アオリイカが釣れる人との差はここにある?実は知らないエギングの応用テクニック

2019/01/15 更新

日本古来のエギでアオリイカを狙う、人気のエギング。しかし餌釣りのように明確なアタリがないため、最初の一杯を釣るまでに苦労するケースもよく耳にします。今回は釣れてる人が実はやっている?エギング応用テクニックをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:Photo-AC

エギング応用テクニックについて

エギング 基本テクニック
出典:Photo-AC
海老の形に似せたエギと呼ばれるルアーを巧みに操り、アオリイカを狙う人気のエギング。技術も年々進化し、釣り方も多くのテクニックへと分岐しています。

エギングのテクニックに正解などはありませんが、釣れる人が実は実践しているような応用テクニックを紹介します。

▼基本のテクニックはコチラ


①しゃくりを利用したテクニック

エギングの誘い動作であるしゃくり。基本のアクションでありながら、とても重要な要素です。中でも使用頻度が高めの2テクニックを紹介します。

表層ダート

エギング 表層ダート
出典:PIXTA
マズメ・高活性の時は表層~中層にかけてイカが居ることがあります。着水後すぐにエギを数回ダートさせ、ストップ。動と静で食わせの間を演出してみましょう!

反応がない場合は着水後のカウントダウンでレンジを変更し、広範囲に攻めてみて下さい。

スラックジャーク

エギング スラッグジャーク
出典:illust-AC
スラックジャークは糸ふけを回収せずに多段シャクリを行うテクニックです。糸ふけを回収しないことでエギの移動距離を抑え、ピンスポットにターゲットへアピールすることが可能となります。

簡単に行うコツとして、“1段目のシャクリを小さくし、2段・3段と徐々にシャクリ幅を大きく”していくと感覚が掴みやすいです。

注意点として、慣れないとティップ部へ糸絡みすることがあります。特にこれからスラックジャークを習得しようと思われているエギンガーの方は、ロッド破損等のトラブルに繋がらないようキャスト前の確認を必ず行って下さい。

②フォールを利用したテクニック

しゃくりで誘いフォールで抱かせる、いわゆる食わせの間となるフォールのテクニック。違和感なくアオリイカをフッキングに持ち込むための2テクニックを見ていきましょう。

フォールの使い分け

エギング フォールの使い分け
出典:illust-AC
エギをアクションさせた後のフォールは、アオリイカがアタックしてくる重要な時間であり大事なテクニックの一つです。

フォールだけでも数種類パターンが存在しますが、代表的な『フリーフォール』『カーブフォール』を使い分けると良いでしょう。

■フリーフォール

糸ふけを作り、エギを引っ張らずに真下へ沈下させていくフォールです。糸ふけの変化を見てアタリを捉えます。

【メリット】

〇エギ本来のフォール姿勢を引き出せるため、プレッシャーの高いアオリイカに有効

〇真下に沈下するので、エギが手前に寄ってこず同じ場所をしっかり攻めれる

【デメリット】

×アタリが竿先、手元には伝わってこない/強風時のアタリ感知が難しい

■カーブフォール

糸ふけを無くし、ラインをしっかり張った状態でエギを沈下させていくフォールです。

【メリット】

〇エギが斜めに沈下するので、フリーに比べフォール時間が長くなり抱かせの間が取れる

〇穂先、手元にアタリが伝わってきやすい。また張っていたラインがふけるアタリもある

【デメリット】

×ラインテンションを嫌がり、エギをすぐ離してしまう

×風の影響がエギの動きに直結し易く、不自然な動きになる

×エギが手前に寄ってきやすく、誘いの回数が減ってしまう

ボトムステイ

エギング ボトムステイ
提供:釣り好き!まっちゃん
着底させて静止(ステイ)させるのも立派なテクニックの一つ。着底後に大きくしゃくりを入れ、そのままエギを動かさずじっと待ちます。低活性時の冬時期や警戒心が強い春の親イカシーズンに効果的な手段です。

③潮の流れを利用したテクニック

エギングにおいて、潮通しの良いポイントは外せません。特に潮が速い場面で活躍するのが、潮の流れを利用する“ドリフト”と呼ばれるテクニックです。

ドリフト

エギング ドリフト
提供:釣り好き!まっちゃん
潮の流れに乗せ、アオリイカが居るポイントまでエギを送り込むテクニック。潮と潮がぶつかる澱みや潮溜まりにはプランクトンや捕食対象となる小魚が多く、そこを目指してエギを落とし込んでいきます。

潮の流れで放出されるラインの速度が遅くなったり、テンションが緩んだりらポイントに到達した合図となりますので、一度しゃくりを入れアタリを待ちましょう。

バックドリフト

エギング バックドリフト
提供:釣り好き!まっちゃん
沖へ流れる払出しの潮に乗せ、キャストでは届かないポイントへエギを送り込むテクニック。潮の流れが弱い場合は、エギのウエイトを軽くし、緩やかな潮にも流される重さに変更しましょう。

また立ち位置を変えることで払出しの潮パターンを作れることもありますので、釣り場についたらまず潮の向きを確認してみて下さい。

ステイ中にラインテンションをかけるとカンナが下を向きやすく、根掛かりする可能性が増えるためテンションはあまりかけずフリーの状態で行いましょう。

釣れるエギンガーはテクニックを隠しているかも?

エギンガー 上級
提供:釣り好き!まっちゃん
エギをダートさせてフォールさせるシンプルな流れの中にも、アオリイカの捕食スイッチを促す様々なテクニックがあります。

やはり釣れる上級エギンガーは、テクニックの引き出しをたくさん持っており、その日その場の状況に合った最適なアクションを選択するのが上手です。

テクニックに磨きをかけて、夢のモンスターアオリイカを追い続けていきましょう。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!