ムラソイの見分け方は? 特徴・生態・食べ方、おすすめルアーのまとめ

2018/10/31 更新

ソイの仲間で、釣りのターゲットとしても人気のムラソイ。今回はムラソイの生態から釣り方・料理などムラソイを色々な面からご紹介します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ムラソイという魚について

ムラソイ
出典:PIXTA
ムラソイはスズキ目メバル科に属し、体長30センチほどに成長する大きな目と口が特徴的な根魚です。見た目がカサゴに酷似しているため、関東ではカサゴとして売られている市場もあります。釣りではゴロタ場などの岩場、磯から狙える身近な魚として親しまれています。

ムラソイの分布・生息域

ムラソイは青森から宮崎までの太平洋岸、日本海沿岸、瀬戸内海などの日本の沿岸部に分布。ゴロタ場、磯などの岩礁帯や消波ブロックなどの浅場を好み生息し、特に初春から初夏の時期は水深が30センチも無いような超浅場までエサを求めて入ってくる事もあります。

その他のソイと呼ばれる魚につてはコチラ

ムラソイの形態的特徴

出典:PIXTA
ムラソイは背びれや尾びれに黒点があるのが特徴ですが、生息する水深や環境によって体色にバリエーションがあります。赤みを帯びた個体から、茶色に横縞が入ったような個体、真っ黒な個体も居たりと変化に富みます。

ムラソイの生態・食性

岩礁帯に生息することから、カニやエビ等の甲殻類から小型のハゼなど周辺の生物が主な捕食対象です。その捕食方法は岩の影などに身を潜め、近くを通ったエサに飛び掛かる待ち伏せ型。また産卵期は春~初夏の時期で、卵でをお腹の中で孵して稚魚の状態で海中に放出する胎生魚です。

ムラソイ・カサゴ・タケノコメバルの違い・見分け方

ムラソイの特徴
提供:釣具のポイント(ムラソイ)
ムラソイはカサゴによく似ており関東の市場ではカサゴと間違われて売られてることもあるくらい見分けがつきません。一方、ムラソイとタケノコメバルは比較的簡単に見分けがつきます。体色は生息している岩礁帯の色の影響を受け変化が大きいため、顔つきやヒレの形、体型等の特徴で見極めることがポイントになります。

カサゴ
提供:釣具のポイント(カサゴ)
カサゴは赤い体色・丸っぽく白い斑点がある尾ビレ・下あごが出ている特徴を持っています。ムラソイと見分けるポイントは下あごの位置、体色に注目!それでもわからない場合は尾ビレの形や色を確認します。

タケノコメバル
提供:釣具のポイント(タケノコメバル)
タケノコメバルの体色は明るく、アイナメのように体高が低いです。ムラソイは黒く、体高があるので比較的簡単に見分けがつきます。

ムラソイの食べ方と料理レシピ

魚の揚げ物
出典:PIXTA
ムラソイは秋から春にかけてが旬。市場では活けのもので大きいと1匹1000円ほどで取引される高級魚です。刺身、煮付け、塩焼き、あら汁、唐揚げなど様々な料理を楽しめます。アベレージサイズは20センチ前後と大きい魚ではないので、小さめムラソイは丸ごと、30センチクラスの大きいムラソイは刺身などサイズによって適した調理方法があるので注意が必要です。

ムラソイの刺身

体長が30センチを超えるムラソイであれば、刺身がオススメ!皮をすき引きし、頭と内蔵を取り去ったのち三枚おろしにして切りつけます。甘味とある上品な白身は適度な歯ごたえもあり、マイナーながら高級魚であることが頷ける味わいです。

ムラソイの煮つけ

20センチほどの中型サイズのムラソイは煮付けで美味しくいただく事が出来ます。ウロコと内蔵とエラを外したのち、しょうゆ、砂糖、みりんにショウガを加えた煮汁で煮付けます。火を通す事で適度に身がしまり、甘めの煮汁との相性も抜群の逸品です。

ムラソイの唐揚げ

小型のムラソイは丸ごと唐揚げにすると無駄なく食べる事が出来ます。ウロコと内蔵、エラを外したムラソイの背びれの両側にしっぽまで切り込みを入れ、塩と片栗粉をふって180度の油でじっくり揚げます。ご飯のおかずにもおつまみにもピッタリな食べ方です。

ムラソイの味噌汁

癖がなく強い旨味を持つムラソイの美味しさを余すことなく楽しめるのがみそ汁。内蔵とウロコを取り去ったムラソイを、水から煮込んで味噌を溶くだけのお手軽さも魅力。身や皮、骨からも非常に良い出汁が出るので、みそ汁食べたさにムラソイを釣りに行く人も居るほどの絶品です。

