初心者必読!釣り場ごとのおすすめメバリングロッドとメバル向けロッド選びのコツ

2019/01/07 更新

ライトソルトルアーの人気ターゲット『メバル』。飛距離、操作性、フッキング効率などの要素が釣果を左右するメバリングでは、ロッド選びが重要となってきます。今回は、メバリングを本格的に始める初心者から中級者の方に向けて、ロッド選びのポイントとおすすめロッドをご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

メバリングに必要な要素とロッドの関係性

メバルとロッド
撮影:TSURI HACK編集部
堤防だけでなく、地磯からサーフ、ゴロタ浜と、様々なフィールドで出来る『メバリング』。メバリングではフィールド・シチュエーションの特性に合わせて様々な要素がロッドに求められます。

大きくメバリングロッドに求められる要素は三要素あり、それぞれの要素をどの程度求めるかによって、選ぶスペックが変わってきます。本記事ではメバリングロッドに必要な要素やおすすめのロッドをご紹介していきます。

投げやすさを左右するロッドのスペック

制作:TSURI HACK 編集部
メバリングロッドでは、基本的には、UL(ウルトラライト)という軟らかいロッドがおすすめです。その理由としては、メバリングで使用するルアーが基本的に軽量であること、また使用するラインも細いのでロッドにクッション性が無いとラインブレイクしやすいことなどが挙げられます。

ただし、場所によっては、強引なファイトや重めのルアーを使用するケースもあるため、そのような場合は1〜2ランク上の硬さを選ぶようにしてみてください。

操作性、飛距離を左右するロッドに求められるスペック

メバルプラッキングのロッドのレングス
制作:TSURI HACK 編集部
メバリングロッドでは操作性と飛距離はロッドの長さで変わってきます。操作性が高いロッドの方が、ルアーが泳いでいるレンジやアクションを細かに変えることが可能です。さらに、遠くにいるメバルを釣り上げるためには、飛距離も必要となってきます。

操作性を高めるのであれば、短いロッドの方が振りやすくなるためがおすすめです。ただし、長いロッドのほうが飛距離を出しやすくなるので、ポイントの特性や釣り方に合わせて選ぶ必要があります。

7フィート前後のロッドが、中間的な長さとなるため、初めはこのくらいの長さのロッドを購入するようにしましょう。

フッキング効率の必要性とロッドに求められるスペック

メバルプラッキングのティップの種類
制作:TSURI HACK 編集部
メバリングではプラグやワームを使ったりと釣り方が非常に様々で、それぞれに合ったロッドを使うことも求められます。

大きくはティップの違いで選ぶと良く、基本的にプラグメインで使用するのであれば「チューブラーティップ」、ワームメインで使用するのであれば「ソリッドティップ」がおすすめです。


堤防で使うメバリングロッドの選び方

堤防
出典:photoAC
堤防でのメバリングは、アクセスがしやすく釣り人が多いので、幅広いルアーが使える汎用性と操作性重視、またプレッシャー対策を考えたロッド選びをしていきたいところ。

ちょっとしたルアーのアクションや泳がせるレンジの違いでヒットの有無が変わることが多いメバルなので、それに合わせてロッドを選んでいきましょう。

堤防においては常夜灯周りや堤防の基礎部分・テトラを中心にメバルが居着いていることが多いので、あまり遠投性を求めなくても大丈夫です。具体的には長さが6フィート後半から7フィート半程度までの長さが使いやすいです。

堤防でのメバリングにおすすめのロッド

堤防でのメバリングでは、上記内容を踏まえて下記2つのロッドがおすすめです。汎用性と操作性重視か、それともプレッシャー対策で軽量リグの使用をメインで行っていくかに合わせてそれぞれのモデルを使い分けてみてください。

▼YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent 74Ⅱ

最大8グラムまでの幅広いルアーに対応できるヤマガブランクスのBlueCurrent 74Ⅱ。全体的にシャープな調子となっていて、ルアーの操作がしやすい特徴があります。

