サワラを釣るために“絶対に知っておきたい”3つのコツ

2019/04/22 更新

春が近づくと各地で回遊が始まるサワラ。獰猛な性格のために釣るのが簡単で、ショアジギング入門にピッタリな魚ですが、少しだけコツがいるのです。美味しいサワラをキャッチするための、3つのキモを解説します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

サワラ釣りにはコツがある。

サワラの画像
出典:PIXTA
春になると暖かくなり、いよいよ本格的な釣りのシーズン到来ですね。地方によっては春から、広い地域では夏前ごろからサワラが狙えるようになってきます。

群れでいて貪欲な性格なので、釣るのが簡単でジギング・ショアジギング入門にも最適な魚です。

ただし、牙のような鋭い歯を備えているため、釣るのにはちょっとしたコツが必要です。今回はサワラ釣りの3つのコツをご紹介します。


ラインスラックを出すな!

ショアジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
サワラを釣るうえでもっとも大切なのが、ラインスラックを出しすぎないこと。ラインスラックが出るとルアーを飲まれやすく、ラインブレイクの危険性が高まります。

バイトがあったら即アワセできるように、ラインをなるべく張った状態を維持しましょう。

そのため、シャクリによってラインスラックが出るジグよりも、タダ巻きで使えるメタルバイブやジグミノーが有効となる場合もあります。

シャクリは一定のリズムで!

ジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
サワラをジグで狙う場合は、アクションは一定のリズム(速度)のワンピッチが基本。

青物の場合は、“ショートジャークからのロングジャーク”といったコンビネーションジャークも用いますが、サワラは厳禁!

緩急をつけるとミスバイトが増え、ルアーを通り越してリーダーを噛まれることが多発します。とくに、巻きスピードを緩めるのが危険です。


ロッドの反転は厳禁!

サワラの画像
出典:PIXTA
サワラは取り込み方にもコツがあります。ヒットした魚が足元によって来た時、右側に向かって泳ぎ始めたとしましょう。

「そっちに行かせまい」と、ロッドを左に倒す方も多いかもしれませんが、これは絶対にNG!

ロッドを魚の尻尾側へ倒すと、ラインが魚の体に沿ってしまい、リーダーを歯に近づけることになります。

そのため、足元でロッドを回して円を描くように泳がせ、上手くタモへ誘導してください。小型ならば素早く抜きあげましょう。

歯に当たる=即ラインブレイク

サワラの画像
撮影:TSURI HACK編集部
サワラ釣りにおいては、とにかく鋭い歯に注意し、「歯に当たる=即ラインブレイク」だという意識を持って臨んでください。

せっかくヒットさせた美味しいサワラを逃がすばかりか、ジグのロストを頻発させることになります。

サワラ対策をするか否かで、“サワラをたくさん釣る人”か“ジグをたくさん失くす人”に分かれますよ!

関連記事


サワラの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!