ワイルドハンチは弱めのクランクベイト ?早春と晩秋に“かかせない理由”を解説

2020/05/12 更新

釣れるクランクベイトと検索すると必ずと言ってよいほど、その名が挙がるエバーグリーンのワイルドハンチ。今回はワイルドハンチのラインナップ毎の特徴とクランクベイトの代表的な使い方についてまとめました。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ワイルドハンチとは

ワイルドハンチ ラトルイン
制作:TUSRI HACK編集部
ワイルドハンチとは、日本とアメリカを股にかけ活躍する、バスプロ清水盛三氏がプロデュースしたクランクベイト。

アメリカでのトーナメント経験をもとに、太いラインでも、高速リトリーブでも「しっかり泳ぐ」をコンセプトに開発されています。

ワイルドハンチ
制作:TUSRI HACK編集部
常に最大限のパフォーマンスを発揮するという、当たり前ながら最も重要な性能を備えているワイルドハンチ。

ランナップ毎の特徴とレビュー見ていきましょう。

ワイルドハンチ

ワイルドハンチ
1~1.5メートルの比較的浅いレンジを攻めるのに向いています。長いリップでありながらラインアイの位置が前方にある為に、障害物に刺さりにくく、安心して使うことができます。
ITEM
エバーグリーン ワイルドハンチ
全長:52mm
自重:9.6g
フックサイズ:フロント#7/リア #5

ラトルが入ってないからプレッシャーの凄いフィールドで大活躍!!出典:Amazon

初心者でもワイルドハンチは釣れます。間違いないです。なぜなら初心者の自分がこれを投げてただ巻きで近所の野池で1時間で4本釣れました。クランクを買うならこれできまりではないでしょうか。(出典:楽天

釣れるマイフェイバリットルアー! ただそれだけですが釣れる! (出典:楽天

ラトルインワイルドハンチ

オリジナルのワイルドハンチにラトルサウンドをプラスし再設計したモデル。やる気のあるブラックバスにより強烈にアピール。

オリジナルで拾い切れないバスを獲るためのシークレット的なバリエーションモデルです。
ITEM
エバーグリーン ラトルインワイルドハンチ
全長:52mm
自重:10.0g
フックサイズ: フロント #7/リア #5

やっぱいい動きでいい感じです。オススメです。(出典:楽天

オススメです。ワイルドハンチは簡単に魚をつれてきてくれます。(出典:楽天

オリジナルと比べると濁っている時に圧倒的に強いです。(出典:楽天

ワイルドハンチSR

水深90センチまでのシャローを重点的に攻められるよう設計されたワイルドハンチ。

アメリカと日本の様々なフィールドでテストを重ね作り込まれた動きは、シャローレイクはもちろんのこと、陸っぱりでも強力な武器になります。
ITEM
エバーグリーン ワイルドハンチSR
全長:52mm
自重:10.0g
フックサイズ: フロント #7/リア #5

こいつはただ巻きだけでも釣れるのでいまでは自分の右腕です!(出典:楽天

ワイルドハンチ8フッター

オリジナルモデルのアクションを継承しつつ2.5メートルのレンジまで攻略可能なワイルドハンチ。

一回り大きなボディはキャスタビリティの向上と、アピール力の強化に繋がっています。
ITEM
エバーグリーン ワイルドハンチ8フッター
全長:60mm
自重:16.5g
フックサイズ: フロント #5/リア #4



ワイルドハンチの使い方

ベイトリールを持つ手元
出典:pixabay

ボトムノッキング

ワイルドハンチは、水中に沈む障害物を回避したり、ボトムを小突く(ノックする)ように引いて来るといった芸当が得意です。砂地ではノックするに際に砂煙が発生。

ザリガニが砂煙を起こしながら逃げるイメージで操作するとよいでしょう。また、底にある岩などに当て、イレギュラーなアクションを起こす事も重要なテクニックです。

カバークランキング

文字通りカバー(障害物)の中で使うクランキングテクニックの一つ。立木群やレイダウン(水中に倒れこんだ木)などの付近や、その中にクランクベイトを通します。

普段、こういったエリアにはスピナーベイトやラバージグといった根がかり回避能力の高いものが投じられ、クランクが通過する機会はあまりありません。そこで、バスがまだ見慣れていクランクベイトと、その強いアクションでアピールしようという狙いがあります。