メバリングだけでなく、アジングにも対応できるようなティップの繊細さを持っているので、メバリング・アジングどちらも楽しんでいきたいというような方にもおすすめです。

ITEM
YAMAGA Blanks(ヤマガブランクス)BlueCurrent 74Ⅱ
全長:7.4ft
継数:2本
仕舞寸法:114cm
ルアー重量:MAX8g
ナイロンライン適合:1-4lb
フロロライン適合:1-4lb
PEライン適合:0.2-0.5号

▼TICT(ティクト) アイスキューブ IC-69F-Sis

アイスキューブ IC-69F-Sisは、繊細なカーボンソリッドティップを搭載した7フィートアンダーのメバリングロッドです。

使いたいシチュエーションは、釣り人が多い堤防で釣りをする時。軽量なジグヘッドを操作して、食わせ重視で釣りをしていく必要がある状況で活躍してくれます。

ITEM
TICT(ティクト) アイスキューブ IC-69F-Sis
全長:6.9ft
自重:63g
継数:2本
仕舞寸法:106cm
ルアー重量:0.1-3.5g
ナイロンライン適合:0.8-2.5lb

小磯で使うメバリングロッドの選び方

小磯
出典:photoAC
小磯におけるメバリングでは、遠投性とパワーを併せ持つロッドを選んでおきましょう。小磯ではメバルが足元から遠くの障害物まで、状況によってどこに潜んでいるかが非常に分かりづらいです。

また、ヒットした際には障害物から一気に引き離し、潜られてラインブレイクしないようにしておかなければなりません。そのため小磯におけるメバリングロッドでは、長さ7.6~8フィートで、ライトからミディアムライトパワーを持つロッドがおすすめとなります。

小磯でのメバリングにおすすめのロッド

上記小磯におけるメバリングロッドの選び方を踏まえ、以下2つの製品をご紹介します。プラッキング中心なのか、キャロライナリグなどワーム中心の釣りをしていくのかで使い分けてみてください。

▼APIA(アピア) legacy’ BLUE LINE 77MLT

アピアのlegacy’ BLUE LINE 77MLTは、高弾性素材をより多く使用してあるメバリングロッド。シリーズ中最長であるレングスは、小磯で重要となる遠投性とパワーを兼ね備えています。

ルアーウェイトは最大12グラムまで対応していて、高弾性素材とミディアムライトパワーで操作性も高いロッドなので、小磯でプラグやメタルジグを使うのに最適です。

ITEM
APIA(アピア) legacy' BLUE LINE 77MLT
全長:7.7ft
自重:88g
継数:2本
ルアー重量:1.5-12g
ナイロンライン適合:2-4lb
PEライン適合:0.3-0.6号

▼AbuGarcia(アブガルシア)Salty Style Mebaru STMS-802LT-KR

フロートリグやキャロライナリグなどメバリングにおける重量系リグから、1グラム前後のジグヘッドまで対応可能なアブガルシアのSalty Style Mebaru STMS-802LT-KR。

8フィート・ライトパワーの仕様は遠投やパワーはもちろんのこと、足場が高い小磯であっても抜群の使い勝手の良さがあります。パワーがライトなので、主にワーム中心で使っていく場合はこちらのロッドがおすすめです。

ITEM
AbuGarcia(アブガルシア)Salty Style Mebaru STMS-802LT-KR
全長:8ft
自重:109g
継数:2本
仕舞寸法:125.5cm
ルアー重量:0.8-12g
ナイロンライン適合:1-4lb
PEライン適合:0.1-0.8号

ゴロタ、サーフで使うメバリングロッドの選び方

ゴロタ浜
出典:photoAC
ゴロタやサーフでのメバリングでは、遠投性重視の長いメバリングロッドが必要となります。ゴロタやサーフにおいては、波打ち際にメバルが寄ってきて来ることは稀で、大抵の場合捕食を行いやすい潮目や強い流れを避けられる海藻際などの沖合に潜んでいます。

また、ゴロタにおいては足場が制限されてしまうことも多いので、遠投性は絶対必要となります。遠投するためには8フィート以上の長さを持つロングロッドが使いやすいです。またロッドが長いことで波や風がルアーに与える影響を最小限にすることも出来ます。

