スレたイカにめっちゃ効く!秘技「ボトム平行ダート」を伝授します

2021/10/16 更新

秋のエギングシーズンともなれば、防波堤にはエギンガーだらけ。アオリイカはスレて活性が下がり、とても釣りにくくなります。そんなスレイカに効くボトム平行ダートを紹介します!


アイキャッチ画像提供:ちゃったTV なおと

渋い時に釣りたい!


エギングをしていると必ず巡り合ってしまう、凄く釣れない日。

人的プレッシャーや潮流など要因はさまざまですが、“イカはいるはずなのに釣れない”というのはエギングあるある。

でも、もしそんな時に釣れたら最高じゃないですか?

なおと
というわけで今回は、激スレ時に効く“ボトム平行ダート”を紹介します!

激スレの防波堤で釣れます!


秋のハイシーズンともなれば、このように防波堤にズラリとエギンガーが並び、入れるポイントが限られるなんてこともザラ。

さらに、いざ釣りを始めても「釣れない」ということも多いのですが、そんな時は底を中心に釣ることが大切なんです。

なおと
周りがまったく釣れていなくても、ボトム平行ダートなら釣れます!

ボトム平行ダートの要点


ボトム平行ダートとはその名の通り、ボトムから少し上の層をキープしながらエギを左右にダートさせるテクニックです。

なおと
できるだけエギを浮かせないように、底付近でダートさせ続けることがキモです!

アクションのコツ



アクションは、ラインスラックを一瞬だけ弾くような意識でロッドをシャクリましょう。

リールを巻きすぎるとエギが浮いてくるため、ロッドをシャクる際にリールはほとんど巻きません。

なおと
シャクるとロッドにエギの重みが乗るタイミングがあるので、そこで瞬間的にロッドを戻すとエギは浮き上がらずに左右へダートします!



また、ボトムでシャクる場合は、着底している状態からすぐにシャクリ始めると根掛りしやすいので注意してください。

着底させた後は、ゆっくりとエギを少しだけ浮かせてからシャクリ始めるようにしましょう!

ボトム放置で抱かす



ボトム平行ダートは、フォールの距離を取れないのでボトム放置で抱かせるのが基本です。

ダートさせた後は、底に着いてからもそのまま待ちます。時間にして10〜20秒程度、長い時は30秒ほど経ってから抱いてくることもあります。

なおと
とは言え、統計的に見ると5秒以内に抱いてくることが多いです。着底後は集中!



アタリの待ち方に関しては、ラインスラックを少しだけ出した状態でエギをユラユラさせるのがコツ。

こうすることで流れやウネリを受けて、エギが自然かつ自発的にアクションをしてくれます。

アタリについては、ラインがスーッと持っていかれるか、その場で抱いているかのどちらかです。

なおと
放置した後のシャクリ始めは、必ずロッドを少し煽ってイカが抱いていないかチェックするようにしましょう!





ボトムの少し上をステイ


一度底を取ってから少しだけロッドを立て、底から10〜50cmほど浮かせて漂わすのも効果的です。

キャストしてエギが遠くにある場合は、ゆっくりとロッドを手前にさびきます。少しさびくだけでもエギは浮くので、さびくのはほんの少しでOKです。

足元のイカを狙う時は、着底している状態から少しだけロッドを持ち上げてエギを浮かせましょう。

なおと
ボトムから少しだけ浮いている状態は、アオリイカに「エサを底に追い詰めた」と思わせるので簡単に抱いてきます!

しつこく何度もダートさせる


アオリイカは警戒心が高い一方で、エギに強い興味を示すことも事実。

そして何より目が良い彼らは、相当遠くからでもエギを認識して近付いてきます。

そのため、同じ場所でしつこく何度もエギをダートさせて広範囲からイカを寄せるのも有効です。

なおと
足元のボトムでず〜っとエギをダートさせていると、いつの間にかイカが大量に寄ってくることもあります!

砂地のポイントがやりやすい


ボトム平行ダートは場所を選ぶことも大切。ウィードが多すぎる場所や、岩礁帯ではどうしても根掛りが多くなります。

なので、底質が砂地のポイントがやりやすいですね。

なおと
最初は防波堤の足元で、エギを見ながらイメージを掴むのがオススメです!

ボトム平行ダートにおすすめのエギ


ボトムを中心とした浮かせない釣りでは、エギ選びも大切です。

基本的には浮きにくいディープタイプのエギがオススメなのですが、エギの特性次第ではその限りではありません!

ダートマックス(エコギア)


エコギアのダートマックスは、軽い力で左右へキレイにダートしてくれることが特徴。

また、ラインアイがヘッドの上に付いているため、ヘッドが水を受けて浮き上がりを押さえてくれます。

ディープタイプのエギではありませんが、ボトムキープがしやすい仕様のエギです。




エギ王K 黒潮SP ディープ(ヤマシタ)


こちらはディープのエギ。沖のボトムを攻略するには必須で、アオリイカのサイズが上がって居場所が一段深くなる10月後半〜11月は必携です。

深いポイントでもスピーディーに底取りでき、ダート性能も良いので効率よく繊細にボトムを攻められます!

黒潮SPは大型イカに特化したカラーリングが展開されており、光量が少ない深場でのアピール力もGOOD。

ITEM
ヤマシタ エギ王K 黒潮SP ディープ 3.5号



スレイカをその手に!


秋イカは徐々にスレて釣りにくくなってくるため、他の人があまりやっていない釣り方をすると釣果に結びつきます。

「シャクって落とす」ことが基本のエギングですが、その概念を捨ててボトム平行ダートのような誰もやっていない釣り方をしてみる意識も大切です!
画像提供:ちゃったTV なおと

筆者の紹介

ちゃったTV なおと

ベイトシーバス歴15年超え。京都を中心に活動するマルチアングラー。

ライトゲームからオフショアまでマルチに釣る。最近はベイトタックルを用いて、さまざまな魚種を釣ることにハマっている。

Instagram

関連記事


紹介されたアイテム

エコギア ダートマックス 3.5号
ヤマシタ エギ王K 黒潮SP ディープ…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

「なおと」と申します。釣り歴20年超。釣りYOUTUBE「ちゃったTV」で活動中。 アジングからGTまでやる、マルチアングラー 主なエリアは山陰〜若狭湾。メインターゲットはシーバス、アジ、メバル、etc・・・

instagram youtube