ムラソイの釣り方

ムラソイの釣り
出典:PIXTA
ムラソイはゴロタ場や防波堤のテトラ帯、浅い磯場で狙う事が出来るため、釣りのターゲットとしてもポピュラーです。エビやカニ、小魚を捕食する食性を利用し、アオイソメやイカの切り身を使った餌釣りや、ワームを使ったルアー釣りで釣る事が出来ます。

ムラソイを狙うのに適した時期

出典:PIXTA
ムラソイの食べ頃の旬は秋から冬にかけてですが、釣りでは逆になり4~11月がハイシーズン。特に夏場は水深50センチにも満たない浅瀬にもあがってくるので、釣りをするなら春から秋にかけてがおすすめです。ハイシーズンをすぎても3~5メートルの浅場に生息しているため岸から手軽に狙えます。

ムラソイが潜むポイント

出典:PIXTA
ムラソイ釣りはゴロタ場が特におすすめです。夏場には足元にも上がってくるので、意外なところでムラソイが釣れたりします。またサイズの割に引きが強く、エサを咥えると根の中に素早く戻っていく習性があるため、当たりが出たら即合わせて根から引き剥がすのがポイントです。

エサ釣り(穴釣り)

ムラソイのルアー テトラやゴロタ場の岩の隙間にエサを直接落とし込む釣り方。アオイソメといった餌を用いたブラクリ仕掛けで狙います。狙い方の基本はカサゴといった他の根魚と同じく、出来る限りタイトに仕掛けを落とすのがポイント。根掛かりとの戦いでもあるので、予備の仕掛けと錘は多めに持っていくと良いでしょう。

穴の中にムラソイが潜んでいればすぐにアタリが出ます。落としてエサを揺すって誘いをかけてもアタリが出ない場合、他の穴を次々と打っていくのが釣果を伸ばすコツです。
ITEM
ササメ ブラクリ



ルアー釣り

動くものに対して貪欲に反応するため、ムラソイはルアーで狙う事も出来ます。ポイントは餌釣りと同じく、ゴロタ場やテトラの隙間。ルアーであればやや沖目もキャスティングで狙う事も出来ます。

◆適したタックル
タックルは7~8フィート前後、L~ML程度のライトゲームロッドに、2000番、2500番程度のスピニングリールかベイトリールを組み合わせます。道糸はPEラインの0.8~1.5号、リーダーは根ズレを考慮して16~20ポンドが良いでしょう。ベイトタックルであれば3~5メートルほどのロングリーダーにすると更に根ズレに強くなり、キャッチ率を上げる事が出来ます。
ITEM
アブガルシア クロスフィールド XRFS-702L
全長:7'0ft
自重:96g
継本数:2本
仕舞寸法:109㎝
ルアー重量:0.8-14g
PEライン:0.6〜1.2号


◆適したリグとルアー
岩やテトラの隙間を狙うなら3~7グラムオフセットフックを用いたテキサスリグ、直リグ等の根掛かりに強いリグ、活性の高い個体をスイミングで狙うのであればジグヘッドリグがオススメ。ルアーは2~3.5インチ程度のクロー系やシャッドテールワームが良いでしょう。

また、ハードルアーを用いて狙う事も出来ます。ゴロタをかすめるようにシンキングミノーやシンキングペンシルをスイミングさせると良いでしょう。
ITEM
エコギア バグアンツ 3インチ

ITEM
エコギア グラスミノーM

ITEM
OSP HPシャッドテール ソルトカラー 2.5

ITEM
DUO テトラワークス TOTO42S
全長:42mm
重量:2.8g

ムラソイをとことん堪能しよう!

ブラクリとムラソイ ムラソイはカサゴ・メバルに似て目立たない魚ですがゴロタ場などの浅場で釣れるポピュラーな根魚です。春・夏にはムラソイ・カサゴ、冬場にはメバル釣りのようにロックフィッシュゲームのターゲットが広がりますね!楽しくムラソイを楽しく釣って、美味しい料理を堪能しよう!

紹介されたアイテム

ササメ ブラクリ
サイトを見る
アブガルシア クロスフィールド XRFS…
サイトを見る
エコギア バグアンツ 3インチ
サイトを見る
エコギア グラスミノーM
サイトを見る
OSP HPシャッドテール ソルトカラー…
サイトを見る
DUO テトラワークス TOTO42S
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!