フラットフィッシュ入門【マゴチ編】 ルアーやエサの仕掛け・時期やポイント探しを解説

2019/10/11 更新

ヒラメと同様、フラットフィッシュと呼ばれるマゴチ。今回は、マゴチを釣るためのルアーや泳がせ釣りの仕掛けと釣り方を解説! 堤防やサーフからも狙えるマゴチは、釣り方やポイント選びにコツがあります。釣って楽しく食べて美味しいマゴチ釣りを徹底的にガイドします。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

マゴチ釣りについて

マゴチワームの画像
出典:シマノ
日本海側は新潟県以南、太平洋側は宮城県以南の沿岸に分布するマゴチ。沿岸から水深30メートルまでの砂泥地で生活する肉食性の魚です。コチ類は英語でフラットヘッドと呼ばれ、横に広がった平たい頭部が特徴。成魚は平均50センチ程度ですが、中には70センチを越える個体も存在します。

釣りの時期

マゴチのベストシーズンは6~10月。初夏はマゴチが産卵の為に、深場から浅場へと移動してくるので、ショア(岸)からでも狙い易くなります。

マゴチ釣りの仕掛け(ルアー)

ヒラメ釣りのタックル
出典:ダイワ
基本的にはヒラメ・シーバスを狙うタックルとほぼ同じで大丈夫です。図ではダブルラインを組むようになっていますが、今の主流はFGノットといった摩擦系のノットでショックリーダーを組みます。ルアーはメタルジグ・ジグヘッド+ワーム・ミノー・バイブレーションといったものが主です。

ショックリーダーの結び方は以下のリンクで詳しく説明しています。

    ヒラメ釣りのタックルは以下のリンクで詳しく説明しています。

    誘い方

    キャスト後、海底に潜むマゴチの頭上を通すイメージで、底付近を探ります。ミノー・バイブレーションはスローリトリーブ、メタルジグやワームは底にまで沈め、リフト&フォールをして誘います。リフトの幅はボトムから50センチ程度。あまり底から離してしまうと、ルアーを追いきりません。 ■熱砂 ヒラメミノー
    ロングキャスト性の高い、ヒラメ専用設計のミノー。マゴチにも効きます。
    ITEM
    シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 125S AR-C
    全長:125mm
    自重:25g

    ■バスデイ レンジバイブ
    シーバス最強ルアーの呼び声高いレンジバイブ。マゴチにも効きます。
    ITEM
    バスデイ レンジバイブ 70ES
    全長:70mm
    自重:15g

    ■ジグパラ ショート
    ソルトでは超定番のメタルジグ!ジグ1つで様々な魚種が狙えます。
    ITEM
    メジャークラフト ジグパラ ショート
    自重:30g

    ■エコギア バルト
    シーバス・ヒラメ・根魚など、多くの魚種を魅了するシャッドテールワーム。
    ITEM
    エコギア バルト

    ソイを釣るのに一気に食ってくれるので最高。いい釣りをしています!


    ■マドネス ジグヘッド バクリーヘッド
    スタンダードな形状のジグヘッド。ただ巻き、スイミングアクションに向いています。
    ITEM
    マドネス ジグヘッド バクリーヘッド 10g

    ■パフィン
    スピンテール式のブレードベイト。オフセットフックにワームをセットして使うので、ボトム狙いのズル引き、中層スイミングなど何でもこなせます。
    ITEM
    タカミヤ FALKEN R PUFFIN


    マゴチの餌釣り

    エレベーター仕掛け
    制作:TSURI HACK 編集部
    マゴチはピンギス(小さいキス)・小アジといった生き餌への反応が高いです。マゴチとキスは釣れるシーズン・場所が重なりますので、昼間~夕方はキス狙いの投げ釣りをし、釣れたピンギスを泳がせ釣りの餌として生かしておきます。そして夜は「泳がせ釣り」へ移行するといった方法がオススメです。

    キスの投げ釣りについては以下のリンクで詳しく説明しています。

    生き餌を使った泳がせ釣りについては以下のリンクで詳しく説明しています。

    マゴチ釣りのポイント

    砂地に潜むマゴチ
    出典:PIXTA
    マゴチはヒラメ狙いの外道として釣られる事も多く、狙うポイントはヒラメと同じと考えて良いでしょう。これは全てのソルトルアーの釣りに言えることですが、海に向かって闇雲にルアーをキャストするのは効率が悪く、魚と出会えるチャンスも減ってしまいます。マゴチが居つきやすいポイントを見ていきましょう。

    砂底である事

    マゴチはその平たい体系を生かし、砂底に潜って獲物を待ち伏せしていますので、狙うポイントはマゴチが身を隠せる砂地(サーフ)や、砂地が隣接した漁港・堤防・テトラ帯が主なポイントです。

    沈み根

    沈み根
    出典:pixabay
    海底に点在する「沈み根」は潮の流れに変化のつくポイントです。ベイトフィッシュ(マゴチの餌となる小魚)も集まりやすいので、それを待ち構えて、マゴチが潜んでいる可能性が高いです。根がかりも多いポイントですが勇気をもって狙ってみましょう。

    河口・流れ込み

    マゴチがいそうな流れ込み
    出典:pixabay
    河口は、淡水と海水が混ざることで豊富なプランクトンが生まれ多くのベイトフィッシュが集まるポイントです。加えて川筋などの地形変化も多くマゴチの釣れる代表的なポイントです。しかし、雨などの状況変化に良くも悪くも左右されることが多いポイントです。

    離岸流

    マゴチの居そうなポイント・離岸流
    出典:pixabay
    離岸流とは、サーフで起こる岸から離れていく流れの事を指します。基本的にサーフでは岸と並行して流れが発生しますが、離岸流の場所だけは岸と直角に流れが流れることになります。流れに水をかますことができる為、ルアーが良く動くことに加え、離岸流によってできる地形変化やベイトの待ち伏せポイントでもあるのでマゴチやヒラメの超1級ポイントです。

    マゴチを釣ろう!

    マゴチの目 今回はマゴチを岸から狙う方法を主にご紹介しましたが、マゴチ狙いの船も出ています。ショア・オフショアと色々な形で狙えるマゴチ釣り。みなさんも是非チェレンジしてみて下さいね!

    関連記事


    紹介されたアイテム

    シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 125…
    バスデイ レンジバイブ 70ES
    メジャークラフト ジグパラ ショート
    エコギア バルト
    マドネス ジグヘッド バクリーヘッド 1…
    タカミヤ FALKEN R PUFFIN
    サイトを見る
    \ この記事の感想を教えてください /
    GOOD! BAD
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    TSURI HACK編集部

    TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!