スコーンリグのおすすめラバージグ&シャッドテールワーム8選!

2021/03/15 更新

厳寒期や春のバスフィッシングにおいて特に有効とされるスコーンリグ。今回はスコーンリグの特徴や、スコーンリグを作る上でおすすめのスイミングラバージグとシャッドテールワームをご紹介します!

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

スコーンリグについて

スコーンリグの画像
提供:ビックリマン高田
スコーンリグとは、フットボール形状のラバージグ+4~6インチ程度のシャッドテールワームという特定のタイプのルアーを組み合わせた「スイミングジグ」の事を指しています。

スコーンリグの画像
提供:むっちん
スイミングジグとは、ボトム(湖底)や、ボトムバンピングで使うことを想定していたラバージグを、あえて中層でスイミングさせてバスを誘う釣法の事。

撮影:TSURI HACK編集部
スコーンリグとは、そのスイミングジグのヘッド形状やワームの組み合わせを再考し、よりレンジキープし易く、安定した泳ぎを出すために生まれたリグと言えます。

ラバージグ・トレーラーの選び方

スコーンリグの画像
提供:ビックリマン高田
スコーンリグで使用するラバージグのヘッド形状は「フットボールタイプ」が一般的です。

フットボールは重心が低く、両サイドに張り出したヘッドの効果で、よりゆっくりとリトリーブできるといった利点の他、スイミング姿勢、ボトムでの立ち姿勢、ボトムからの立ち上がりが安定します。

デカバスを狙うなら太軸のロングシャンク

スコーンリグの画像
提供:むっちん
フックは、太軸のロングシャンクタイプがよく使われます。

これは長いシャンクでフッキング率を高めたり、長めのワームをしっかりと固定したり、ビックバスの硬い上顎を貫通させられるだけの強いフックが必要な為です。

重さは3/8オンスが基本

スコーンリグの画像
提供:むっちん
2~3mレンジを探るのであれば、3/8オンス(10.6グラム)、4m以下がメインであれば1/2オンス(14グラム)あたりが使い易いでしょう。

ウィードの中にジグが突っ込みすぎたり、陸っぱりメインの方、浅い野池などで使う場合は3/16~1/4オンス(5~7グラム)あたりも良いでしょう。

3/8オンスのラバージグと4〜5インチ程度のワームと合わせると、重量は約20~30グラムあたりになりますので、飛距離は申し分ありません。

トレーラーはシャッドテールワーム

スコーンリグの画像
提供:むっちん
シャッドテールワームのサイズは4インチ前後、ベイトが大きめなフィールドや時期は5インチ前後がよく使われます。

シャッドテールワームはスイミング中にテールが震えたり、ローリングアクションをすることで、ラバージグの動きにも影響をもたらし、それがアピール増につながります。

サイズはあくまで目安なので、お好みに応じてワームのサイズ・種類を変えたり、お気に入りのアクション・組み合わせを探して楽しみましょう!


スコーンリグのおすすめジグ&トレーラー

スコーンリグの画像
提供:むっちん
スコーンリグにおすすめなラバージグ&トレーラーをご紹介します。

基本はフッボールとご紹介しましたが、ランダムな動きを狙ったフラット形状のもや、ウィードレス効果を狙ったスリム形状と様々なタイプがありますので、ワーム同様、お好みに合わせて色々な形状を試してみましょう!