アピール力が強いのでクリアウォーターというよりは、マッディーウォーターや急に強い濁りが入った時に有効な方法です。いかにも美味しそうなポイントでは、しつこく何度も通すのがポイントです。

中層巻き

バスが中層に浮いているときに効果的です。基本的には何もない場所よりは、何らかの地形変化や、カバーが絡んだポイントで有効です。

例えば水中にあるウイードの頭スレスレを通したり、ウィードにわざとひっかけて、外してイレギュラーアクションを起こしたりする方法もあります。

編集部のワイルドハンチレビュー


クランクベイト大好きな編集部Tが、ワイルドハンチの魅力を語ります。

他にない“ヌメヌメ”としたアクションが魅力

ワイルドハンチ
よくも悪くも、「とても個性をもった」クランクベイトです。どちらかと言うと、キレのない控えめな泳ぎなので、自分の中での第一印象は「△」でした。

というのも、その頃の自分はOSPのブリッツなど、とにかくキレのある「ブリブリ」とした泳ぎのクランクが好きだったからです。

☝︎冷え込んだ12月の終わりに釣れた一匹。この頃から、寒くても釣れるクランク=ワイルドハンチのイメージが構築。

しかし、この「弱さ」こそがワイルドハンチの絶対的な長所だと後に気づくこととなり、そこから溺愛していきました。

フラットサイドクランクも「弱めのアクション」という点で候補に上がるのですが、やっぱり飛距離が犠牲になる。そんなときについつい手が伸びてしまうのがハンチ。強すぎないからこそ、早春や晩秋にも魚を連れてきてくれます。

☝︎3月初旬。「一本釣れればラッキー日和」で、夕方に釣れた50UP。帰り道はウキウキでした。

まだ肌寒い3月初旬に50UPを釣ったり、12月の中旬に貴重な一匹を手にしたりと……なにかと助けられているルアーで、潜行深度の割にはリトリーブ時の抵抗が少ないのも、投げたくなる理由なんじゃなかろうかと分析しています。

ワイルドハンチは“根掛かりやすい”と個人的には思う。

ワイルドハンチ
根掛かり回避能力だけは、正直高いとは思いません。投げる機会が多いというのもありますが、実際にロストした数も数えきれず……。

一般的につんのめって「立ち泳ぎ」するルアーは根掛かりに強く、水平姿勢で泳ぐものほど根掛かりに弱いと言われていますね。ハンチは後者。タイトなアクションを追求するために、そのように狙って設計したのではないでしょうか。

☝︎MIDランナーの傑作にして、国産クランクベイトのロングセラー。ブリッツMRもとってもいいクランクベイトです。

同じようなレンジを通したい時に、目に見えて根掛かりが多そうな場所ならば、「ブリッツMR」を選ぶのもいいでしょう。この2つのルアーが好きな理由は、それぞれがお互いにない個性を持っていているところ。レンジもサイズも似ているけれど、さいごは「どこか違う」。そんな兄弟のような存在なんじゃないかと思います。

クランクベイトの完成形の一つ

ワイルドハンチ 初めてバスを釣ったルアーがクランクベイトである清水盛三氏。その同氏がアメリカでの経験とクランクに対する思いをつぎ込んで作ったワイルドハンチは、非常に多くの実績を残しており、その完成度の高さはクランクベイトの完成形の一つとも言えるかと思います。

皆様も是非ワイルドハンチでクランクベイトの威力と楽しさを味わって下さいね!

関連記事



 

紹介されたアイテム

エバーグリーン ワイルドハンチ
エバーグリーン ラトルインワイルドハンチ
エバーグリーン ワイルドハンチSR
エバーグリーン ワイルドハンチ8フッター
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD