アカムツってどんな魚?生態やレシピ・釣り方まで!

2022/02/14 更新

白身のトロとも呼ばれるアカムツ。ですがアカムツにはアカムツにしかない味わい・うまみが存在します。ここでは食材としても、沖釣りのターゲットとしても人気の高いアカムツの生態や料理、アカムツ釣りの仕掛けについてまとめました!

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ出典:PIXTA

アカムツとは

アカムツ(のどぐろ)
出典:PIXTA
アカムツとはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科の魚。体形は楕円形、全長は40センチ前後、体色は赤紅色。喉の奥が黒くなっているので日本海側ではノドグロと呼ばれています。学名は「Doederleinia berycoides(ドデセレニア・ベリーコイド)」となんとも難しい呼び方ですが、英名は「Rosy Seabass(赤みがかったスズキ)」と言って、見た目が想像がしやすい名前ですよね。

アカムツの生息域・生態

アカムツ(のどぐろ)
出典:PIXTA
日本、東南アジア、オーストラリアに広く分布。日本では新潟から九州までの日本海、福島から九州の太平洋に生息。100メートル~300メートルの砂場を好み棲息しています。

アカムツ(のどぐろ)の価格

アカムツ(のどぐろ)の価格
出典:PIXTA
日本海側の別名「のどぐろ」で知られているアカムツは超高級魚としても有名ですね!地域、時期、漁獲量、サイズにより変動しますが、築地市場では日本産の釣り物で1キロあたり8000円~10000円で取引。200グラム弱の小型アカムツになると1匹1000円~2000円前後で購入できます。

アカムツの料理・旬

アカムツ(のどぐろ)の料理
出典:PIXTA
アカムツは1年中脂がのっていて常に美味しく食べられます。地域によって産卵前の夏、産卵後の冬など諸説ありますが、時期を問わず美味しく食べられるのも魅力です。味は上品で刺身、焼き、煮付けどのような料理でも美味しく頂けます。また、高級寿司ネタとしても有名でお寿司屋さんにアカムツ(のどぐろ)があれば注文してたい逸品です。

高級魚 のどぐろ 干物 6枚詰め 山陰日本海沖のノドグロ開き干し



高級魚・のど黒の昆布締め-半樽津田孫兵衛



[my_affiliate_shortcode image=’https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sushi-nihonkai/cabinet/nodoguro/imgrc0065939449.jpg’ title=’のどぐろ 寿司 6切 日本ギフト大賞 島根賞受賞’ description=” price=’2592′ link_a=” link_r=’http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00qtuy5.rbxgw180.g00qtuy5.rbxgx1b7/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsushi-nihonkai%2F10000006%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsushi-nihonkai%2Fi%2F10000007%2F’ link_l=” link_c=” review=’のどぐろ!とても美味しくいただきました。まさにトロです。とろけるような味わいに仁多米との相性で、とても美味しいです。大満足です。’ quote_source=’みんなのレビュー’ quote_source_link=’https://review.rakuten.co.jp/item/1/251754_10000007/1.1/’]

レシピ例

アカムツ干物の香草煮(楽天レシピ)

赤むつのアクアパッツァ(楽天レシピ)

のどぐろ姿煮(楽天レシピ)

のどぐろごはん(楽天レシピ)

のどぐろ一夜干しレモン焼き(楽天レシピ)


アカムツの釣り

アカムツは1年中釣ることができます。比較的浅場まで来る春から秋の4月~11月がベストシーズン。アカムツの釣り場は地域、時期によって水深が変わりますので、釣り船にお問い合わせ頂くのが良いとおもいますが、ここでは100~200メートルの中深海メインの浅所で使えるタックルを紹介します。

竿

アカムツの浅所用タックルで80~150号のオモリをカバーできる竿が必要。船で使いやすい1.8~2.4メートルほどの長さがおすすめです。

ダイワ アナリスター アカムツ 205
100~250号まで幅広いオモリに対応するアカムツ専用設計ロッド。中深海攻略に欠かせない1本です。

ダイワ アナリスター アカムツ 205

全長:2.05m
自重:165g
継数:2本
仕舞寸法:107cm
錘負荷:100-250号

リール・道糸

中深海がメインとなるアカムツ釣りは手巻きリールだと上げ下ろしだけでも疲れてしまいます。そこで使用するリールは電動リールを推奨。浅所用タックルの道糸はPEライン3-4号を300メートル以上巻いておきたいです。

ダイワ シーボーグ 500AT
中深海の釣りで活躍するシーボーグ。電動フカセクラッチ搭載で不意の大物が掛かってもトラブルを回避します。

ダイワ シーボーグ 500AT

ギア比:3.2
自重:840g
最大ドラグ力:13kg
ナイロン糸巻量(号-m):6-350/7-300
PE糸巻量(号-m):5-400/6-300

仕掛け針・餌

アカムツ釣りで使用する仕掛けは下にオモリを付けた胴突き仕掛けが一般的。5-6号のハリスを2-3本(間隔80~120センチ)ほど。餌はホタルイカやサバ・ソーダガツオの短冊などを使います。

ハヤブサ(Hayabusa) 深場用胴突 深場五目 アカムツアピール 2本鈎2セット SD832 17-4-5


釣り方

アカムツの釣り方はオモリを着底させ糸ふけを取り、オモリが付くかつかないかの状態にするため約50センチから約1メートル糸を巻きアタリを待ちます。常に海底付近のタナをキープしなくてはならないので、置き竿よりも手持ちがおすすめです。時より2~3メートル巻いて落とすなどアクションをいれるとより効果的です。

アカムツを釣って贅沢な晩御飯を!

のどぐろの名前で知られているアカムツは上品な味わいで人々を魅了します。キロ1万円前後の超高級魚アカムツを釣って贅沢な晩御飯にしよう!

紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD