【釣り上達への早道】ルアーマンが“絶対にすべき”エサ釣りはコレだ!

2018/11/29 更新

普段の釣りは「ルアーゲームが中心」というアングラーも多いのではないでしょうか。しかし、“ルアーが上手い人は、エサ釣りも上手い”と、聞いたことはありませんか?そこで、ルアーマンが“絶対にすべき”エサ釣りを特集しました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

エサ釣りから学ぶことは多い

エサ釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
「ルアー釣りが上手い人は、エサ釣りも上手い」と、聞いたことはありませんか? 一見、ルアー釣りとエサ釣りは相反するものに見えますが、実は共通点が多いのです。

エサか疑似エサかの違いだけで、アタリの取り方や潮の読み方など、釣りの基本は同じ。意外とエサ釣りから学べることが多いんです!

“ルアーマンがすべきエサ釣り”を考えてみた

エサ釣りといっても、対象魚と釣り方は多種多様。

そこで、「この釣りしてたら、絶対にルアーも上手くなるわ~」という釣りを、編集部の経験を基に独断と偏見でチョイスしました!


カワハギ釣り

“誘って掛ける”ことを高次元で求められるのが、カワハギ釣り。ゲーム性が高い超攻撃的な釣りであるため、ルアー釣りとの共通点が多いのも特徴です。

ルアータックルを流用したハギングが注目を集めており、ルアーマンも手軽にチャレンジできますよ。

▼ハギングを特集した記事です


超ハイレベルな“掛けるチカラ”が身に付く

船釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
『エサ盗り名人』といわれるカワハギを掛けるためには、多彩なアクションで誘い、繊細なアタリを感じ取ることが求められます。

そのため、エギングやアジングをしているアングラーにおすすめです。カワハギをマスターすれば、アジのバイトがゆっくりに感じられるかもしれませんよ。

泳がせ釣り(ノマセ釣り)

泳がせ釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
生きた小魚をエサにする泳がせ釣りは、フィッシュイーターを狙う基本ともいえる釣法。

青物やシーバス、ヒラメ、アオリイカなど、ターゲットが重なるため、ルアー釣りにもっとも近いエサ釣りかもしれません。

▼即席でできる泳がせ釣りを特集した記事です


捕食過程が“まる分かり”

泳がせ釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ルアー釣りの多くは、バイトが「ゴンッ」という一瞬。しかし、泳がせ釣りはエサを追いかけるところから飲み込むまでの、全捕食過程を感じることができます。

フィッシュイーターが迫ってエサが暴れる様子、バイトの瞬間、飲み込む過程が、竿先やウキから伝わります。

そのため、フィッシュイーターの本質を直に体感できるはず。水中のイメージを明確に掴むためにも、全ルアーアングラーにおすすめしたい釣りです。


フカセ釣り

フカセ釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
潮の流れを読み、マキエと仕掛けを同調させてチヌやグレを狙うフカセ釣り。

マキエで魚をコントロールするという、ルアーとは正反対の釣りに思えますが、海釣りでもっとも大切な“あること”を鍛えられるのです。

▼フカセ釣りに必要な予算を調査した記事です


“海を見る目”が鍛えられる!

海の画像
撮影:TSURI HACK編集部
フカセ釣りでもっとも大切なのは、潮を読むこと。マキエと仕掛けをうまく同調させるには、わずかな潮流の変化を読み取らなければなりません。

目まぐるしく変化する潮流に対峙するため、“海を見る目”が鍛え上げられ、あらゆる釣りが上手になるといっても過言ではありません。

いろんな釣りに挑戦しよう!

鮎釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
「○○釣りしかしない!」という方も多いかもしれませんが、いろいろな釣りをしてみると、新たな発見が多くあります。

ひとつの釣りをやり込むのもよいですが、視野を広く持って、いろんな釣りをしてみるのが上達への早道ではないでしょうか。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!