガーなら抑えておきたいノットや便利アイテムもあるので合わせてご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ジギンガー御用達『PRノット』と『TNノット』

PRノットとTNノット
撮影:TSURI HACK編集部
PEラインとリーダー、リーダーと接続金具を結束するノットは多種多様で、その中でもジギングに使えるラインシステムは色々あります。

今回は高い結束強度でジギンガー御用達のメインラインシステムである『PRノット』と『TNノット』をご紹介します。

PEラインとリーダーの結束『PRノット』

PRノット 手順12
画像製作:TSURI HACK編集部
ジギングで青物などを狙うときに、PEラインとリーダーを結束するノットで、ジギンガー御用達の摩擦系最強ノットと言われています。

ボビンでリーダーにPEラインをテンションを掛けて5センチほど巻き付け、押り返して往復巻きつけます。

巻きつけが終わったらリーダーの端糸とPEラインの本線をハーフヒッチを7~8回、次にPEラインだけをハーフヒッチを7~8回行って締めれば完成です。

▼PRノットの詳しいやり方はこちら

リーダーと接続金具の結束『TNノット』

TNノット12
画像製作:TSURI HACK編集部
リーダーとソリッドリングやスイベルを結束する場合に使用するノットです。金具にリーダーを3回通して3つの輪を作り、先糸を輪に通して締め込みます。

結束強度を上げるためにハーフヒッチで交互に7~8回締めれば完成です。

▼TNノットの詳しいやり方はこちら



こちらもジギンガー必修『FGノット』と『ジャンスィックSPノット』に『イモムシノット』

PRノット、TNノットの組み合わせに比べると若干強度は劣るものの、こちらも強度抜群の組み合わせの『FGノット』と『ジャンスィックSP』に『イモムシノット』をご紹介します。

専用の器具が必要なく、結束スピードも速いので、釣り場で急ぎの場合に重宝するノットです。

PEラインとリーダーの結束『FGノット』

FGノット
画像製作:TSURI HACK編集部
ジギングでPEラインとリーダーを結ぶ場合、まず初めに覚えたい摩擦系ノットの定番です。PRノットと異なり専用のボビンがなくても結べて、十分な強度が出ます。

リーダーに編み込むようにPEラインを巻き付け強く締め込みます。締め込みが終わったら、リーダーの端糸とPEラインの本線をハーフヒッチを7~8回、次にPEラインだけをハーフヒッチを7~8回行って締めれば完成です。

▼FGノットの詳しいやり方はこちら

リーダーと接続金具の結束『ジャンスィックSPノット』

ジャンスィックSPノット
画像製作:TSURI HACK編集部
オフショアゲームで使用する太めのリーダーと溶接リングの結束に用いられる方法で、強度も十分、結び方も非常にシンプルと、誰でも簡単にマスターできてしまうノットです。

リングに2回通し、できたループに2回通すだけ、後はゆっくりとしっかり締め込めば完成です。TNノットと比較すると強度は若干劣りますが、釣り場で風があっても簡単に素早く結べます。

▼ジャンスィックSPノットの詳しいやり方はこちら

強度はTNノット並み?『イモムシノット』

イモムシノット8
画像製作:TSURI HACK編集部
TNノット並みの強度と言われているノットですが、初めに金具を結ぶのが簡単なのでTNノットよりも手軽に結べます。

2つ折りにしたリーダーを金具に通して、リーダーの輪に金具を通して締め込みます。ハーフヒッチで交互に7~8回編み込んで締め付ければ完成です。

▼イモムシノットの詳しいやり方はこちら



あると便利なノット作成ツール

PRノットに必須のボビン、FGノットで安定した強度を手軽に出せるツールや締め具など、あると結束強度が上がって素早くノットを組める便利なツールをご紹介します。

ギザギザの歯が滑りやすいPEラインをラクラクカット
ITEM
ダイワ ラインカッター PE チョッキン

ノットの締め込みを強化、収納はコンパクト
ITEM
バレーヒル kamiwaza デュアルミニスティック
サイズ:105mmx20.5mm
材質:アルミ製※アルマイト処理、特殊ラバー採用

今まで自作物を使用してましたが、極細PEだとラインシステムの締め込み時に食い込みすぎてしまうので専用の物を購入しました。2本を1本に収納できるコンパクトさも、スグレ物ですね。


切断と同時に焼きこぶができて、風にも強い

最強のFGノットを素早く結束。細糸にも対応。
ITEM
スタジオオーシャンマーク オーシャンノッター OK110H
自重:50g
全長:110mm
推奨:PE2~6号

最高
今までは他社さんのもので組んでいましたがこちらに変えてからは
強度がアップしました。今まで使っていたもので組んだFGがいかにだめだったかよくわかりました(^_^;)


PEラインの巻き付けが簡単、高強力のノットが作成可能。
ITEM
シマノ ボビンワインダーヘビータイプ TH-202N
自重:57g
全長:75mm
トルク: ~2.0kg

商品自体は間違いないもので、リーダーもしっかり結べます。


確実に結束できるように練習しよう

東京湾でのジギングシーン
撮影:TSURI HACK編集部
ジギングでは、結束強度の強い信頼性の高いノットが求められます。釣行前にご自宅などで準備して出かけるときには、「PRノット」+「TNノット」や「イモムシノット」を。

船上などで緊急の場合は「FGノット」「ジャンスィックSPノット」を確実に結束できるように習得しておきましょう。

こちらも習得必須『ハーフヒッチ』のやり方はこちら

紹介されたアイテム

ダイワ ラインカッター PE チョッキン
バレーヒル kamiwaza デュアルミ…
櫻井釣漁具 ラインカッターII
スタジオオーシャンマーク オーシャンノッ…
シマノ ボビンワインダーヘビータイプ T…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD