あなたはエサ派?それともルアー派?アンケート結果発表!

2018/10/16 更新

釣りは大別して、餌での釣りとルアーでの釣りの二つに分けられます。どちらも魅力にあふれた釣りである事に変わりませんが、世の釣り人はどちら派が多いのでしょうか?


アイキャッチ画像出典:いらすとや

あなたはエサ派?それともルアー派?

TSURI HACK編集部は読者の皆様に「エサ派ですか?ルアー派ですかという」というアンケートを実施。寄せられた2355件のアンケート結果と、双方がどうしてその釣りを選んだのか、気になる回答をご紹介!

エサ派の意見

のんびりしたい

出典:pixabay

ルアーは忙しい。エサ釣りでまったりしてるのが好き。

釣りに肩肘張らず、自然の中でのんびりと過ごしながら魚を待つというのも良いものです。待っている間に友人や仲間と会話を楽しんだり、ゆったりとコーヒーなどを口にしたりすれば、特別な時間を味わえますね。

エサの方が釣れるから

出典:PIXTA

ルアーもやりますが、エサの方が圧倒的に数が釣れるからですね!腹を減らした家族が待ってますので、ボウズでは帰りづらいですよ。

釣りのターゲットとなる魚が実際に日々口にしている物を使って釣りをするということは、ルアーを使用するよりも圧倒的に有利ですよね。集魚力や魚の口を使わせ易い点で、ルアーよりもエサに軍配が上がりそうです。

ルアーは疲れる

出典:pixabay

ルアーは常に巻いたりしゃくったり疲れる。

ルアーを使った釣りではキャストをしたらロッドをしゃくってアクションをつけたり、リーリングしたりしなければなりません。大物狙いであればあるほどタックルの重量は増し、魚が掛かった時のファイトにも相当な力が必要です。

ルアーが高い

出典:pixabay

ロストした時の精神的ダメージが大きい。

ルアーには様々な種類の物があり、それぞれ用途や使い方が異なります。数種類のルアーを集めようとすればその金額はかなりのものに。しかも、草木や水中で根掛かって無くしてしまったときのショックは大きいでしょう。

ルアーは難しい

出典:pixabay

ルアーの種類がいっぱいあって、どこから始めたら良いかわからない。

ルアーには水に浮く物や重く底に沈んでいくものなど種々のタイプのものが存在します。メーカーによって動きが違うこともあり、実際に使ってみてしっくりこなかったり、慣れるまでは難しいと感じる釣り人も少なくないでしょう。

魚に最後の晩餐を

出典:pixabay

釣った魚は食べるので、釣り上げる魚の最後の晩餐は疑似餌よりエサを食べさせたい。

食べて美味しいターゲットを狙っている釣り人の中には、魚の最後の晩餐として疑似餌ではなく本物の餌を味わわせてやりたいと考える人もいるようです。その命をいただくわけですから、魚に対して最後の情けをかけたくなる気持ちも分かります。

イソメに触りたい

出典:pixabay

イソメに触りたい(笑)ルアーを使わないわけではない。

「できればイソメには触りたくない」と思う人は、決して少なくはないでしょう。しかし、なかには「触りたい」と思う人もいるようです。様々な生き物に対する好奇心。そんな好奇心も、魚釣りに通じているのかもしれません。

ルアー派の意見

ゲーム性が高い

出典:pixabay

エサをしないというわけではないが、偽物を本物に見せて魚を騙すのが単に楽しい。個人的に餌釣りよりも難しい事も負けず嫌いな自分としては魅力であるから!

ルアーを餌のように見せ、ターゲットの魚に食いつかせるというのは、決して容易なことではないでしょう。数ある中からルアーを選択し、キャストするポイントを絞ってルアーを生き物のように見せた結果、魚が釣れる。様々な要因がピタリと合致しなければ釣れないゲーム性は、ルアーでなければ得られませんね。

エサは簡単に釣れるから

出典:pixabay

エサは釣れて当たり前。ルアーはエサに比べて難しい。エサは釣れたって感じでルアーは釣ったって感じ。

動かないルアーには魚は寄ってこず、寄ってきても見切ってしまうことがしばしばです。しかし、餌を付けた仕掛けであれば、釣り人が何もせずとも魚のほうから寄ってきて口を使ってくれます。ルアーは、より「自分で釣った」という満足感を得やすいのかもしれません。

エサは都度購入しないといけない

出典:pixabay

エサの準備をする必要がないため。

餌釣りでは、活きの良いものでなければ効果がない場合もあります。そのため買いだめはできず、もし余ってしまった場合は無駄になってしまいます。しかし、ルアーなら根掛かり・身切れなどをさせない限り、何度でも使用することができます。

虫餌や餌のニオイが苦手

出典:photoAC

餌くさい、虫嫌い。

餌は日持ちがしにくいし、冷蔵庫に入れとくと嫁に怒られる。

釣りに使用する虫餌の独特な臭いを苦手とする人は多いのではないでしょうか。車の中に充満してしまったり、臭いを気にして公共の交通機関を利用しにくくなったりする場合もあるのでは。ルアーなら、臭いのないものがほとんどです。

待つのが嫌い

出典:pixabay

待つのが辛い。

荷物が少なく移動が楽でランガン出来るから。

一箇所でただひたすら餌を泳がせたり、魚のアタリをま待ったりするのが苦手だからという回答。何もせずただ魚のアタリを待つのが苦手な人には、ルアーフィッシングのほうが向いているのかもしれません。

手軽

出典:pixabay

エサ釣りもしますが、なんといっても思い立った時そのまま直行出来るから。エサ買いに、どこの釣具屋に寄り道してとか考えないで済む。

手や道具が汚れにくいので後始末が楽。あとは釣具屋の営業時間を気にしなくて良い。

餌釣りの場合、餌の調達から、餌を練ったり、解凍したりという準備の手間がかかります。また、餌を入れておくための容器や生簀を用意したりと、なにかと荷物が多くなってしまうもの。思い立った時に釣り場へ直行できる手軽さでいえば、ルアー釣りのほうが勝るのかもしれません。

ルアーで釣る楽しさ

出典:pixabay

おもちゃみたいな物で魚が釣れる事が面白くてルアー釣りを始めました。40年弱釣りをしていてその面白さは変わらないです。

確かに、ルアーにはベイトフィッシュに似せたものから「まさかコレで釣れるの!?」と驚きの見た目をしている物まで様々ですよね。そういった個性的なルアーを使ってみるのも、それで魚が釣れるのも、どちらの瞬間も楽しいものです。

あなたはエサ派?それともルアー派?アンケート結果発表!

ルアー派73.1%(1722票)

エサ派:26.9%(633票)

今回のアンケートは、ルアー派が70%以上を占める結果に。ですが、今回は「どちらもやるという方は“どちらかと言えば”というほうを選んで下さい」という質問の仕方だったので、正確な割合ではありません。かつ、双方の釣りをやっていて、どちらにも魅力を感じているという意見も多くありました。ルアーにはルアーの、エサにはエサの良さがありますので、是非とも両方に挑戦して頂ければと思います。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!