スプリットショットリグは“令和”だからこそ効く!?|今のバスにとっては未体験の衝撃

2021/06/08 更新

今や日本屈指のスーパーハイプレッシャーレイクである琵琶湖。そんな琵琶湖で火を吹いているのがスプリットショットリグ。今の世間の認識はシンプルで昔からあるちょっと古臭いリグ。強いて言うなら初心者用…ただかつて定番リグと呼ばれていたのには、定番になりえるだけの理由があります。今回は令和のハイプレッシャー時代でも釣り勝てる実力を秘めたスプリットショットリグの威力について解説します。

記事内画像撮影&制作:ビックリマン高田

スプリットショットリグを忘れてはいませんか?

スプリットショットリグ
今や絶滅危惧種リグ!?

ワームフックに糸を結び、ガン玉(かみつぶし)をラインに挟み込む。あとはフックにワームをセットすれば完成!という極めてシンプルなスプリットショットリグ。

かつてのバス釣りの入門書には必ず書いてあった定番のリグだったのですが、今の時代では大昔のリグとして認識されており、この数年でバス釣りをはじめたアングラーは使ったことがない、絶滅危惧種的なリグとも言えるでしょう。

スプリットショットリグはもう釣れない?

スプリットショットリグでナイスバス
否、令和の時代にこそマッチする爆釣リグである。

筆者のメインフィールドは年々皆が口を揃えて「釣れない!」と嘆く、スーパーハイプレッシャーレイクの琵琶湖。そこで火を吹いているのがこのスプリットショットリグなのです。

かつて定番リグと呼ばれていたのには、定番になりえるだけの理由があります。

今回は令和のハイプレッシャー時代でも釣り勝てる実力を秘めた“スプリットショットリグ”の威力について解説します。

スプリットショットリグのメリット

スプリットショットリグには、“リグるのが簡単”というメリット以外にも、実に理にかなった理由がいくつも。

シンカーから先がナチュラルに動く

スプリットショットリグのメリット
ワームを使った釣りにおいてワームをナチュラルに泳がせるというのは重要な要素のひとつ。

シンカーとワームが一体化しているリグはダイレクトに操作できる反面、無意識のうちに動かしすぎてしまうというデメリットも。

スプリットショットリグは釣り人のアクションが伝わるのはシンカーまで。シンカーから先はラインがフリーになりナチュラルなアクションを出し続けます。

高田
釣り人の焦りや動かし過ぎを吸収してくれ初心者と上級者でも実力差が出にくい!そんな素晴らしいリグなのです。

キャロライナリグよりも軽いウェイトが使える

スプリットショットリグのメリット
キャロライナリグもスプリットショットリグと同じくシンカーの先がフリーになるリグです。

スプリットショットリグがキャロライナリグよりも優れている点は、キャロライナリグより圧倒的に軽いシンカーを使える点。

軽いシンカーは食い込みもよくなり、よりフィネスなアプローチが可能になります。

高田
私は食わせのスプリットショット。遠投のキャロで使い分けています。

シンカーが先にストラクチャーに当たるので仕掛けやすい

スプリットショットリグのメリット
シンカーが先に物にあたるスプリットショットリグはボトムの変化や、ストラクチャーをシンカーで感じ取れるメリットも。

慣れは必要ですが、根がかりを事前に回避したり、わざと引っ掛けてリアクションの動きを演出させたりすることも可能。

高田
いわばシンカーをセンサーの役割を担ってくれるのです。

スプリットショットリグのテクニック

ボトムズル引き

スプリットショットリグのテクニク スプリットショットリグの最も基本的な使い方はズル引き。

ボトムまで沈めたらストラクチャーにシンカーがあたるまで、ズルズルとボトムを引っ張ってきます。

ストラクチャーに当たったらポーズ、またはロッドをしゃくりあげてリアクションを誘う、といった具合です。

高田
シンプルですが強力で最も釣れる使い方。ポーズで食わせることを意識するのがコツです!

中層ただ巻き

スプリットショットリグのテクニク 筆者がここ最近メインで使っているスプリットショットリグの使い方がただ巻きです。

中層をゆっくりと巻くだけの簡単アクション。ウィードなどのストラクチャーがあれば絡めるとなおよいです。

コツはラインをたるませながら巻いてくること。よりナチュラルにスイミングさせられ、根がかりも回避することができます。

高田
イメージは巻物!力を抜いて一定に巻いてやると釣果がよりアップします!





