とっとパーク小島【大阪府】攻略のカギは漁礁!釣れる魚と仕掛けとは

とっとパーク小島は道の駅と併設されている釣り場で、観光名所の一つともなっています。水洗トイレや売店も完備していますので、ファミリーや女性も安心。今回は人気釣り場、とっとパーク小島の釣り方やポイントについても解説します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

とっとぱーく小島とは

とっとパーク小島の桟橋
出典:大阪府
とっとパーク小島は大阪府と和歌山県の府県境に近い、大阪府泉南郡岬町小島地区にある道の駅併設の有料釣り場です。もともとは関西国際空港の造成用の土砂搬出桟橋だったものを釣り用の桟橋にリニューアルしたものです。とっとパーク小島は好漁場の紀淡海峡に近く、魚種豊富な水域にあるため、四季を通じて様々な魚と出会える、人気のスポットとなっています。

■営業時間
3月~11月 6:00~20:00
12月~2月 7:00~18:00
■休園日
毎週金曜日(祝日は開園)、年末年始(12/31~1/2)
※イベント開催時には休園日であっても開園する場合があります。

■利用料金
おとな 小人(小・中学生)
終日 1,500円 /人 750円 /人
イブニング入場(15:00~の入場) 1,000円 /人 500円 /人
障害者の方は利用料金が上記の60%となります。小学生未満の方は無料で入園、釣りが出来ます。(釣り料金で入園されている、大人の方と同一枠内で釣るのが条件)また、見学のみの入場はありませんので、入園される方は釣り料金の支払いが必要です。

道具のレンタルはある?

とっとパーク小島では釣り具のレンタルはありませんので、持参のうえで遊びに行きましょう。エサや保冷に必要なものは、施設内の売店で購入ができます。

■売店で購入できるもの
 アオイソメ(50g) 500円
冷凍オキアミ(3kg) 500円
サシエ用オキアミ 350円~
アミエビ(2kg) 500円
200円

とっとパーク小島へのアクセス


■所在地
〒599-0314
大阪府泉南郡岬町多奈川小島455-1

■車で
阪神高速湾岸線・泉佐野南、または阪和道・泉南インターより10分

■電車で
南海電鉄多奈川線多奈川駅より、岬町コミュニティバスで10分「海釣り公園とっとぱーく小島」で下車

道の駅としても利用できる

とっとぱーく小島は海釣り公園として2007年に開園。その後「ふれあい広場」や簡易パーキング、24時間利用できるトイレなどが整備され、2009年には道の駅として登録を受けています。無料休憩所や売店なども充実していますので、釣りをしない方でも気軽に立ち寄ることができます。

とっとぱーく小島で狙える魚

とっとパーク小島では、四季を通し様々な魚を釣ることができます。ファミリーフィッシングの定番・アジはもちろん、マコガレイや太刀魚と言った魚も狙うことができます。
 春 チヌ マダイ スズキ ヒラメ マコガレイ メバル ガシラ アジ グレ
 夏 チヌ イシダイ カワハギ ウマヅラハギ タチウオ マダコ アジ グレ
 秋 カワハギ ウマヅラハギ タチウオ タコ ハマチ メジロ アオリイカ アジ グレ
 冬 チヌ スズキ マコガレイ メバル ガシラ アジ

とっとパーク小島で有効な狙い方

とっとパーク小島で釣ることのできる、代表的な魚種の狙い方、釣り方の参考となる記事をピックアップしました。お出掛けの前に、チェックしてみてはいかがでしょう。







その他、とっとパーク小島での釣りに役立つ記事はこちら



    とっとパーク小島を攻略するコツ

    とっとパーク小島の漁礁とっとパーク小島の漁礁 とっとパーク小島は沖まで伸びる桟橋の、どこで釣りをするかでターゲットを変えることもできます。

    ■先端~中央部付近
    水深18~25メートルあり、オフショアに近い釣りが体験できるエリア。潮当たりが抜群で、大潮時には大物が期待できます。マダイを中心に、メジロやブリ、サワラといった青物やハタ、クエといった高級魚が狙えるエリアです。人気がある場所は常連さんが陣取っていることが多いようです。

    ■階段下
    階段下はカレイなどの実績が高いエリアです。時期によって、ノマセ釣りでヒラメの大物が上がることも。雨天時には雨を避け、釣りをすることもできます。またトイレが近くにあるため、安心して釣り座をとることもできます。

    ■展望デッキ下
    イカ、タコ、スズキの魚影が濃いエリアです。逃げ込んだベイトフィッシュを追って、フィッシュイーターが回遊してくることがあります。頭上に展望デッキがあり、遠投するなど、テクニックが必要な場所でもあります。

    ■釣り座を変えてみよう
    釣り場は北側の大阪湾側、南側の和歌山側に分けられます。空いている時間帯は、上げ潮や下げ潮によって釣座を変えてみるのもいいでしょう。「北→南への潮であれば和歌山側」に、「南→北への潮の場合は大阪湾側」に釣座をとりましょう。コマセの中にツケエを流すことが、容易にできるようになります。

    魚が潜んでいる漁礁を狙おう!

    魚の群れ
    出典:PIXTA(画像はイメージです)
    とっとパーク小島には、桟橋付近に「投石魚礁」と「間伐材魚礁」が設置されています。(5~11メートルほど沖)回遊魚以外に根魚(メバルやカサゴなど)を狙う場合は、これらの魚礁が設置されているエリアを集中的に狙ってみましょう。

    とっとパーク小島に出かけよう

    防波堤で釣りをする子供の画像
     出典:PIXTA
    とっとパーク小島は太平洋から大阪湾に入ってくる魚の通り道にあたり、魚種の豊富さでは近畿随一の釣り公園です。利用料金も近隣の県に比べると、リーズナブルなことも人気の理由でしょうか。時期によっては大物も狙うことができますので、腕に自信のあるアングラーは大物を仕留めるチャンスが大きい釣り場なので、出かけてみてはいかがでしょう。

    とっとパーク小島
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう

    この記事のキーワード

    グランダー三平
    グランダー三平

    三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!