知らないとヤバい!?『釣れがちな毒魚』の対処方と刺された時の注意点をマスター

釣り場でふいに遭遇してしまう毒魚や危険生物。刺されると、最悪の場合死に至ることもあるため注意しておきたいもの。今回は、そんなヤツらが釣れてしまった時の応急処置をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

毒魚の対策を知ろう

ハオコゼの画像
出典:PIXTA
釣り場で、ふいに遭遇してしまう毒魚や危険生物。刺されると最悪の場合、死に至ることもあるため注意しておきたいもの。今回は、そんなヤツらに刺されてしまった時の応急処置もご紹介します。

ハオコゼが釣れたら

毒魚の代表格、ハオコゼ
出典:PIXTA
ハオコゼは、堤防釣りの外道としてよく釣れる体長10センチほどの小さな魚です。体色もきれいで、熱帯魚みたいな愛らしさがあります。ただし背びれには毒をもっていて、刺されると1日~2日ほど腫れあがり、相当な激痛が走ることも。

ハオコゼに刺されてしまったらどうする?

ハオコゼに刺されるのは、そのほとんどが素手で握ってしまったことが原因。背びれが手に刺さる事例が後を絶ちません。もしハオコゼに刺されたら、すぐに真水で洗いましょう。ハオコゼの毒はタンパク性の毒で、熱に弱く60度ほどの熱湯で毒素を緩和できると言われています。

できれば熱湯ですぐに洗いたいところですが、やけどの恐れもあるので40~50度くらいのお湯で患部を温め、すぐに病院へ向かいましょう。




ゴンズイが釣れたら

出典:Wikimedia
ゴンズイも堤防釣りでよく釣れる外道の一種です。かわいい顔をしていますが、猛毒を背びれ・胸ビレに持つ魚です。日本近海ならどこにでも生息しています。夜行性のため、夜釣りで誤って握ってしまい毒に侵される事故が絶えません。

ゴンズイに刺されてしまったらどうする?

刺されると患部が痛みを伴って腫れあがります。先に紹介したハオコゼと同じような毒をもっているためです。もし刺されてしまったら、まずは真水で洗い流しましょう。できれば、40度くらいのお湯で洗い流すと毒を分解できるためベストです。その後、病院へと行きましょう。


アイゴが釣れたら

アイゴの魚体の画像
出典:PIXTA
アイゴは、メジナやクロダイ釣りの外道として知られる、30センチほどの大きさの魚です。背びれ・胸びれ・尻びれに毒をもち、刺されると激痛が走ります。日本の近海ならどこにでも生息している魚で、アイゴの持つ毒は個体が死んでも消えません。

アイゴに刺されてしまったらどうする?

アイゴは体長30センチほどの魚で、個体が大きくなればなるほど強い毒をもちます。アイゴ自身が死んだ後でも、ヒレの毒は消えずに、死骸を触って毒に侵されたという事例もあります。

こちらもハオコゼ、ゴンスイと同様、タンパク性の毒で熱による毒の緩和が有効です。刺されてしまったら、患部をお湯で洗い流すと効果的。その後は必ず病院へ行きましょう。




アカエイが釣れたら

アカエイの魚体の画像
出典:PIXTA
日本の近海に広く分布するアカエイも、しっぽに猛毒を持つ魚です。アカエイによる被害は後を絶たず、ウェーディングアングラーの大敵になっています。その強烈な毒針は、ウェーダーを貫通するほど鋭く、とても厄介な魚です。

アカエイに刺されてしまったらどうする?

アカエイに刺されると強烈な痛みがすぐに走ります。患部を真水かお湯で洗い流し、温めたまま病院に行きましょう。処置が遅れれば遅れるほど悪化するため、たかが魚の毒と侮らずに、適切に対処しましょう。


魚から身をまもるグッズ

エイと浜の画像
出典:PIXTA
では紹介した毒魚から身を守るためにはどうすればいいのでしょう? 当然ながら、最も良い防衛策は「触らないこと」。胸ビレなどに毒をもつから危険なのであって、触らなければ問題ありません。普段の釣りで活用できるグッズを紹介します。

小型の魚は『フィッシュグリップ』や『ワニグリップ』でつかもう

最近釣具店ではフィッシュグリップやワニグリップなるアイテムが売られています。これらの2点は、魚に直接手を触れずにつかめるアイテムです。ハオコゼやゴンスイは比較的小さいためワニグリップでつかみしょう。アイゴは比較的大きな魚なので、フィッシュグリップを使うと安全です。
ITEM
スタジオ オーシャンマーク オーシャングリップ
全長:210mm
自重:112g


ITEM
第一精工 ワニグリップミニMC+ホルスター フォリッジグリーン
全長:210×31×28mm
重量:80g




ウェーディング中に遭遇しがちなエイには“エイガード”を使おう

ウェーダーアングラーが河口やサーフで立ちこむときには、必ずエイガードを装備しましょう。アカエイの尾っぽのトゲは、ウェーダーを貫通するほど鋭く危険です。エイガードはスネから下部を覆うように装着することで、貫通を防ぐアイテムです。
ITEM
アイマ エイガード
エイの毒針から足を守るソックスタイプのエイガード。針状の突き刺さりを軽減する素材を採用しウェーダーのインナーとして着用することで、足裏からつま先・スネ・ふくらはぎまで全方位で毒針をガードします。


危うきには近づかずが鉄則

堤防で釣りをする画像
出典:PIXTA
海の魚の中には、最悪死に至る毒をもつ魚もいます。そのため、そのような魚がいることを頭に入れておき、事前にフィッシュグリップやエイガードなども準備しておきましょう。

対策を知ることで、同行者や家族など、一緒に釣りをする人も安心して釣りができますね。

関連記事

▽釣り場で使える『その他の便利グッズ』について人気の記事はこちら。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!