ゴロタ、サーフでのメバリングにおすすめのロッド

ゴロタやサーフといったポイントの特性に踏まえ、以下に8フィート以上の長さを持つメバリングロッドを2つご紹介します。それぞれご自身が釣りをするポイントの特徴に近い性能を持ったモデルを選んでみてください。

▼PALMS(パームス) ピンウィール PTMGS-86

ピンウィール PTMGS-86は、メバリングロッドで最長の部類に入る8.6フィートの長さを持ったロングレングスが魅力。

各ルアーへの対応力も高く、尺メバルと呼ばれる30センチ越えの大型がヒットした際にも安心のパワーを持っています。特に遠浅なゴロタやサーフに最適な1本です。

ITEM
PALMS(パームス) ピンウィール PTMGS-86
全長:8.6ft
自重:100g
継数:2本
ルアー重量:0.6-10g
ナイロンライン適合:2-6lb
PEライン適合:0.2-0.6号

▼DAIWA(ダイワ) 月下美人 83ML-T

ダイワの月下美人 83ML-Tは他にも釣り人が居る中で、他の人が届かない場所まで遠投しメバルを狙う「竿抜け」を狙いやすいロッドです。

フロートリグやキャロライナリグを遠投し、ワームをナチュラルに漂わせてメバルにアピール出来ます。遠くでバイトが合ってもフッキングミスが少ないファストテーパー設計としてあることも魅力です。

ITEM
DAIWA(ダイワ) 月下美人 83ML-T
全長:8.3ft
自重:110g
継数:2本
仕舞寸法:130cm
ルアー重量:3-10g
ナイロンライン適合:3-8lb


メバリング初心者が初めて購入するメバリングロッドの選び方

若葉マーク
出典:PIXTA
メバリング初心者の方においては、比較的釣りがしやすい堤防からの釣りから始めるのがおすすめ。堤防において飛距離はそこまで必要としないので、ルアーの汎用性と操作性を重視した1本を選んでみてください。

また、ある程度オートマチックにフッキングしてくれる食い込みのよいソリッドティップを搭載したモデルが初心者の方は使いやすく、メバリングロッドの基本である7フィート前後でウルトラライトパワーを持つモデルを使ってみるのがおすすめです。

メバリング初心者におすすめのロッド

ここではソリッドティップを搭載し、使いやすい7フィートの長さを持つメバリングロッドをご紹介します。自分がやってみたい釣り方に合ったどちらかのモデルをぜひ使ってみてください。

▼メジャークラフト「三代目」クロステージ CRX-S702UL

メジャークラフト「三代目」クロステージは、初代からモデルチェンジを繰り返しつつ今なお高い人気を誇るシリーズです。

CRX-S702ULにおいては、穂先が非常に柔らかいエクストラファストとなっていて、食い込みはもちろんのこと、操作性も高くなるよう仕上げられています。プラグやジグヘッドなど様々なルアーを使っていきたい方におすすめです。

ITEM
メジャークラフト「三代目」クロステージ CRX-S702UL
全長:7ft
継数:2本
ルアー重量:0.4-5g
ナイロンライン適合:1-5lb
PEライン適合:0.1-0.6号

▼SHIMANO(シマノ) ソアレ BB S700SULS

ソアレ BB S700SULSは、小型から中型サイズのメバルを数釣りすることを重視して設計されているモデルです。

しなやかで高強度のソリッドティップ「タフテックα」を搭載し、しっかりと食い込ませてフッキングしていくことが可能となっています。ジグヘッドでワームをメインに使っていくのであれば、こちらのモデルがおすすめです。
ITEM
SHIMANO(シマノ) ソアレ BB S700SULS
全長:7ft
自重:68g
継数:2本
仕舞寸法:109cm
ルアー重量:0.4-4g
ナイロンライン適合:1-3lb
PEライン適合:0.1-0.4号

メバリングロッド選びで釣果アップ!

メバルの釣果画像
出典:ダイワ
本記事で解説したように、メバリングロッドはシーンによって必要となる長さや硬さが変わってきます。

シーンごとに適したロッドを選ぶことで、釣果アップにつながってくれることでしょう。ぜひ本記事でご紹介した内容とおすすめメバリングロッドを参考にしてみてください。

メバルとロッド
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!