ハイドアップ スコーンジグ

スコーンリグの為に開発された、太軸ロングシャンクフックのスコーンリグ専用ジグ。

ザップ PDチョッパー

セミフラットなヘッドが水流を受け、ロッド操作なしでもオートマチックに動くのが特徴です。

デプス ハイパーフットボールジグ

中層に浮くビックフィッシュを捕る為に開発されたストレートスイミング専用ジグ。
ITEM
デプス ハイパーフットボールジグ シリコンVer
自重:1/4〜1/2oz

ジャクソン  バレッジスイマージグ

琵琶湖の濃いウィードをスリ抜ける為に開発されたスリムヘッド形状のスイミングラバージグ。ウィードが特に濃いエリアで活躍してくれそうです。
ITEM
ジャクソン  バレッジスイマージグ
自重:1/4oz

ハイドアップ スタッガーオリジナル

スコーンリングのトレーラーとしては代名詞的な存在のハイドアップのシャッドテール。スローに巻いてもしっかりとテールが動いてくれ、ローピッチなローリングアクションが特徴的です。
ITEM
ハイドアップ スタッガーオリジナル
サイズ:5インチ

巻いて釣るのが好きな人には絶好のワームです。スピナベやハードルアーが渋い状況や、アシが多く生えて攻めずらいフィールドなどで有効です。この5インチのワームだと、掛かるバスはすべて30超えですのでとても楽しいゲームができます。


ジャッカル アンモナイトシャッド

ロール主体のアクションの中に、時折テールがねじれるような不規則な動きがオートマチックに出現。
ITEM
ジャッカル アンモナイトシャッド
サイズ:5.5インチ

ケイテック スイングインパクト ファット

その名の通り、テールがスウィング(ウォブリング)するようなアクションが特徴的。
ITEM
ケイテック スイングインパクト ファット
サイズ:4.8インチ

釣り具やで先に購入していたのでリピーターですね質感・価格・性能・格好どれを取っても文句なしです。


サワムラ ワンナップシャッド

ピッチの早いローリングアクションが特徴のシャッドテール。
ITEM
サワムラ ワンナップシャッド
サイズ:5インチ

スコーンリグ・おすすめロッド

スコーンリグの画像
提供:むっちん
スコーンリグのロッドは約20~30グラムのスイミングジグをフルキャストしますので、1オンス(28グラム)程度のルアーが背負えるパワーが必要です。

パワー表記はH(ヘビー)若しくはMH(ミディアムヘビー)クラスで、ウィードやバイトの感覚を明確に感知するために、固めのロッド+フロロカーボンラインの16~20ポンドあたりがおすすめです。

シマノ  17 エクスプライド  172MH

ジグやワーミングに最適な1本。キャロライナリグやスピナーベイトなどもおすすめです。
ITEM
シマノ  17 エクスプライド  172MH
全長:<span class="a-list-item">2.18</span>m
自重:<span class="a-list-item">127</span>g
継数:2本
<span class="a-list-item">仕舞寸法:186.3cm
</span>ルアー重量:<span class="a-list-item">10-30</span>g
フロロライン適合:<span class="a-list-item">10-20</span>lb

シマノ 17 エクスプライド 172H

42グラムまでのルアーを背負えるパワーゲーム用モデル。琵琶湖などのビックレイクで活躍するモデルです。
ITEM
シマノ 17 エクスプライド 172H
2.18m
自重:125g
継数:2本
仕舞寸法:185.8cm
ルアー重量:12-42g
フロロライン適合:12-25lb

まずはタダ巻きで!

スコーンリグの画像
提供:ビックリマン高田
スコーンリグの基本的な使い方はタダ巻きで一定層をスイミングさせるだけです。厳寒期は一定層をゆっくりとリトリーブ。春は早巻きを意識して巻いてみましょう。

巻きだけでバイトが無い時は、障害物を抜けたタイミングでリトリーブを止め、フォールをおり混ぜるなど、バスが思わず口を使ってしまうようなきっかけを作るのも良いかもしれません。

関連記事

紹介されたアイテム

ハイドアップ スコーンジグ
ザップ PDチョッパー
デプス ハイパーフットボールジグ シリコ…
ジャクソン  バレッジスイマージグ
ハイドアップ スタッガーオリジナル
ジャッカル アンモナイトシャッド
ケイテック スイングインパクト ファット
サワムラ ワンナップシャッド
シマノ  17 エクスプライド  172…
シマノ 17 エクスプライド 172H
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!