リールメンテナンスのプロが伝授!リールの分解整備と注意点

2019/07/02 更新

釣り人ならば「リールを分解してみたい」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、リールの分解にはリスクも伴います。今回は、リールメンテのプロが「どこまで分解してもいいのか」を解説します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

リールを分解したい!

スピニングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣りに心奪われる方なら、1度は思ったことがあるのではないでしょうか。

「自分の手にかかれば、さらに性能がよくなるのでは!?」という気持ちが、ネジを回そうとする気持ちに拍車をかけますよね。

これはメカ好きの男子ならば、当然の心理なのかもしれません。

しかし、リスクが……

リールのメンテナンスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
リールの内部はいわば「パンドラの箱」です。

何の知識も持たずに分解すると、後戻りできず、バラバラになった金属を前にして途方にくれることに……。

そこで今回は、スピニングリールの“どこまで分解してもいいのか、悪いのか”を、リールマニアが解説します。

“年間100台以上”を分解したリールマニア

撮影:TSURI HACK編集部
佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。


ハンドルノブ

ドライバーで分解

リールのハンドルノブの画像
提供:佐藤稜真
マイナスドライバーまたはプラスドライバーを使って、ノブ本体やその中のベアリングを取り外します。

シャフトから抜き取るだけなのでとても簡単ですよ。

パーツの洗浄&オイルを補充

提供:佐藤稜真
分解が終わったら、ハンドルのシャフト(ノブが付いていた棒の部分)とノブ内部、ベアリングをパーツクリーナーで洗浄しましょう。

洗浄後は新しいオイルを挿して、元の順番通りに組み立ててください。




注意点

リールのハンドルノブの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハンドルノブのネジが露出しているリールもありますが、ノブキャップで隠れていることもあります。

キャップを外すハリガネのような工具が付属していることが多いので、リールを買った際の付属品をチェックしてみましょう。

動画編はコチラ

ドラグ

バネを外して分解

リールのスプールの画像
提供:佐藤稜真
まずはドラグノブを回して、リール本体からスプールを取り外しましょう。

スプールを取り出したら、見えているハリガネのようなバネを外してください。そうすると、内部パーツを取り出すことができます。

パーツの洗浄&ドラググリスを補充

リールのメンテナンスの画像
提供:佐藤稜真
ハンドルノブと同じく、取り外したパーツ類をパーツクリーナーで洗浄しましょう。

洗浄が終われば、ワッシャーにドラググリスを塗ります。間違っても、オイルを塗ってはいけませんよ。ドラググリスを用意してくださいね。


注意点

リールのスプールの画像
提供:佐藤稜真
ドラグの分解・組み立ての際は、バネの取り扱いに要注意。慎重に扱わなければ、ビヨーンとバネが吹っ飛びます。(バネの力がかなり強い)

また、順番通りに組まないとドラグが正常に機能しないため、外した後はバラバラにせず順番通り並べておきましょう。

▼ドラグのメンテナンスを詳しく紹介した記事です


動画編はコチラ



ラインローラー

マイナスドライバーで分解

提供:佐藤稜真
ラインローラーはマイナスネジが露出しており、そのネジをマイナスドライバーで外します。

雑にするとラインローラーが一気に抜け落ちるため、下側からベールの付け根を支えながら分解しましょう。

メンテ

提供:佐藤稜真
ハンドルノブやドラグと同じく、取り出したベアリングやシムをパーツクリーナーで洗浄し、新しいオイルを注油します。

オイルは、ハンドルノブに用いたものと同じでOKです。

注意点

ラインローラーの画像
提供:佐藤稜真
機種によってはパーツ点数が多いので、紛失や組み込み順を間違えないように注意してください。

また、ネジが固すぎる場合は、無理に回そうとするとネジが切れてしまうので、そんな時は無理をせずにメーカーへ預けましょう。

動画編はコチラ

ここから先はメーカーに任せましょう!

リールのメンテナンスの画像
提供:佐藤稜真
釣り人が分解してもいいのは、ここまで! ここから先の、ローターの取り外しやボディの分解は、絶対におすすめしません。

ネジの締め具合やパーツの組付け精度によって、回転の質感やバランスが大きく変わってくるため、専門のプロに任せたいところです。

メンテは必要!でも、やりすぎは禁物!

スピニングリールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
現在のリールはパーツの精度や防水機能の進化が著しく、使用後の水洗いと最低限のメンテナンスさえしていれば、長く快適に使うことができます。

必要以上のメンテナンスをしては、「改悪」になることが大半。

日ごろ最低限のメンテを欠かさず、年に1回メーカーに預けてオーバーホールを受ければ、リールが快調を保ってくれるはずです。

リールマニア愛用の工具たち

ITEM
PBスイスツール クラシック・プラスドライバー #0
サイズ #0
適合ネジ M1.6-2
軸径 4φmm
軸長 100mm
全長 190mm
質量 33g


ITEM
PBスイスツール スイスグリップ・マイナスドライバー 0.8X5.5 8100-3-50
刃先厚 0.8mm
刃先幅 5.5mm
軸径 5mm
軸長 50mm
全長 150mm
質量 46g


ITEM
ホーザン 先曲がりピンセット P-887
材質:ステンレス
重量:26g
全長:128mm
形状:先曲型
つまみ荷重:150g

関連記事


リールのメンテナンスの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

TSURI HACK随一のリールマニア。特にスピニングリールをこよなく愛する気鋭の若手ライター。某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram・Amazon運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!