【2021年版】筆者が選ぶスプリットショットで実際に釣れているワーム3選

イギータ3インチ/トランスセンデンス

ITEM
トランスセンデンス イギータ 3インチ


自身がプロデュースしたルアーですが、ガイドでもビッグバスが連日炸裂中。筆者の個人的スプリットショットリグブームを作ったのがこのイギータ3インチです。

高田
フラフラとボトム付近をタダ巻きスイミングで使います。ベイトフィッシュイミテート系です。小さいのにデカバスが釣れるのがよいところ!

フリックカーリー3.8インチ/ジャッカル

ITEM
ジャッカル フリックカーリー 3.8インチ


ガイドお助けルアー。反則級のバイト誘発率を誇ります。タフコンディションでポーズアクションが強い時は迷わずこのルアーを選びます。

高田
放置でも食ってしまうのがこのルアーの恐ろしいところ。琵琶湖で毎年お世話になる最強ワームの1つです

スタッガーワイド2インチ/HIDEUP

ITEM
ハイドアップ スタッガーワイド 2インチ


稚ギルを食いだしたらこのルアー。ブルーギルをイミテートできるので、そのようなシチュエーションは独壇場。

高田
フォール&巻きで使います。ブルーギル食いのバスはコンディションがよいことが多いです。

スプリットショットリグのタックル

スプリットショットリグの利点に、タックルをそこまで限定しないという点も挙げられます。

以下を参考までに 筆者のタックルセッティングを記載します。

ロッド

ITEM
トランスセンデンス Botia 62S+
全長:6.2〜7.3ft(可変長)
自重:133〜153g
継数:4〜5本
仕舞寸法:53cm
ルアー重量:3-14g(MAX24g)


軽い仕掛けになるのでスピニングタックルがオススメ。硬さはUL(ウルトラライト)〜ML(ミディアムライト)パワーくらいまで幅広く使えるでしょう。

長さはフィールドに合わせて自由に選びましょう。6〜7ft半くらいまでが使いやすいです。

リール

ITEM
シマノ 19ヴァンキッシュ C2500SXG
ギア比:6:4
自重:155g
最大ドラグ力:3kg
巻取り長さ:86cm 


リールはロッドやラインに合わせて2000〜2500番クラスを選択しましょう

ライン

ITEM
シーガー R18フロロリミテッド 100m 4lb


ラインは沈むフロロカーボンラインがオススメ。4lbを基準にカバーの近くでは6lbくらいまで強くします。

シンカー

ITEM
ウォーターグレムリン ラウンドスプリットショット


シンカーのオススメは子どもの頃から皆がお世話になっていたであろうウォーターグレムリンさん。今もなお現役です。

細かく番手が用意されていますが、#7がオカッパリにもボートにも使いやすいサイズ。迷ったらこの重さからはじめましょう。

スプリットショットリグは超強力な武器。


時代に忘れ去られた感があるスプリットショットリグですが、メリットがたくさんあって今もなお強烈な破壊力を持っています。

信じて明日から投げてみてください。きっとビッグバスがあなたのスプリットショットリグをひったくっていくことでしょう。

なぜなら今は、誰もスプリットショットを投げておらず、バスにとっては逆に新しく、未体験の衝撃なのです。

ライタープロフィール

海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。年間釣行日数は300日ほど。GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。

国内では琵琶湖のバスフィッシングガイドとして活動中。フルタイムのプロアングラーとして日々現場に出ております。

関連記事

紹介されたアイテム

トランスセンデンス イギータ 3インチ
サイトを見る
ジャッカル フリックカーリー 3.8イン…
ハイドアップ スタッガーワイド 2インチ
トランスセンデンス Botia 62S+
サイトを見る
シマノ 19ヴァンキッシュ C2500S…
サイトを見る
シーガー R18フロロリミテッド 100…
ウォーターグレムリン ラウンドスプリット…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 琵琶湖のバスフィッシングガイドと海外遠征釣行プロガイドをやっております。バスフィッシングを中心に怪魚やソルトまでなんでも好きです。 トランスセンデンスプロスタッフ/HIDEUPフィールドスタッフ