【デカイカシーズン到来】凄腕エギンガーに聞く春のエギング攻略講座

2019/04/09 更新

春のエギングは産卵を迎える大型のイカを狙うことが出来るハイシーズンです。ポイント選びからアイテムの選び方まで、今まで秋しかエギングをしてこなかった人も春エギングにデビューできるよう、今回は凄腕エギンガーにレクチャーしてもらいました。


アイキャッチ画像提供:釣り好き!まっちゃん

デカイカシーズン到来


春のエギングといえば、産卵を迎える大型のアオリイカが狙える絶好のハイシーズン。

筆者である釣り好きまっちゃんも、シーズンの開幕をワクワクしながら待っています。

とはいえ、秋のエギングとはまた違ったイメージもある春のエギング。一筋縄ではいかないことが予想されるため……。

レクチャーを頼んできた


九州北部エリアをメインフィールドにする、私の友人「タケちゃん」にレクチャーをお願いしました!

エギングのパイオニア「YAMASHITA」のフィールドスタッフを務め、時には九州から飛び出し年中イカを追いかけているタケちゃん。

自身のYouTubeチャンネル“釣り好きタケちゃんネル!!”の活動や、釣り雑誌のコラム、大会の運営など活動も多岐にわたる凄腕アングラーなのです。

春のエギングは何が特徴なの?


タケちゃんと合流し、早々とエギング談義に盛り上がる釣り好き!まっちゃん。

さっそく春のエギングについてポイントを聞いてみましょう。

キーワードは接岸


釣り好き!まっちゃん
暖かくなり水温も少しづつだけど上がってきているね。

今のうちに春エギングの準備しないと……って思うんだけど、どうしたらいい?


タケちゃん
どうって(笑)まぁ色々あるけど……何と言っても“接岸”がキーワードだね。

春は大型が接岸してくる時期。回遊してくるポイントを読んで、先回りすることが最重要よ。


釣り好き!まっちゃん
なるほど、ポイント選びが重要なわけですな。具体的にはどんなことをやってポイントを決めよる?


タケちゃん
正直、一概には言えないんだよ。釣り場によって接岸のタイミングは大きく変わるからね。


釣り好き!まっちゃん
水温が高ければいい。というわけではないのね。


タケちゃん
それも重要! ただ、それはあくまで基本だから。その年やベイトパターンによって左右されるから、結局は通うポイントのパターンを見極めることが重要になるよ。


釣り好き!まっちゃん
春イカめちゃくちゃ難しいじゃん

じゃあどうしたらいいのよ!


釣り好き!まっちゃん
でもさ、エギングを始めたばかりのビギナーさんや初めての土地に行ったとき、現地のパターンを見極めるのは難しくない?


タケちゃん
そうだね。情報が少ないと確信も持てないから、「イカ絶滅しとらん?」ってモチベーションも下がってしまう(笑)


釣り好き!まっちゃん
でしょ? じゃあ、実際情報が少ない場所での立ち回りなんかはどがんしよると?


タケちゃん
ベイトが多く、新しい潮が流れる外洋に藻場が絡むようなところをとにかく探してランガン。後で説明をするけど、“春イカが好む要素が複数ある場所”を探すことが重要だね。

春のポイント選び“3大要素”


釣り好き!まっちゃん
春イカが好む要素って?


タケちゃん
ポイントを回りながら、ちょっと解説していこうか!

シャロ―エリア


まず初めに抑えていきたいのは、水深が浅いシャローエリア。

シャローはベイトの逃げ道が少ないため、イカの捕食スイッチが入り易いメリットがあります。

水深1メートルを切るような場所にとんでもないモンスターが居るケースも。

タケちゃん
こんなところにイカは居ないと決めつけず、まずはエギを通してみることが大事。水深がないのでシャロータイプ餌木の出番ばい。

藻場


海中に生い茂る“藻場”は、またイカが外敵から身を守る安全地帯。

藻が多すぎると釣りにくいかとは思いますが、藻の中に身を潜め捕食のチャンスを覗っている個体もいます。藻の合間を縫うようにピンスポットなシャクリで誘ってみて下さい。

タケちゃん
カンナに藻やゴミが引っ掛かっているとイカは違和感を覚えて抱きません。毎投ごとにカンナをチェック!

潮通し


潮通しは最重要です。

潮が止まっているとプランクトンや海中酸素が減少し、ベイトの動きが鈍ることからイカの捕食行動がストップしてしまいます。

潮の変化する瞬間はチャンスとなりますので、エギに伝わる潮の感覚を感じながらイカが居そうなポイントへエギを送りこみましょう。

タケちゃん
場所によりイカの回遊や活性が上がる潮が必ず存在するので、ヒットした時の流れ方を覚えておくと次に繋がるばい!

春エギングは必要アイテムも違うの?


釣り好き!まっちゃん
ショアからキロオーバー、あわよくば2キロ以上とランカーアオリが狙える春。やっぱエギは大きい4号サイズを使いよる?


タケちゃん
正解はイカに聞いてみないとわからん(笑)でも、自分は基本ずっと3.5号を使いよるよ。春イカ=大きいエギを使うってイメージがあると思うけど、3.0号や2.5号までバッグに用意してる。



釣り好き!まっちゃん
でもエギのサイズを落としたら、イカのサイズも落ちてしまいそうな気がする。


タケちゃん
釣り場のベイトが予想以上に小さく、シビアな春のデカイカが3.5号に反応しないことが結構ある。そんな時はエギをベイトサイズに合わせて攻略出来ることがあるけん、むしろデカイカを捕るためにサイズを落としているよ。


釣り好き!まっちゃん
やはりマッチザベイトが重要という訳ですな!


タケちゃん
他にもラトルやグロー系など、出来るだけ多くの引き出しを用意しておくことがオススメばい!

ライン


タケちゃん
これは人それぞれと思うけど、リーダーをフロロの2号から2.5号に変更するかな。


釣り好き!まっちゃん
メインのPEラインは秋シーズンのまま?


タケちゃん
秋シーズンのまま、0.6号を使いよるばい! 強度はドラグ設定で調整できるし、やはり飛距離や操作性を優先したいかな。

タモ網


タケちゃん
それと用意しておきたいのがイカをすくい上げるタモ網かな。


釣り好き!まっちゃん
タモ網でよかと? エギングではギャフが使いやすくないか?


タケちゃん
もちろんギャフが使いやすかとけど、卵を持った個体もいる春シーズン。 ギャフ掛けしてしまうとリリースが厳しくなるけん生態維持の為にもタモ網の準備をオススメしたい。


釣り好き!まっちゃん
さすがはイカを愛し、イカに愛された漢!どちらも用意します(感激)

デカイカはもう目の前


釣り好き!まっちゃん
何か今シーズンは自己記録更新の予感! って、あれ? 秋イカサイズなんだけど。


タケちゃん
イカに対する情熱の足らんとよ(笑)



秋の新子シーズンのように数は多くありませんが、ビッグワンと出会える刺激的な春のエギングシーズン。

ビギナーさんもエキスパートの方も今春は自己ベスト更新を目指して、しゃくり倒してみてはいかがでしょうか。

春におすすめのエギ

ITEM
エギ王Kシャロー・スーパーシャロー


タケちゃん
低活性のスレイカに効くエギ王K。安定した姿勢を保ちやすく、スローにじっくりアピール出来るシャロータイプは春の必須エギばい!


釣り好き!まっちゃん
強風にも強く、とにかく扱いやすいので私も手放せない一軍エギです!

関連記事










このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!