ヤマガブランクスの魚種無制限ロッド。ブルーカレント【85 / TZ NANO All Range】を長期使用レビュー

2022/01/08 更新

愛竿ヤマガブランクス ブルーカレント 85 / TZ NANO All Rangeをレビュー。ライトゲームロッドでありながら幅広い魚を狙うことができる、まさしく魚種無制限のロッドです。8.5ftという長さでありながら、自重は85gと超軽量。その操作性の高さを生かした、さまざまなアプローチが可能なロッドです。


至高の1本

ブルーカレント TZNANO
こんにちは。しゅんのすけです。

今日は、ぼくの大好きなヤマガブランクスが誇る至高の1本。ブルーカレント(85 / TZ NANO AIIーRange)について長期使用レビューをしたいと思います。

しゅんのすけ
多彩な魚種が狙える、“魚種無制限”なロッドという印象です。なぜこのロッドを愛用しているのか、その秘密を語りましょう!

ブルーカレント 85 / TZ NANO All Rangeとは?

ブルーカレント 85/TZ NANO All Range
ブルーカレント(85 / TZ NANO All Range)は、ヤマガブランクスのライトゲームロッドシリーズ「ブルーカレント」の最上位機種。2016年の発売以来、変わらぬ人気をキープしている神番手です。

ライトゲームロッドにラインナップしていながら、ヤマガさんのホームページにも“Target:なんでも Lure:なんでも Field:どこでも”と書かれています。(笑)

しゅんのすけ
実際、1本あればかなり幅広い魚種を狙え、水面、中層、ボトムまで……様々なレンジをライトラインで楽しめる、高感度なロッドです。

全長(ft)自重(g)継数(本)仕舞寸法(cm)適合ルアーウエイト(g)適合PEライン(号)カーボン含有率(%)本体価格(円)
8.5842131.53-210.4-199.749,500
ITEM
ヤマガブランクス ブルーカレント 85/TZ NANO All-Range
全長:8.5ft
自重:84g
継数:2本
ルアー重量:3-21g
PEライン適合:0.4-1号

軽快で強靭

ブルーカレント 85/TZ NANO All Range
このロッド、最初に持ったときに驚きました。とにかく軽いんです! 8.5ftというレングスでありながら、自重はたったの84g。

当然軽いので、1日中投げても疲れません。ティップがソフトで操作性にすぐれ、多彩なルアーを軽快にアクションさせることができます。

しゅんのすけ
それでいてバットは強靭なため、魚を寄せてくる能力も申し分ありません。

曲がってナンボ

ブルーカレント 85/TZ NANO All Range
こちらは500gの負荷を掛けたときの曲がり方です。このロッドは、魚がかかるときれいに曲がります。

そして大きく曲がりこんだあとに、魚を浮かせてくれます。急に走られても、粘り強くロッドの力で、魚を浮かせてくれるのです。

しゅんのすけ
ロッドがよく曲がると、魚が暴れにくく、スムーズに手元によせることが可能です。

感度最高

ブルーカレント 85/TZ NANO All Range ガイド
ライトゲームカテゴリーということもあり、感度も充分。遠投した先で地形を把握したり、小さな魚のアタリをも感じとれます。




正真正銘のなんでもロッド

セオリー
僕がこのロッドに合わせているリールは、ダイワのセオリー2508 PE-H(廃盤)。ラインは、PE0.6号を巻いています。基本的にこれ以外の号数を使うことなく、様々な魚を狙っています。

自重は190gと軽量なので、ロッドとのバランスも良好です。汎用性の高さと、このロッドとのバランス、デザインの相性など……ベストバランスだと思っています。

ブルーカレント 85/TZ NANO All Range ルアー
参考までに、上記のようなルアーたちを幅広く使っています。

アジ・メバル

アジ
3gのジグヘッドでも、しっかりとロッドにのせて遠投でき、かつジ操作性も軽快です。(3g以下は扱いにくい)

レングスを生かし、普段は狙えない場所を、フロートやキャロを使って攻めることもできます。

しゅんのすけ
上のような使い方で、尺アジ、尺メバルを狙うのに最適。感度も高いので、小さなアタリを積極的に掛けにいくことができます。

シーバス

シーバス
使うルアーやパターンが細分化されている、シーバスフィッシングにおいてもこのロッドは活躍します。

とくにバチパターン、マイクロベイトパターンにベストマッチ。ミノーやシンペンを使った、“流れを探る釣り”においての感度も抜群に良いです。

状況に応じて、21g以下のバイブレーションやスピンテールも使いこなせたりと汎用性も抜群。

しゅんのすけ
ルアーウェイトは21gまでとされていますが、26gくらいまでは十分背負うことができる印象です。

スーパーライトショアジギング

スーパーライトショアジギング
メタルジグを使う釣りにおいても使いやすいです。僕はよく7g~20gのジグを使うのですが、10gくらいまではティップの反発でおこない、それ以上のヘビーウェイトにはベリーも使ってアクションをつけます。

しゅんのすけ
ライトウェイトからヘビーウェイトまでレスポンス良く動かすことができ、根から魚を強引に引き剝がせるパワーも持ち合わせています。

エギング

エギング
ベリーの反発力を生かし、エギも操作することが可能です。またヒイカを狙ったりする、ライトエギングにもおすすめ。

このロッドでレッドモンスターを釣りあげているのを、映像で見たことがあります。ゆえにパワーは間違いないでしょう。

太刀魚

タチウオタチウオ
太刀魚を狙うワインドにおいても使いやすく、ロッドが軽いので既存のワインドロッドと比べ、しゃくり続けても疲れません。

そのほか、キスなども釣れます

天秤を使ったキス釣りも。天秤も5号くらいまでは無理なく使えます。

小さい魚でもティップがしっかりと入るので、食い込みが良くバラシも少ない。ロッドの軽さからくる感度の高さで、アタリも取りやすいです。

無限の可能性を秘めるロッド

海岸
ぼくが無人島に1本しかロッドを持っていけないなら、間違いなくこのロッドを持っていきます。

1本で色々な釣りがしたい方や、遠征用の1本、サブロッドとしてもおすすめです。初心者から上級者まで全てのアングラーにおすすめの1本でしょう。

ブルーカレント(85/TZ NANO All Range)は、アングラーのスキルによって無限の可能性を秘めている至高の1本です。

しゅんのすけ
1本で様々な釣りを楽しむことができる、正真正銘のバーサタイルロッド。みなさんもぜひ使ってみてください。

撮影・文:しゅんのすけ

関連記事



 

紹介されたアイテム

ヤマガブランクス ブルーカレント 85/…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

現在は三浦半島をホームとする釣りキチライター。過去にしまなみエリア、九州エリアにも居住しており、現在でも様々な場所で釣りを楽しんでいます。特に好きなのはエギング。全国のイカを追いかけて奮闘中です。

instagram