太刀魚ワインドで爆釣しよう!適したタックルや釣り方のコツとは

2019/01/08 更新

太刀魚が爆釣すると話題のワインド。気になっている方も多いのではないでしょうか。ワインドをするにあたり、専用のタックルが必要であるのか、また流用はできるのか。今回、ワインド仕掛けやタックル、釣り方のコツまでも一挙にご紹介します。


アイキャッチ画像出典:楽天市場

太刀魚のワインド釣法とは

太刀魚の画像
出典:PIXTA
太刀魚を狙うルアー釣法のひとつワインド。エギングのシャクリと同じようにロッドをシャクることで、不規則にルアーをダートさせ太刀魚のリアクションバイトを引き出す釣り。

元々はエギングのダートアクションを、ルアー釣りに応用できないかというメーカーの想いと、試行錯誤から生まれた釣法と言われており、現在では太刀魚の定番的な釣法にもなっています。

なぜ太刀魚に効く?

太刀魚に対して、ワインド釣法が効果的とされる理由は、左右に大きくスライドするダートアクション。この動きは、太刀魚が小魚を捕食する際、逃げ惑う小魚に似た演出するため、捕食本能が刺激されルアーに喰いつくとされています。

太刀魚ワインドに適したシーズン

太刀魚ワインドの時期の画像
制作:TSURI HACK 編集部
太刀魚ワインドに適したシーズンは、エサとなるカタクチイワシなどが接岸するタイミング。一般的に梅雨あたり(5・6月頃)からとされています。

太刀魚ワインドに適した時間

太刀魚は夜行性のため、日中に釣果を望むのは厳しい魚です。潮の満ち引きにもよりますが、日の出・日の入り前後の1時間や、夜間が良いでしょう。
※夜釣りをされる際は、釣り場のルールに従いましょう。

太刀魚のワインド仕掛け

太刀魚ワインドの画像
出典:楽天市場
太刀魚のワインド仕掛けは、ダートアクションに適した矢じり型のジグヘッドにワームをつけて使用します。ハードルアーに比べると価格も手頃であるため、初心者でもチャレンジしやすいルアーゲームです。
これさえあれば誰でも簡単ワインド釣法!
ITEM
メジャークラフト ジグパラ ワインド スタートキット

エコギアのワインド釣法の定番アイテムがセットになった!
ITEM
エコギア パワーダートコンビ
自重 : 20g

ワインドゲームの入門にはこれが一番!?

ITEM
クロスファクター サイコイナズマワインドセット

綺麗なダートアクションを誰でも簡単に!ワインド専用ジグヘッド!
ITEM
オンスタックルデザイン ZZヘッド

絶妙なダートアクションと使いやすさにこだわったワインド専用ワーム!
ITEM
オンスタックルズ マナティー75


▽ワインド釣法用のさまざまなルアーを販売するオンスタックルの紹介記事です。

プラスαでケミホタル

ナイトゲームで太刀魚を釣る際は、暗い水中でアピール力をアップさせる“ケミホタル”を取り付けます。太刀魚は光に寄ってくる習性がありますので、ワインドのみならず、さまざまな太刀魚釣りで用いられています。
ITEM
ルミカ ケミチューン


太刀魚をワインドに適したタックル

太刀魚ワインドのタックル画像
制作:TSURI HACK 編集部
ワインド釣法が普及してきたことにより、大手メーカーを中心にさまざまな専用ロッドが販売されています。しかし、ワインド釣法のためだけに専用のロッドを用意するのをためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、専用ロッドを使うメリット、流用するのに適したロッドについてご紹介します。それぞれのスタイルや予算に合わせてワインドに適したタックル選びをしてみてください。

専用ロッドのメリット

ワインドは、長時間シャクリを繰り返す釣法であるため、手首にかかる負担が非常に大きくなります。専用ロッドの場合、グリップが長めに作られておりシャクリの際はもちろん、ファイト時のアングラーにかかる負担を軽減できるメリットがあります。

また、ワインドに向いたハリのあるロッドが多いため、ルアーを快適にダートさせられる点も魅力です。
本格的なワインド釣法に挑戦する方のエントリーモデル!
ITEM
メジャークラフト 3代目 クロステージ 太刀魚ワインド CRX-832MW
全長:8.3ft
継数:2本
ルアー重量:7-21g
PEライン適合:0.6-1.5号

アングラーの求める繊細なシャクリに対応する軽量モデル
ITEM
がまかつ ラグゼ ワインドマスターEX S86MH
全長:2.59m
自重:122g
継数:2本
仕舞寸法:134.5cm
ルアー重量:14-35g
PEライン適合:0.5ー1.2号
ナイロンライン適合:8ー14lb

エギングロッドが流用できる!?

専用ロッドの購入を迷っている方は、エギングロッドの流用もおすすめです。8フィート前後のM(ミディアム)アクションであれば、ワインド釣法にも使うことができます。専用ロッドに比べると、グリップが短く、手首にかかる負担が大きいためできるだけ軽いモデルを選びましょう。

▽ワインド釣法にも流用できるエギングロッドの紹介記事です。

    リール

    シマノ、ダイワ共に2500番台のサイズ、PEラインの0.8号が150メートル程度の巻量が良いでしょう。ソルトゲームに使用するため耐久性も大切ですが、ロッド同様シャクリ時の負担を軽減するために軽いモデルをおすすめします。
    コストパフォーマンス抜群!初心者におすすめのエントリーリール!
    ITEM
    シマノ ナスキー 2500
    ギア比:5.0:1
    自重:250g
    最大ドラグ力:9.0kg
    巻取り長:73cm
    ナイロンライン糸巻量(号-m):2-170-/2.5-150/3-120
    フロロライン糸巻量(号-m):2-140/2.5-125/3-100
    PEライン糸巻量(号-m):1-320/1.2-220/1.6-150

    上位モデルにも負けない!生まれ変わったハイスペックリール!
    ITEM
    ダイワ フリームス LT2500D
    ギア比:5.3:1
    自重:205g
    最大ドラグ力:10kg
    巻取り長:75cm
    ナイロンライン糸巻量(lb-m):12-150
    PEライン糸巻量(号-m):1.2-300

    ライン

    ワインド釣法では、PEラインがおすすめです。感度が高いうえに伸びが少ないので、ロッドワークをダイレクトに伝えることがで、キレのあるダートアクションが演出できます。

    必要なスペックは、0.8~1.2号を150メートル程度。太刀魚の鋭い歯で切られないように、ワイヤーリーダーを使いますが、アワセ切れ対策のためにショックリーダーも使用します。
    高品質でハイコストパフォーマンス!ソルトルアーの定番PEライン!
    ITEM
    よつあみ G-soul X8 Upgrade PE
    号数:0.8号(16lb)
    長さ:150m

    ソルトルアーゲームにおすすめの8本編の人気ライン!
    ITEM
    東レ シーバスPE パワーゲーム
    号数:1.2号(20lb)
    長さ:150m


    ▽PEラインを紹介している記事です。

      ノットが編みやすいソフト仕上げのフロロリーダー!

      ITEM
      ヤマトヨテグス フロロショックリーダー
      号数:5号(20lb)
      長さ:20m

      ▽ショックリーダーを紹介している記事です。


        ワインド専用のワイヤーは、ドラゴン級でも安心!
        ITEM
        オンスタックルデザイン 超サーベルワイヤー


        太刀魚をワインドで釣り方・コツ

        釣り人の画像
        出典:PIXTA
        キャストとシャクリを繰り替えすことになるワインド釣法。ヒットするまではアングラーの体力と根気が試される釣りです。ここでは少しでも太刀魚のヒットに近くためのワインドのコツを紹介します。テクニックはもちろん、フィールドの状況を読むことも釣果アップのポイントですよ。

        時合をしっかりと掴む

        時合は魚釣りの基本です。朝、夕まずめの活性があがるタイミングで、確実に釣果をあげるために、フィールドへの移動や、釣行の時間を調整することもはとても重量です。

        タナを素早く見つける

        ワインドを行う際は、ヒットするタナを見つけることが非常に大切です。キャスト後、ルアーを目標のタナに沈めるには、しっかりと秒数を数えてるカウントダウンを行います。キャスト毎にタナを変え、アタリが出る水深を見つけましょう。

        基本的には日中は深め、夜は浅めのタナが良いとされています。

        ショートバイトを取る

        アタリがあっても、フックアップができないショートバイト。確実にフッキングさせるためには、アシストフックの装着がおすすめです。

        ワームの動きを重視したシングルタイプ、フッキング率をあげるためのダブルタイプの2種類が定番です。

        ワームは真っ直ぐ付いてる?

        意外と見落としがちですが、ワインド釣法ではワームをジグヘッドに真っすぐ付けることが非常に大切です。ワームがずれてしまっていると、しっかりとダートしないため、太刀魚へのアピール力が低下してしまうこともあります。

        釣行中は、こまめにワームのチェックを行いましょう。

        ワインド釣法でドラゴンサイズを釣り上げよう!

        太刀魚の画像
        出典:PIXTA
        太刀魚のルアーフィッシングにおける定番の釣法であるワインド。専用ロッドはもちろん、エギングロッドを流用しても楽しむことができます。専用のワームやジグヘッドも、多くのメーカーが販売されているので、ぜひ太刀魚のワインドに挑戦してみてください。

        紹介されたアイテム

        メジャークラフト ジグパラ ワインド ス…
        サイトを見る
        エコギア パワーダートコンビ
        サイトを見る
        クロスファクター サイコイナズマワインド…
        サイトを見る
        オンスタックルデザイン ZZヘッド
        サイトを見る
        オンスタックルズ マナティー75
        サイトを見る
        ルミカ ケミチューン
        サイトを見る
        メジャークラフト 3代目 クロステージ…
        サイトを見る
        がまかつ ラグゼ ワインドマスターEX…
        サイトを見る
        シマノ ナスキー 2500
        サイトを見る
        ダイワ フリームス LT2500D
        サイトを見る
        よつあみ G-soul X8 Upgra…
        サイトを見る
        東レ シーバスPE パワーゲーム
        サイトを見る
        ヤマトヨテグス フロロショックリーダー
        サイトを見る
        オンスタックルデザイン 超サーベルワイヤ…
        サイトを見る
        この記事の感想を教えてください
        よかった! う~ん・・
        太刀魚ワインドの画像
        このまとめが気に入ったら
        「いいね!」をしよう

        この記事のキーワード

        すなっち
        すなっち

        北海道在住の道産子アングラー。ロックフィッシュ、トラウトフィッシュなどを中心にさまざまなルアーフィッシングを楽しんでいます。豊富な釣りとライターの経験を活かして、全国のルアーフィッシングや道具の解説記事などを執筆しています。自分の経験を活かして釣りの魅力をより多くの人に知ってもらえるライターを目指しています!

        アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

        150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
        アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
        お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!